理容師・美容師ってどんな職業!?資格取得、収入、休日、就職先などがわかる☆

美容師、理容師という職業について理容師・美容師

  • 理容師、美容師という職業に興味がある!
  • スーツの仕事はいやだ
  • ファッションを楽しみたい
  • 髪型や見た目を制限されたくない
  • 異性にモテたい!

理容師や美容師という職業に興味がある方は多いと思います。

イチ
イチ

何となく華やかで楽しそうなイメージがありますもんね☆

イメージばかりが先行して、実際どんな職業なのかイマイチ理解していない方も多いのではないでしょうか!?

そこで今回は、「理容師、美容師という職業」について、いろいろな観点から解説します。

将来を見据えて、どういった職業かしっかり理解しておきましょう!

イチ
イチ

気になることがあれば、もくじからジャンプしてみてくださいね☆

理容師・美容師は国家資格

理美容師

理容師、美容師は国家資格です。

イチ
イチ

厚生労働省が定める学校や施設を卒業し、国家試験に合格できたもののみが取得できる資格なんです!

通常通り専門学校へ通うと、2年で修了して試験を受けることができます。

通信課程の場合は3年で修了して、試験を受けることができるんです。

イチ
イチ

理容・美容共に、筆記試験と実技試験があり、両方合格することが条件になります!

ちなみに私は、通信課程を修了して資格を取りました。

お店で実践的な技術も学びながら資格を取ることができたので、個人的には良かったと思っています☆

早く一人前になれる

>>美容師・理容師を目指すなら通信制の方がいい!?実体験から思うこと。

収入は多い?少ない?

理美容師の収入について

理容師、美容師になるなら収入面の方も気になると思います。

結論からいうと、決して高収入の職業ではないと思います。

イチ
イチ

これは個人的な見解であって、実際稼いでいる理美容師さんはたくさんいますよ!

すべての理美容師の収入を平均化すると、高収入とは言いづらいからです。

理由としては、下記のことが考えられます↓

  • 見習い期間は給料が少ない
  • 雇われ店長だと給料に限界がある
  • 独立しても安定した収入の保証はない
  • 勤務年数と収入が比例しない

 見習い期間は給料が少ない 

国家資格を取得したからといって、就職したらいきなり高収入をもらえるわけではありません。

理容師、美容師はプロの技術をお客様に提供して、初めてお金を頂けます。

イチ
イチ

技術が身に付かないうちは、給料も少ないというわけです!

20歳で学校を卒業して働き始めたとしても、10万円ちょっとくらいの給料から始まることもざらにあります。

同年代の人に比べて、初任給は極めて低いんです。

 雇われ店長だと給料に限界がある 

普通の会社勤めと違い、役職がどんどん上がれば給料が上がるというシステムではありません。

たとえば、30代で店長になり30万円以上の給料を貰えたとします。

「結構もらえるじゃん!」と思うかもしれませんが、そこからグングン給料が上がるわけではないんです。

サラリーマンであれば、どんどん役職が上がるにつれ給料も上がります。

理美容師の場合、何歳になろうと給料はここで頭打ちになってしまうことがあるんです。

イチ
イチ

40代、50代と年齢を重ねるにつれ、収入に差がうまれるというわけですよ

 独立しても安定した収入の保証はない 

収入を増やす簡単な方法は、独立してお店を持つことです。

売り上げのすべてが自分に返ってくるため、収入アップを期待できるからです☆

ただし、安定した収入を得られる保証はありません。

イチ
イチ

開業してもお客様が来ない場合だって、ざらにありますからね!

サラリーマンのように毎月安定した収入を得ることができないのが、理美容師というわけです。

イチ
イチ

もちろん、成功すれば収入は無限大にアップしますよ☆

 勤務年数と収入が比例しない 

年齢を重ねるにつれ収入が増えるかといわれると、理美容師の場合はそうもいきません。

イチ
イチ

50代、60代になると、収入が伸び悩むことがあるからです

例えば、あなたが30歳で新しい理美容室を探そうと思ったとします。

店主が30代の理美容室と60代の店主の理美容室があります。

あなたならどちらのお店が気になりますか?

ほとんどの方は同じ年代の方が経営しているお店を選ぶと思います。

このように、年齢を重ねるにつれ新規のお客様の獲得が難しくなるというわけです。

イチ
イチ

サラリーマンが年収のピークを迎える時期に、理美容師は収入が伸びないことがあるんです!

ここまで解説したことから、理美容師の生涯収入を考えると決して高収入の職業とは言えないというわけです。

ただし、これは先ほども解説した通り、理美容師の収入を平均化したときの話です。

実際、若くして稼いでいる理美容師はたくさんいます。

イチ
イチ

決して夢のない職業というわけではないということは理解してくださいね☆

むしろ、自分の腕次第でどこまでも収入を伸ばすことができる魅力的な職業だと私は思っています!

夢は無限大

>>美容師・理容師は儲かる職業か!? 20年余従事してきて感じること

休日は基本平日

平日休み 月曜日

理美容師の休日は、基本平日になります。

土日はお客様のかき入れ時なので、ほとんど休むことはないからです。

大型連休というものもないので、その辺は理解しておきましょう!

イチ
イチ

会社勤めの友人、恋人、家族と予定を合わせることが難しくなることはありますね・・・

初めは苦痛に感じるかもしれません。

ですが、慣れれば意外といいこともたくさんあるんです☆

イチ
イチ

どこに行っても平日はすいていますからね♪

平日休みは意外とお得

>>美容師、理容師の休日は平日が基本!メリット・デメリットを紹介

理容師・美容師はモテる?

女性

個人的には、理容師、美容師はひと昔前まではかなりモテていたのではないかと思います。

イチ
イチ

美容師を題材にしたテレビドラマが大ヒットしたこともありましたからね!

それに、華やかな職業に見られるため、憧れをもつ方が多かった印象があります。

おしゃれな人が多かったのも、モテていた要因だと思いますよ☆

理美容師の恋愛ってたいへん?

>>美容師・理容師との恋愛! お客様から恋人になりたい方へアドバイス☆

ただし、最近の20代男性女性をみていると、昔ほど理美容師に興味を示さなくなったと思っています。

ひとつの要因として考えられるのが、収入の不安定さだと思います。

安定した収入を異性に求める傾向が、近年の日本情勢からうかがえるようになったからです。

IT業界、外資系、公務員など、高収入かつ安定した職業についている人の方が求められている印象があります。

イチ
イチ

モテたいのであれば、やはりしっかり稼ぐことが大事だというわけですね☆

働ける場所はたくさんある

理美容師の働き場について

理容師や美容師は、意外と活躍する場がたくさんあります。

イチ
イチ

理美容室だけではないんですよ☆

理容師であれば、シェービング専門店、1,000円カット店、病院や介護施設に併設している理容室、訪問カットなど。

美容師であれば、結婚式場、ネイルサロン、メイクアップアーティスト、エステサロン、訪問カットなど。

いろいろな場所で活躍できるのが理美容師であり、国家資格だというわけです☆

もしやめたら?

理美容師をやめたら?

理美容師は、3年以内にやめる割合が80%以上といわれるほど、かなり高い離職率を誇っています。

あなたが希望を持って理美容師になったとしても、やめる場合も十分考えられるというわけです。

イチ
イチ

もしやめた場合、どういった職業に就けるのか気になりますよね!

私が辞めた人を見てきて言えることは、デスクワークはかなり厳しいということです。

実績を積んでいないうえに、勉強してきたわけでもないからです。

イチ
イチ

独自に勉強をしていて、何か資格を取得しているのであれば話は別ですが!

体を動かす仕事を中心に探した方が、就職先は簡単に見つかると思います。

下記で実際に転職した方の例を挙げているので、参考にどうぞ☆↓

>>【美容師をやめたい人】転職した人のその後、教えます! 実話 7選

あとは、使わなくなったハサミは高値で売れることがあるので、眠らせないようにしましょう☆

イチ
イチ

ハサミを売って、転職の資金にあてることもできますからね♪

道具はきちんと整理しよう!

>>理美容師のハサミ 高額な値段で買取! 使わないハサミは宝もの☆

まとめ

理容師、美容師は国家資格です。

イチ
イチ

厚生労働省が定める学校や施設を卒業し、国家試験に合格できたもののみが取得できる資格なんです!

収入に関しては、すべての理美容師の平均から換算すると、必ずしも高収入とは言えません。

理由はこちら↓

  • 見習い期間は給料が少ない
  • 雇われ店長だと給料に限界がある
  • 独立しても安定した収入の保証はない
  • 勤務年数と収入が比例しない
イチ
イチ

収入が安定しないのも、理美容師の特徴だといえるんですよね

休日も基本平日になるので、みんなと休みを合わせて出かけることも難しくなります。

そういった生活になるということも事前に理解しておきましょう!

とはいいつつ、なんだかんだいって理美容師は華やかなイメージがあります。

周りから見れば憧れの職業であり、異性にもモテるようになるかもしれません☆

イチ
イチ

ただし、結局はお金がなければ愛想をつかされてしまうので注意しましょうね・・・

というわけで今回は「理容師、美容師という職業」について、いろいろな観点から解説しました。

私は、理美容師は魅力的な職業だと思っています☆

興味のある方は今回の記事を参考に、事前知識と心構えをもちつつ成功の道を歩んでみてくださいね♪

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

30~40代男性がモテるためのサポートブログを運営

日曜・水曜に新着記事を更新中!
「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました