楽しみ方

アロマテラピーの様々な楽しみ方を紹介します☆

アロマテラピー・精油

お風呂にアロマを入れたい!安全な楽しみ方と必要グッズを解説【癒し効果UP】

お風呂に精油を入れてアロマ(香り)を楽しむ場合は、希釈してから湯船に入れましょう。無水エタノール、キャリアオイル(植物油)、バスソルトなどの希釈グッズと混ぜることで、刺激を軽減しながら安心して楽しむことができます。精油はお湯と分離します。肌トラブルの原因になるので、原液のままお風呂へ入れることはおすすめしません。
アロマテラピー・精油

おしゃれアロマオイルケースに精油を収納!もう埃は気にならない☆

精油を保管する場合は、アロマオイルケースを使うと便利です。エッセンシャルオイルボックス、アロマケース、精油ボックスなどとも呼びます。遮光性があるため、精油の劣化を防げます。精油の持ち運びも簡単になるので、おすすめグッズです!
blank アロマテラピー・精油

おしゃれアロマディフューザー【12選】おすすめ活用術と選び方を併せて解説!

おしゃれなアロマディフューザーは、インテリアとして人気です。おすすめの選び方と活用術もあわせて解説します!アロマディフューザーは、気化式・噴霧式・超音波式・リード式とあります。あなたが扱いやすいものを選ぶことが何より大切です。
blank アロマの効果

「アロマってなに?」効果や使い方、精油の選び方などをわかりやすく解説!

アロマとは、「芳香」つまり香りのことを指します。植物から抽出された芳香成分をアロマと呼び、心身を健やかにする効果を期待できます。アロマを使い、リラクゼーションやストレス軽減、心身のバランスの改善などを目指す自然療法がアロマテラピーになります。初心者でも簡単に楽しめるのがアロマテラピーのいいところです。効果や使い方、精油の選び方をわかりやすく解説します。
blank アロマテラピー・精油

アロマ初心者はまず○○を揃えよう!簡単に香りを楽しむならやっぱりこれ☆

アロマをまったく知らない初心者の方も、道具さえ揃えてしまえばすぐに心地いい香りを楽しむことができます。揃えるものは、植物成分100%の精油と香りを拡散させるディフューザーだけでOKです。使いたいシチュエーションに合わせた道具や精油の選び方も解説します。
blank アロマの効果

ドテラの精油は厚生労働省に認可されてる?使用上の正しい解釈も解説

ドテラは厚生労働省による輸入規制をクリアしていることは確かです。食品添加物・化粧品・雑貨として認可されています。ただし食品添加物として認可されているのは農薬や化学物質などが検出されていないからです。食用や飲用に用いてもOKという認可が下りているわけではないので間違わないことが大切です。
blank アロマの効果

アロマ初心者におすすめ!人気の香り10選|特徴と活用方法を解説

精油の人気の香りを10つ紹介します。アロマ初心者でも楽しめるおすすめの香りを揃えました☆独特な香りは、初心者にとって不快に感じることもあります。誰もが楽しめる香りを紹介します。ラベンダー、ゼラニウム、オレンジスイート、レモン、レモングラス、クラリセージ、ペパーミント、フランキンセンス、ティートリー、イランイラン。