お客様

理美容業界に関するお客様目線の悩みや疑問にお答えします☆

お客様

理美容師のハサミに寿命はない?メンテナンス次第で永久に使える☆だけど・・・

美容師、理容師が使うハサミに寿命はありません。メンテナンスしていれば永久に切れ味を保てます!セーム革で汚れを拭く、油をさす、定期的に研ぎに出すなどです。放っておけば、もちろん錆びます。あと、研ぎに出せばだんだん刃が小さくなるため、いつかはヘアカット用のハサミとして不向きにはなります。
お客様

眉毛を染めるのはキケン!?セルフカラーの注意点と染め方をアドバイス

眉毛をカラー剤で染めることはできます。ただし、セルフカラーする際には注意する点があります。眉毛付近の肌は敏感なため、肌荒れしやすい場所です。油性クリームを使い、塗らない場所は保護しておきましょう!美容院での眉毛カラーは、実は違法なんですよね。
お客様

美容院、理容室にヘアカラーの持ち込みはできる?プロから注意点とアドバイス!

カラー剤を買ったけど、自分で染めるのが面倒だから、お店で染めてもらえないか考えていませんか!美容院や理容室にカラー剤を持ち込むことは可能です。ただし、すべての理美容室がOKというわけではありません。行きつけに連絡して聞いてみましょう!料金は、技術料がかかるため、思っているより高くつく可能性がありますよ。
お客様

光触媒でコロナウイルスも除去!? 毎日の除菌作業はもういらない☆【個人購入も可】

毎日の除菌作業に疲れていませんか?美容室や理容室の感染対策には、光触媒の業務用除菌スプレーがおすすめです☆コロナにも有効なうえ、一度吹きかければ最長1年除菌作用が続きます♪人体にも安全な成分を使っています!最近、1万円以下で個人でも購入できるようになったんです☆
お客様

カミソリの交換時期を理美容師が解説!長持ちさせるアドバイスも♪

剃刀の刃の交換時期を確認する一番の方法は、切れ味を確認することです!剃り終わりに、肌のピリピリ感が強くなったら交換のサインです。また、プツプツ毛を引っぱる感じがしたらもうアウトです。女性は、ちょっとでも違和感を感じたらすぐ交換した方が、きれいな肌を保てますよ☆
お客様

髪を青にするのは難しい!?大半がみどり色になる理由を解説!

髪を青色に染めるのは、けっこう難しいです!青を出すためには、髪の色素を抜く必要があるからです。ブリーチを繰り返してなるべく白に近づけないといけません。黄色が少しでも残っていると、緑色になりますよ。セルフカラーだと難しいカラーです。
お客様

「スポーツ刈り」ってどんなの?昔の髪型はあいまいだった!?理美容師解説

スポーツ刈りとは、トップの髪も短くした刈り上げのことです。角刈りではなく、おしゃれな短めスタイルのイメージです。ソフトモヒカン、トップ短めフェードカット、おしゃれ坊主もスポーツ刈りという大きな部類に入ると思います☆
タイトルとURLをコピーしました