アロマの虫除けスプレーは効果絶大だった!簡単な作り方も紹介

アロマの虫よけスプレーを吹きかける女性アロマの効果
blank

夏は花火やバーベキュー、最近ではキャンプにもはまっててさ!楽しいことだらけだよねぇ!

イチ
イチ

イチはここぞとばかりにゴルフに行くしね!(夏季料金で安いんだ・・・)

blank

でも、あの虫だけはなんとかなんないかなほんと・・・。

イチ
イチ

わかる!!イチもゴルフでめっちゃブヨに刺されたことあるし・・・。

みなさんも夏は外で楽しく過ごす方が多いのではないでしょうか!?

太陽の下にいるだけで気持ちがいいですよね♪

 

しかし、外で気持ちよく遊べるこの時期に一番の大敵となるのがやはり虫です!

 

蚊やハチ、ブヨなど様々な虫たちが人を悩ませるのもまた事実。

この虫除けに精油を使ったアロマスプレーが有効だということ知っていましたか!?

作り方も使い方も簡単なのでアロマテラピーアドバイザーのイチがサラッと紹介しますね☆

ではさっそく、いってみましょー!

用意するもの

アロマスプレーで用意するもの

  • スプレー容器 50ml
  • 精油(エッセンシャルオイル)
  • 無水エタノール(なくてもいいけどあった方がいい)
  • 精製水(水道水でも可)

これだけで作れちゃいます☆

スプレー容器

できることなら遮光性のスプレー容器を用意してください。

遮光とは、光を通さないことで茶色や青色をしたものですよ!

遮光性スプレー

※精油は光や熱などで性質が変わりやすく品質劣化がおこります。精油の効果も薄れてしまうので遮光性のスプレー容器がおすすめなのです!

ガラス製でもいいですし高密度ポリエチレン(PET)で作られたプラスチック製でもOKです。

※100均のスプレー容器は通常のポリエチレンで作られているためおすすめしません。

 

「100均で売られているプラスチックのスプレー容器は使用できないの??」

と思うかもしれませんが、一応使用はできます。

できますが条件があります!

 

それはまず、エタノールを使用しないこと!

100均で売られているスプレーは注意書きに「アルコールは入れないでください。」と書かれていることがあります。

それをいちいち確認するのは面倒だと思いますのでいっそのことエタノールの使用はやめましょう。

 

もう一つの条件、それは精油に「リモネン」という成分が入っているものは入れないでください。

このリモネンという成分がプラスチックを溶かしてしまいます。(高密度ポリエチレンのプラスチック容器(PET)は溶けません!

精油を購入すると成分表が一緒に入っているはずです。

それを見て確認するのが一番いいかと思いますが実際面倒ですよね(苦笑)

なので主にどのような精油にリモネンが入っているか紹介しておきます。

 

 「リモネン」が入っている代表的な精油 

オレンジスイート・レモン・グレープフルーツ・ベルガモットなどの柑橘系。
フランキンセンス・ブラックペッパー・ネロリ・ペパーミントなど

もし、使いたい精油が決まっているのであれば購入する前に成分を検索してみるのもいいかもしれませんね。

あとは、100均のスプレーは目詰まりがおこりやすいです。

うまく出てこなくてイライラするかもしれませんよ・・・。

このような条件下での使用ならOKです☆

 

もし、「スプレー容器を探しに行くのが面倒だ!」という方いましたらこちらにお手頃価格のスプレー容器を載せておきますので参考にどうぞ☆👇

精油

精油ならどれでも虫除けに効くかといったらそうではありません。

虫除けに効果のある精油というものがあります。それをここでは紹介していきますね☆

 蚊に効く精油 

ユーカリレモン・レモングラス・ゼラニウム・ラベンダー

中でもユーカリ・レモンは高い虫除け効果がありますよ!

※レモングラス・ゼラニウム・ラベンダーも蚊に効果がありますが、ハチが好きな香りでもあるため近寄ってくる可能性があります。

場所やシチュエーションに合わせて使用しましょう!

※ユーカリ、レモン、レモングラスは皮膚に刺激を与える可能性がありますので高濃度での使用は避けましょう。

 

 ハチ・アブ・ブヨなどに効く精油 

ハッカペパーミント・ユーカリ・ティートリー

基本的にスーッとした爽快感のある香りを嫌います。

蚊と一緒にハチなどの虫も避けたい場合はこの精油をブレンドすればOKです!

※ハッカやペパーミントなどはケトン類の成分を含んでいるためたくさん使用すると神経毒のような作用がおこる場合があります。

体に使用する際は他の精油と必ずブレンドし少なめの配合にしましょう。

 

お手頃な価格で高品質の精油が購入できる生活の木さんの精油を載せておきますので参考にどうぞ☆

ちなみに3mlあれば十分なのでそのサイズのみ掲載しておきますね!👇

 

ユーカリの香りを例えるならば「湿布」のような香りですね。(例えが下手ですみません・・・。)
しかし、嫌みがなくすっきりした良い香りですよ☆

みなさんが知っている通りまさにレモンの香りそのままです。
とても爽やかですよ☆

レモングラスは「レモンティー」のような良い香りです☆

ゼラニウムは森林の壮大な香りといった感じです。山奥の静観な雰囲気を感じられます☆

みなさんおなじみラベンダーですね(苦笑)☆(例えられなくてすいません。)

ハッカはスッとした爽快な香りです☆

ペパーミントはグリーンガムのようなすっきりした香りですね☆

ティートリーも新緑の香りを感じられる精油ですよ☆

無水エタノール

精油は水に溶けない性質を持っています。

エタノールは精油と水の両方とも混ざることができるので潤滑油のような役割を担います

エタノールを使用しないでスプレーを作ることもできますが、精油と水が分離するのでかなりよく振る必要があります。

できることなら使用しましょう。

 

ちなみにドラックストアでも無水エタノールは売っていますよ!

消毒用エタノールではなく無水エタノールを購入しましょうね。(アルコール濃度が違いますよ。)

消毒用エタノールと無水エタノール

エタノールの濃度の違い

精製水

精製水は水道水とは違い塩素が含まれていません。

主にコンタクトレンズの保存液としてドラックストアで売られていますよ!

精製水は肌の状態を整えてくれる優れものですが、塩素が含まれていないため開封後保存状態が悪いと雑菌が増殖しやすいのが難点ですね。

ひとシーズン使用するのではなくキャンプなどの短い期間での使用ならば水道水で代用しちゃってもいいでしょう。

その際は保存せずに必ず使い切るようにしましょうね☆

虫除けスプレーの作り方

blank

作り方はとっても簡単です!

計量用のビーカーと混ぜる棒(かくはん棒)を100均で購入しておきましょう。

その際どちらもガラス製がおすすめです☆

どうしても用意できない場合は直接スプレー容器に入れ混ぜることもできます。

これはあくまでもビーカーと混ぜ棒の用意ができない場合の荒療治だと思ってくださいね(苦笑)

その際、精油の原液が滴つかないよう細心の注意をはらいましょう。(ゴム手袋をつけるなど)

確かな計量はできませんが精油の量だけは滴数で確認ができます。

 

では入れる順番を教えます♪

まず精油を10滴程度入れます。
そのあとエタノールを5ml入れ混ぜ合わせます。
最後に精製水(または水道水)を45ml入れ混ぜ合わせて完成になります!(あら簡単♪)

※ハッカやペパーミントを混ぜる場合は1滴~2滴程度におさえ様子を見ながら使用しましょう。

使用方法と注意点

アロマスプレーをかける女性

使う前によく振ってから吹きかけましょう。

腕や足に吹きかけても問題ありませんが顔に吹きかける際は目と口を閉じて入らないようにしましょうね。

 

また、皮膚に刺激を感じる場合はすぐに水で洗い流し使用を中止しましょう。

そもそも精油の香りで虫除けするので香りが無くなっては効果がありません。

こまめに付け直すようにしましょうね☆

 

※3歳未満のお子様の場合スプレーを直接吹きかけると精油の効用が強く体に現れる場合があります。
使用する際は肌に直接吹きかけず、布やハンカチなどに吹きかけ身近においておきましょう。

※犬などのペットは嗅覚がすぐれているため精油の香りにとても敏感です。
香りの刺激をうけやすいためペットがいる場合は使用を控えましょう。

※精油の注意事項と同じですが妊婦の方もスプレーの使用は控えましょうね。

※容器は使用後、洗剤できれいに洗いよく乾かしてからまた使用できます!(100均は基本使い捨てにしましょう。)

 

精油を安全に使用するための注意点を「【注意】エッセンシャルオイルを安全に使う為に覚えておくこと 5選」で詳しく解説していますので参考までにどうぞ☆

 

保存期間

防腐剤を使用していないため日を追うごとにどうしても雑菌が発生してしまいます。

基本2週間を目安に使い切りましょう

長期間の保存はできないため大量に作り置きするのはNGですよ。

追加 ルームスプレーとして使用する場合

ルームスプレーの使い方

体には吹きかけず、部屋の中や網戸などに吹きかけ虫除けする場合は精油の量を増やしてもいいでしょう。

また、その場合は精製水ではなく水道水で十分です!

精油は使用期間が決まっているため翌年の夏まで保存できない場合があります。

そういった際はディフューザーなどを使い部屋に香りを広げて楽しむのもいいのではないでしょうか☆

 

エッセンシャルオイル(精油)効用を生かす使い方5選!今すぐ実践!」でおすすめのディフューザーを紹介していますのでご覧ください☆

万が一、精油の使用期限が切れてしまった場合は「精油(エッセンシャルオイル)使用期限が切れた際の有効活用法を紹介」を参考に最後まで有効に使い切りましょう☆

 

まとめ

私の家はのどかな場所にあるため日々蚊に悩まされます。

子供は蚊に刺されるとブクーっと異常なくらい膨らんでしまいますし・・・。

「こりゃ何とかしなければーーーーっ!!!」

と思い立った時に作ったのが虫除けアロマスプレーでした☆

家にあったものでさっと作れたのですぐに使用できましたよ!

市販の虫除けスプレーには「ディート」という薬剤が入っています。

人体において健康上の問題も危惧されていますが精油を使用した虫除けスプレーならその心配もいりません!

良い香りが部屋にも広がりますし虫除けできるなんて最高だと思いませんか♪

みなさんもぜひアロマで虫除けスプレーを手作りしてみましょう☆

 

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

30~40代男性がモテるためのサポートブログを運営

「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました