理美容師の服装とアクセサリー NGポイント7選

理美容師のベストな服選び理容師・美容師

理美容師は接客業のため、身だしなみにも気を付けなければいけません。

イチ
イチ

清潔な店員に対応されればうれしいですからね!

 

「どんな服装がだめなの??」と疑問に感じている方へ

私が理美容業界に従事してみて「この服装はNGだな!」と感じたポイントを7つ紹介したいと思います☆

これから働き始める新人理美容師の方は特に注意していただき、最高の接客をしていただけたら幸いです♪

それではさっそく、いってみましょう!

清潔感のない服

理美容師は接客する上で清潔面に気を付けなければいけません。

衛生面で言えば、手の消毒、爪の長さ管理、道具の消毒などが挙げられますが清潔面で言えば服装(身だしなみ)がとても重要になります。

 

  • 首元がだるんと伸び切ったような服
  • 毛玉だらけの服
  • 何回も洗濯して色あせた服
  • 裾を引きずるような長いズボン
  • ダメージ加工しすぎのボトムス

 

このような服は接客する上でお客様に不衛生に思われる恐れがあるため、なるべく着ないようにしなければいけません。

イチ
イチ

第一印象がまずは大事ですからね!

 

「なんか見た目が汚らしいなこの店員さん・・・・」と思われないことが顧客の獲得につながるということを理解しておきましょう☆

袖口の自由が利かない服

アシスタントの方が特に気を付けなければいけないのが、袖口の自由が利かない服の着用ですね。

主な仕事が水仕事になるため、簡単に袖をまくれる服を選ぶようにしましょう!

イチ
イチ

その方が仕事がしやすくなりますよ☆

かっこいいからと決して袖口がカチッとした服は選ばないことですね。

 

また、伸び切った袖口の服も少し問題があります。

まくったとしても仕事をしているうちにずり落ちてくるため、その都度まくりなおさなければいけなくなりますよ・・・。

仕事に集中したいならそのような服は気が散るため、着用しない方がいいでしょう!

イチ
イチ

なにげにこれがイラっとするんですよね!!

 

水仕事が多い人は手荒れにも気をつけましょう☆
服ばかり気を使っていていてはすぐ手荒れしてしまいますよ!
上手な手荒れ予防の仕方を「美容師・理容師の手荒れはこれで心配なし!最適な対策と予防法を紹介」で解説していますのでこちらも参考にどうぞ♪

 

ヘアスタイルを確認しにくい色の服(重要)

イチ
イチ

私はこれを一番注意して服選びをしています☆

カット中に大事なのはカットの進行状況を鏡で確認することだと思います。

  • 左右がきちんと対称か
  • 重い場所はないか
  • 毛束感はしっかり出ているか
  • 面がきちんと出ているか

など、お客様目線に立ち確認しなければいけません。

 

その際、髪と同系色の服を着ているとシルエットの確認が難しくなりますよ!

イチ
イチ

だいたい真後ろに立って確認しますもんね

黒や紺の一色のみの服はなるべく避け、ワンポイントか差し色的な感じで明るい色が入っている服を選ぶよう心がけましょう☆

 

明るい色の服はシルエットの確認がしやすいばかりでなく、あなたの印象も明るく見えます!
まさに一石二鳥というわけですね♪

汚れが目立たちやすい服

鏡で髪型を確認しやすいのは間違いなく明るい色の服です!

しかし、気を付けなければいけないのがカラー剤の付着による汚れです・・・。

「なんか服汚れてるけど・・・」と思われないよう、なるべく汚れの目立ちにくい色選びも重要になってくるのです。

イチ
イチ

明るい色の服は汚れが目立ってしまうのが唯一のデメリットなんですよねぇ

 

特に白色のトップスはちょっとした汚れもお客様に気付かれてしまうため、細心の注意が必要ですよ!

アシスタントの方はシャンプーがメインになるかと思いますので、なるべく汚れが目立たない服を選んで着るようにしましょうね☆

イチ
イチ

大変かもしれませんが、あなたの仕事内容に合わせて服選びが出来たら最高ですね☆

お店のスタイルに合わない服装

お店は白を基調にした清潔感あふれる店内だとしても、働いている従業員がダボダボのストリート系ファッションだとお店のイメージが崩れてしまいます。

イチ
イチ

お店側は対象にするお客様層に合わせて内装を決めていますからね

  • 「どんなお客様を対象にしているのか」
  • 「店舗の内装はどいういったイメージなのか」

を考慮し服選びをしなければいけませんよ☆

 

普段着とお仕事用の服のタイプが違ってくるかもしれませんが、それは働く上で致し方ないことだと割り切りましょう!

手にたくさんアクセサリーをつけない

まず、手首にアクセサリーはつけない方がいいですね。

イチ
イチ

きっちり締まって動かないものならまだいいですが、仕事中にジャラジャラ動くようなものはつけないことが賢明です!

 

あなたはファッションに気を使って身につけているのかもしれませんが、お客様はカット中ずっとそのアクセサリーの音が耳元で聞こえ続けるのです。

するとどうでしょう?

きっと不快な気持ちになりますよね。

こういった些細な気遣いも理美容師にとっては大切だと思いますよ☆

 

また、私個人的には指輪も最小限にとどめた方がいいと感じています。

シャンプーする際髪が引っかかり痛い思いをさせるかもしれませんし、何よりアクセサリーが当たること自体気持ちがいいものではありません。

イチ
イチ

特に私の場合、フェイシャルトリートメントも施術するため指輪などはつけないようにしています♪

 

肌を手のひらで大きく包み込むよう施術することで、気持ちよさと効用を発揮できるのがフェイシャルトリートメントです。

アクセサリーが当たらないよう気を付けながら施術していては、それこそ技術内容が落ちてしまいますよ。

最大限のサービスをお客様に施すためにも、身につけるアクセサリーも考えてみましょうね☆

見た目重視の疲れやすい靴

確かに理美容師のファッションは常に清潔で、かつオシャレでなければいけません。

イチ
イチ

憧れの対象として見られるようになれば、それが顧客の獲得にもつながりますからね☆

 

しかし、理美容師は決して「服を映えさせるモデルではない!」ということを覚えておかなければいけません。

あくまでもお客様の髪を綺麗にするのが本職なのです!

一日中立ち仕事のため、体力的にもかなりきついのが現状ですよね。

イチ
イチ

特に足にかかる負担は大きくなりがちです

足元がきれいに見える靴もいいですが、なるべくなら疲れがたまらないような靴選びを心がけましょうね☆

 

立ち仕事による足のむくみが気になる方は「ベストな入浴時間とアロマテラピーの相乗効果☆健康的な体づくり!」を参考に、むくみを一発解消してみましょう☆

 

まとめ

今回は「理美容師が働く上でのNGファッション」について解説しました。

普段あなたが着る服装とはかけ離れるかもしれませんが、仕事用の服選びも理美容師にとっては重要だということを知って頂けたら幸いです☆

イチ
イチ

サラリーマンのスーツのように、理美容師も戦闘服だと思って洋服選びをしましょうね♪

 

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

30~40代男性がモテるためのサポートブログを運営

日曜・水曜に新着記事を更新中!
「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました