美容師・理容師は儲かる職業か!? 20年余従事してきて感じること

理美容師は儲かるのか?理容師・美容師

美容師や理容師は職業として儲かるのか気になっている方へ申し上げます。

「決して高収入とは言えません!」

これは理美容師の収入平均値に基づいて出した結論です。

20年余も理美容業界に従事していてこんなことを言うのもなんですが、この業界の今の現状を見ているからこそ伝えたいのです!

ですが、だからと言って決してならない方がいいとは言いません!!

イチ
イチ

むしろとても魅力的な職業だと私は今でも思っていますよ☆

だって自分の頑張り次第で収入はいくらでも増やすことが出来るんですからね♪

 

会社員とは違い、安定した給料をもらうことはできませんし長く勤めていれば勝手に給料が上がることもありません。

歳をとれば逆に収入が減ることだってざらにあります。

それでも一生懸命仕事に向き合えば自ずと収入が付いてくるのが理美容師なんですよ♡

 

では「なぜ理美容師は儲からない!」というのか。

正確に言えばみんな平等には儲からないということです。

この業界に入ってしまえばみんなが同じくらいの収入が確約されるものではないということですよ!

 

その辺の意味合いも踏まえつつ、「理美容師はほんとうに儲からないのか?」その理由を解説していきたいと思います。

それではさっそくご覧ください☆

修業期間は収入が圧倒的に少ない

高校・大学・専門学校を卒業し一般企業へ就職した場合、いくら仕事ができなくても初任給からそれなりの給料をもらえますよね!?

しかし、理美容師の場合はサロンへ就職したからと言っていきなり満足できる給料をもらうことはできません。

初めは見習いといった感じでサロンワークに従事するため、その仕事に見合った給料しかもらえないのです。

イチ
イチ

これが手に職をつける上できついところですよね・・・

 

理美容師の資格は国家資格です。

他の職業だったら国家資格を持っていれば初めから良い初任給をもらっていてもおかしくありません。

 

しかし、理美容師は20歳そこそこで就職し10万円ちょっとの給料からスタートしなければいけないんですよ!

ここですでに周りの同世代との収入の差が生まれるわけですね。

 

少しでも早く独立を考えるのであれば通信課程を受けながらサロンで働きだすという方法もあります!
美容師・理容師を目指すなら通信制の方がいい!?実体験から思うこと。」でメリットを紹介していますので気になる方はご覧ください☆

 

雇われ店長のままでは収入が足りない

有名店の店長ともなればそれは確かに高収入を得ることができるかもしれません。

しかし、私が言いたいのは日本全国の美理容師の平均収入です。

特別たくさんもらっている方をここで述べて、それが当たり前だと思ってもらうと困るのです。

あくまでも平均的に見ての回答をさせていただきますね☆

 

20代後半ともなれば、そのお店の店長まで上り詰める人もちらほら出てきます。

ここでやっと会社勤めの同世代と同等くらいの給料をもらえるようになりますよ!

イチ
イチ

いや、むしろ店長になれば会社員よりもいい給料をもらえるかもしれません。
大体平均30万円前後といったところでしょうか☆

 

blank

あれ?結構もらうじゃん!!

イチ
イチ

そう思いますよね。でもここからよく聞いてくださいね。

確かに30万円以上の給料をもらえると聞くと多いように思いますが、これが企業の給料ならたしかに問題ありません。

しかし、理美容室のほどんどが個人事業主が経営しているお店です。

保険や年金、住民税などはすべて自分で支払わなければいけないのです!

手取りの給料からこれらの諸費用を差し引いたほか、通勤費やお昼代なども引くと決して多い給料とは言えないのです。

 

そうこうしているうちに年齢も30代に入り、一般企業に入った同世代の方は役職手当などの昇給がプラスされます。

ですが、理美容室の雇われ店長のほとんどは昇給がありません

ここでまた給料が逆転してしまうというわけですね・・・。

何歳まで店長を続けるのかという見極めが大事になりますが、ずっと雇われ店長では収入が伸びないということですよ。

独立し開業しても安定しない

収入を伸ばすのに手っ取り早い方法が「独立して開業する」ことです!

従業員として勤めていた時は「給料」という形で毎月お金が支払われるわけですが、開業することによって個人事業主となります。

個人事業主はお店の売り上げから諸経費もろもろを差し引いた金額が収入となるのです。

要はお店で稼いだお金はすべてあなたのお給料として返ってくるというわけです!

イチ
イチ

これなら一気に収入も増えますよね♪

 

しかし、これはあくまでも開業してからすぐに利益を出せる人の場合です。

実は開業したほとんどの方が初めは収入が減ってしまいます・・・。

店舗を出すときにかかった備品の費用や、店舗の賃貸料などが大きくのしかかるためですよ。

イチ
イチ

新規のお客様の獲得も、今のご時世かなり厳しいものがありますし・・・

初めから収入が増えるとは限らず、むしろ減る可能性があるということです。

開業するということは収入が安定しないということを理解しておきましょうね!

 

開業するにあたっての心得を「美容師・理容師の独立は覚悟がいる!覚えておくべき心得 8選」で紹介していますので、今後のために一度読んでみてはいかがでしょうか☆

 

歳をとると若い顧客の獲得が大変になる

50代60代の会社員ともなればその会社の重役を任され、収入もピークを迎えるはずです。

しかし、理美容師の場合はそこが違います!

年齢を重ねるごとに若年層の新規顧客獲得が難しくなり始め、既存の顧客の収入が大半となります。

社会では一番収入がピークになる年代で理美容師は収入が伸び悩むことがあるのです。

これらのことを考えると生涯年収は果たして会社員よりもいいのか?と疑問が浮かんでしまうのですよね。

儲ける方法

理美容師で儲ける方法はとても簡単です!

  • 根本的に理美容師としての技術を上げる(コンテストなどに出るのもいいでしょう!)
  • 人が多い場所で開業する(立地条件が重要ということです!)
  • とにかく一生懸命仕事に励む(お客様としっかり向き合い仕事をすることです!)
  • お店の色を見つける(売りとなるものをしっかり持つこと!)

これらを実践すればあなたも理美容師としてしっかり稼ぐことができますよ☆

要は「理美容師になれば一定の収入が得られる」という考えを捨てればいいというわけです!

中途半端な気持ちで一生続けられる職業ではないと思っていただけるといいですかね。

イチ
イチ

実際、離職率が高い業界なのは事実なわけで・・・

 

ちなみに3年以内に仕事をやめる人は全体の80%にのぼります。
理美容師の仕事を辞めたあと、どのような仕事に就けるか気になる方は「【美容師をやめたい人】転職した人のその後教えますよ!実話 7選」をご覧くださいね☆

 

まとめ

理美容業は頑張った人のみ稼ぐことができる職業です!

資格を取ればみんなが稼げるといった職業ではありません。

イチ
イチ

仕事に見合った収入しか入ってこないと思っていただければわかりやすいですかね。

安定した給料を求めるならば会社員になった方が賢明ですが、魅力は断然理美容師の方があると私は思います!

人生楽しく一生懸命過ごしたい方はぜひ理美容師になってください☆

たくさんの出会いと刺激がきっとあなたの人生を明るくしてくれるはずですよ♪

 

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

30~40代男性がモテるためのサポートブログを運営

「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました