アロマスプレーは虫除けに効果絶大!簡単な作り方も解説☆

アロマの虫よけスプレーを吹きかける女性アロマの効果
  • アロマで虫除けできるって本当?
  • どんな精油を使えばいいの?
  • 子供にも安心して使える虫除けが欲しい
  • アロマのいろんな使い方を知りたい!
  • 夏場の有効活用を教えて☆

夏は、外で過ごす時間が増えます♪

人間が行動しやすくなれば、虫も活発に行動します。

「夏は好きなんだけど、虫がすごい苦手・・・」という方も多いはずです!

「アロマで虫除けできたら最高なんだけどなぁ・・・」と思っている方へ。

今回は「アロマで作る虫除けスプレーとその効果」について解説します☆

蚊、ハチ、ブヨなど様々な虫に効果があるので、夏対策として覚えておきましょう!

この記事を書いた人
イチ

「週刊SPA!」識者経験あり

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

20年以上、育毛対策けいぞく中!
がっつり腰痛持ち♪

日曜・水曜に新着記事を更新中!
「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする

アロマには、虫除け効果がある!

アロマに、虫除け効果があることは確かです☆

精油を作る際に使われる植物の中には、害虫を近づけないために香りを放っている植物があるからです。

イチ
イチ

自分の命を守るために、虫が嫌いなニオイを作ったというわけです☆

そんな植物から抽出される芳香成分には、「忌避(きひ)作用」が確かにあるんです。

忌避作用とは

嫌って近づかなくなる作用のこと。距離をおく。

アロマが好きな方は、自分でアロマスプレーを作って虫除けしましょう☆

虫除けアロマスプレー 用意するもの

アロマスプレーで用意するもの

アロマスプレーは、簡単に手作りすることができます☆

まずは、準備する道具について解説します。

  • スプレー容器 50ml
  • 精油(エッセンシャルオイル)
  • 無水エタノール(なくてもいいけどあった方がいい)
  • 精製水(水道水でも可)

スプレー容器

できることなら遮光性のスプレー容器を用意してください。

遮光とは、光を通さないという意味です。

茶色や青色をしたスプレーを用意しましょう☆

遮光性スプレー

精油は、光や熱で性質が変わりやすく、品質劣化も起こします。

効果が薄れてしまうため、遮光性のスプレーがいいというわけです☆

ガラス製でもいいですし、高密度ポリエチレン(PET)で作られたプラスチック製でもOKです。

※100均のスプレー容器は通常のポリエチレンで作られているためおすすめしません。

100均で売られているプラスチックのスプレー容器も一応使えますが、条件があります。

まず一つは、エタノールを使用しないことです。

100均で売られているスプレーは、注意書きに「アルコールは入れないでください。」と書かれています。

アルコールによって、容器が変形したり溶ける可能性があるからです。

もう一つの条件は、「リモネン」という成分が入っている精油は入れないことです。

リモネンは、プラスチックを溶かす性質をもっているからです。(高密度ポリエチレンのプラスチック容器(PET)は溶けません!

精油を購入すると、成分表が必ず入っています。

自分の目で確認すれば一番ですが、ここでリモネンが入っている精油を少し紹介しておきます。

 「リモネン」が入っている代表的な精油 

オレンジスイート・レモン・グレープフルーツ・ベルガモットなどの柑橘系。
フランキンセンス・ブラックペッパー・ネロリ・ペパーミントなど

上記の精油を使用しないのであれば、100均のスプレーも使用することができます。

おすすめしない他の理由として、100均のスプレーは目詰まりがおこりやすいということです。

うまく出てこなくて、イライラするかもしれません・・・。

これらを考慮して、100均のスプレーを使うか検討しましょう☆

精油

精油ならどれでも虫除けに効くかといったら、そうではありません。

虫除けに効果のある精油というものがあります。

ここでは、虫除けに最適な精油を紹介します☆

 蚊に効く精油 

ユーカリレモン・レモングラス・ゼラニウム・ラベンダー

中でもユーカリ・レモンは高い虫除け効果があります!

※レモングラス・ゼラニウム・ラベンダーも蚊に効果がありますが、ハチが好きな香りでもあるため近寄ってくる可能性があります。

場所やシチュエーションに合わせて使用しましょう!

※ユーカリ、レモン、レモングラスは皮膚に刺激を与える可能性がありますので高濃度での使用は避けましょう。

 ハチ・アブ・ブヨなどに効く精油 

ハッカペパーミント・ユーカリ・ティートリー

基本的にスーッとした爽快感のある香りを嫌います。

蚊と一緒にハチなどの虫も避けたい場合は、精油をブレンドすればOKです!

※ハッカやペパーミントなどはケトン類の成分を含んでいるためたくさん使用すると、神経毒のような作用がおこる場合があります。

体に使用する際は、しっかり希釈して使用しましょう。

イチ
イチ

ちなみに、ドラッグストアなどで売られている「ハッカ油」を使って、スプレーを作ることもできます☆

無水エタノール

精油は、水に溶けない性質を持っています。

エタノールは精油と水の両方とも混ざることができるので、潤滑油のような役割を担います

エタノールを使用しないでスプレーを作ることもできますが、精油と水が分離するのでかなりよく振る必要があります。

できることなら使用しましょう。

ちなみにドラッグストアでも無水エタノールは売っています!

消毒用エタノールではなく、無水エタノールを購入しましょう。(アルコール濃度が違います)

消毒用エタノールと無水エタノール
エタノールの濃度の違い

精製水

精製水は、水道水とは違い塩素が含まれていません。

主にコンタクトレンズの保存液としてドラッグストアで売られています!

精製水は肌の状態を整えてくれる優れものですが、塩素が含まれていないため開封後保存状態が悪いと雑菌が増殖しやすいのが難点です。

ひとシーズン使用するのではなく、キャンプなどの短い期間での使用ならば水道水で代用しちゃってもいいでしょう。

イチ
イチ

その際は、保存せずに必ず使い切るようにしましょう☆

虫除けアロマスプレーの作り方

作り方はとっても簡単です!

計量用のビーカーと、混ぜる棒(かくはん棒)を100均で購入しておきましょう。

その際どちらもガラス製がおすすめです☆

どうしても用意できない場合は直接スプレー容器に入れ混ぜることもできます。

これはあくまでもビーカーと混ぜ棒の用意ができない場合の荒療治だと思ってください(苦笑)

その際、精油の原液が滴つかないよう細心の注意をはらいましょう。(ゴム手袋をつけるなど)

確かな計量はできませんが、精油の量だけは滴数で確認ができるので大丈夫です。

では、入れる順番を教えます♪

  1. 精油を10滴程度入れる
  2. エタノールを5ml入れ、混ぜる
  3. 精製水(または水道水)を45ml入れて完成!

※ハッカやペパーミントを混ぜる場合は、1滴~2滴程度におさえ様子を見ながら使用しましょう。

使用方法と注意点

アロマスプレーをかける女性

使う前に、よく振ってから吹きかけましょう。

腕や足に吹きかけるのは簡単ですが、顔に吹きかける際は目と口を閉じて入らないようにしてください。

皮膚に刺激を感じる場合は、すぐ水で洗い流して使用を中止しましょう。

精油の香りで虫除けするので香りが無くなっては効果がありません。

こまめに付け直してください☆

3歳未満のお子様の場合、スプレーを直接吹きかけると精油の効用が強く体に現れる場合があります。

使用する際は肌に直接吹きかけず、布やハンカチなどに吹きかけ身近においておきましょう。

犬などのペットは、嗅覚がすぐれているため精油の香りにとても敏感です。

香りの刺激をうけやすいため、ペットがいる場合は使用を控えましょう。

イチ
イチ

精油の注意事項と同じですが、妊婦の方もスプレーの使用は控えてください

容器は使用後、洗剤できれいに洗いよく乾かしてからまた使用できます!(100均は基本使い捨てにしましょう。)

保存期間

防腐剤を使用していないため、日を追うごとにどうしても雑菌が発生してしまいます。

基本2週間を目安に使い切りましょう☆

長期間の保存はできないため大量に作り置きするのはNGです。

追加 ルームスプレーとして使用する場合

ルームスプレーの使い方

体には吹きかけず、部屋の中や網戸などに吹きかけ虫除けすることもできます!

その場合は、精油の量を増やしてもOKです。

また、その場合は精製水ではなく水道水で十分です!

使う精油によっては、ゴキブリの侵入を防ぐ効果もあります。

イチ
イチ

「ゴキブリは大っ嫌い!」という方は、有効活用してください☆

精油は使用期間が決まっているため、翌年の夏まで保存できない場合があります。

そういった際はディフューザーなどを使い、部屋に香りを広げて楽しむことをおすすめします☆

万が一、精油の使用期限が切れてしまった場合は「精油(エッセンシャルオイル)使用期限が切れた際の有効活用法を紹介」を参考に最後まで有効に使い切りましょう☆

まとめ

アロマに、虫除け効果があることは確かです☆

精油を作る際に使われる植物の中には、害虫を近づけないために香りを放っている植物があるからです。

心地いい香りの虫除けスプレーは、簡単に手作りすることができます☆

用意するものはこちら↓

  • スプレー容器 50ml
  • 精油(エッセンシャルオイル)
  • 無水エタノール(なくてもいいけどあった方がいい)
  • 精製水(水道水でも可)
イチ
イチ

作り方もとっても簡単です☆

  1. 精油を10滴程度入れる
  2. エタノールを5ml入れ、混ぜる
  3. 精製水(または水道水)を45ml入れて完成!

市販の虫除けスプレーには「ディート」という薬剤が入っています。

人体において健康上の問題も危惧されていますが、精油を使用した虫除けスプレーならその心配もいりません!

安心して体に使える虫除けスプレーを、あなたも手作りしてみましょう☆

というわけで、今回は「アロマで作る虫除けスプレーとその効果」について解説しました。

イチ
イチ

いろいろなアロマの楽しみ方の、参考になれば幸いです♪

この記事を書いた人
イチ

「週刊SPA!」識者経験あり

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

20年以上、育毛対策けいぞく中!
がっつり腰痛持ち♪

日曜・水曜に新着記事を更新中!
「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました