エッセンシャルオイル(精油)効用を活かす使い方5選!今すぐ実践!

精油の使い方を紹介する女性アロマテラピー・精油

エッセンシャルオイル(精油)を初めて使う方の大半は、部屋に香りを広めて楽しむのではないでしょうか☆

イチ
イチ

ディフューザーやアロマライトを使用すれば誰でも簡単に楽しめますもんね♪

実際私も初めは、お店の中に香りを広げてお客様のリラックスのために使用しました♪

今では病院でも患者の気持ちをリラックスさせるために使用しているところをよく見かけます!

このように、アロマテラピーはさまざまなシーンで活用され始めていますが、実は精油の活用方法はまだまだあるのをご存じですか!?

アロマテラピーをより身近に感じてもらうため、今回は「いろいろな精油の使い方」を紹介したいと思います☆

参考にしていただき、あなたに合った精油の楽しみ方を見つけてみてくださいね♪

それではさっそく、いってみましょう!

芳香浴法

花の香りを嗅ぐ女性

芳香浴法とはみなさんがすでに知っている通り、空間に香りを拡散させて楽しむ方法です。

使用する精油の香りの強さを考え、適度な量を使用するよう調整しましょう☆

イチ
イチ

初めは1~3滴程度から始めて自分に合った香りの強さを見つけましょう☆

また、同じ香りを嗅いでいると次第に香りを感じにくくなるため、その際は部屋の換気をして一度リセットしてください。

外出する時には、ハンカチやティッシュに精油を1~2滴つけて持ち運べば、いつでも香りを楽しむことが出来ます☆

部屋の中で使用するならやはり、アロマライト(電気の熱で香りを拡散させるもの)やディフューザー(精油と水蒸気のミストが吹き出るもの)がおすすめです!

どのようなものがあるのかいくつか紹介するので、参考にご覧ください☆

 アロマライト 

※売り切れになる場合があります

 生活の木 アロマランプ 

  • コンセント式といってコードがないタイプです。
  • 上のへこみの部分に精油を垂らして電気の熱で香りを空間に広めて使用します
  • 比較的安価なのが魅力的ですね♪

 BRUNO ノスタルアロマランプ 

  • 温かみのある光が特徴的です
  • コード式で長さは1.8m
  • レトロ感があり、男性にも人気!

 フリート プレシャスコンセントライト 

  • ハート模様がとってもかわいいコンセント式アロマライトです。
  • 比較的女性に人気がありますよ☆
  • 値段もお手頃です

 Kishima クービコ アロマランプ 

  • お部屋を雰囲気ある明かりに包み込みます
  • コード式
  • オシャレなインテリアに最適
  • 香りも長持ちします

 オールドアンドニュー スタンド型アロマライト 

  • こちらはコード式です。
  • テーブルなどに置いて使用したい方におすすめです!
  • キレイな花柄が特徴的で高級感がありますよ♪

 Isgiguro セラミックアロマライト 星 

  • プラネタリウムのようにひかり輝きとてもきれいですよ!
  • お子様も喜ぶ商品ですね♪
  • コード式です

 ディフューザー 

※売り切れになる場合があります

 ENERG アロマディフューザー 

  • 水を使用しないため精油本来の香りを楽しめます☆
  • 広い面積に対応可能(100㎡)
  • 時間設定できる優れもの♪
  • ボタン1つでオンオフの切り替えが可能

 モダンデコ アロマディフューザー 

  • 精油を細かな霧状に変えて散布するので精油本来の香りを楽しむことができます!
  • 水を使用しないのでカビの心配もなくお手入れもとっても簡単ですよ☆
  • コンパクトなので場所を取りません

 SIS 木製アロマランプディフューザー 

  • かわいいフォルムが人気のアロマディフューザーです☆
  • 木目調が癒しを与えてくれますよ♪
  • アロマの香りを優しく広げてくれます

旅先や出張にもっていきたい

>>アロマディフューザー【Easy Aroma】|香り、光、音楽を流せる3つの機能搭載☆

沐浴法

沐浴法を実践する女性

沐浴法とは精油をお風呂に垂らして使用する方法です。

イチ
イチ

主に、全身浴法・半身浴法・部分浴法(手や足だけ浸かる)と3種類あります☆

全身浴法の場合

  • 湯船にいつも通りお湯をはる
  • 精油を1~5滴とキャリアオイル5mlを混ぜて湯舟にいれよくかきまぜる
  • 入浴したらしっかり肩まで浸かる

※キャリアオイルの種類については、後述の「トリートメント法」で紹介しています。

その際注意しなければいけないポイントがいくつかあるので紹介しておきます☆

  • 皮膚に刺激を感じた場合はすぐにあがり、お湯で体を洗い流しましょう。
  • 柑橘系(ベルガモット・オレンジスイートなど)やスパイス系(ブラックペッパー・ジンジャーなど)は刺激を感じることがあるため精油の滴数を少なめにしましょう。
  • 長時間の入浴は体に負担をかけてしまう恐れがありますので注意して入浴しましょう。
イチ
イチ

これは最低限覚えておいてくださいね☆

半身浴法の場合

  • お湯張りは腰までつかる程度ためる
  • 精油の滴数は1~3滴入れる
  • キャリアオイル5ml程度で希釈し使用
  • ゆっくり浸かる

半身浴法のいいところは下半身のみの入浴なので循環器への負担が少なく長い時間入浴できるというところです☆

イチ
イチ

全身がゆっくり温まってくるので高いリラックス効果を望めます♪

部分浴法の場合

  • 洗面器などの容器を用意
  • 容器にお湯を張り精油を1~3滴垂らす(キャリアオイル5ml)
  • 手なら両手を手首まで、足なら両足をくるぶしくらいまでつけて温める

手を温めれば上半身の血行が良くなり、足なら全身の血行が良くなりますよ☆

イチ
イチ

仕事終わりや、ちょっとしたリラックス時におすすめですね♪

健康的な体作りにとって入浴はとても有効な手段になります☆

良質な睡眠がとれるよう最適な入り方を覚えておくのもいいかもしれませんよ♪

詳しくは「ベストな入浴時間とアロマテラピーの相乗効果☆健康的な体づくり!」で解説しているのでご覧ください。

吸入法

吸入法とは精油成分を鼻から積極的に吸入し呼吸器系の不調を緩和することを目的としています。

例〉ティッシュやハンカチに精油を1~3滴垂らして香りを嗅ぐ

蒸気吸入法というやり方もあり、これは洗面器にお湯を張りユーカリなどの精油を1~3滴垂らして蒸気とともに吸入する方法です☆

イチ
イチ

バスタオルなどをかぶりながらやると蒸気が逃げるのを防ぐことができますよ!

その際、目に刺激がないようしっかり閉じて行いましょう♪

どちらも呼吸器系の不調の緩和を目的としていますが、せきが出る場合刺激が逆にせきを誘発させる恐れがあるため使用は控えるようにしましょう。

精油を正しく使用すればアレルギー性鼻炎の症状も緩和することができますよ☆

もし鼻炎で悩んでいる方は「アレルギー性鼻炎の改善にアロマテラピーが有効!?実験結果を解説」を参考にご覧ください☆

湿布法

湿布法とはまさに湿布のような役割で精油を使用すると思ってください☆

  • 冷たい水が入った容器に1~3滴精油を垂らしキャリアオイルを入れよくかき混ぜる
  • 容器にタオルや布を浸す
  • 絞ったのちトラブルのある箇所を覆うように使用

慢性的なトラブルの場合は温かいお湯を使用し湿布法をすると良いでしょう。

ラベンダーローズマリーなどがおすすめですよ☆

トリートメント法

トリートメント法を実践する女性

トリートメント法とは精油を植物油(キャリアオイル)で希釈してトリートメントオイルを作り、それを体に塗布して精油の効用を得る方法です。

香りを楽しみながら体のトリートメントを行うことで、気持ちよさと癒しを得ることが出来ますよ♪

イチ
イチ

精油によって肌の引き締め効果もあるのでスキンケアにも最適です☆

トリートメントオイルの作り方

トリートメントオイルも実は簡単に作れちゃうんです☆

基本的には、精油を植物油(キャリアオイル)で希釈して作れば完成です♪

その際、希釈濃度は1%以下を目安にしましょう。

イチ
イチ

体に与える影響を考慮して、この濃度が最適なんです!

10mlの植物油を使いトリートメントオイルを作る場合、使用する精油の量は1%、つまり0.1mlです。

1滴の量が約0.05mlのドロッパービンを使用している精油の場合、2滴垂らせばできあがりというわけです!

blank


このようにして作ったトリートメントオイルを手に取り、優しく手・足・顔などに塗布してトリートメントしてください☆

イチ
イチ

オイルは自然と体に吸収されるため基本拭きとる必要はありませんよ!

使用する植物油(キャリアオイル)について少し注意しなければいけないことがあるので、ここで紹介しておきます。

植物油はスイートアーモンド油・オリーブ油・マカデミアナッツ油・ホホバ油などがあります。

ちなみに、私がお店の方で使用しているのはホホバ油です!

どれも食用に使われるような安全なものなのですが、唯一気をつけなければいけないのが「ナッツアレルギー」ですよ。

小麦粉アレルギーやそばアレルギーのようにナッツアレルギーを持つ方がまれにいます。

アレルギーに反応する恐れがあるため、気になる方は事前にパッチテストを行うことをおすすめします。

(腕の内側に植物油を塗って時間をおいて皮膚の状況をみてみましょう。)

まとめ

このように精油の使い方はさまざまあります。

あなたに合った楽しみ方をみつけ、アロマをより身近に感じてみましょう☆

これからもみなさんの日常が光り輝くものになるよう、アロマを届けていきたいと思います。

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

20年以上、育毛対策けいぞく中!
がっつり腰痛持ち♪

日曜・水曜に新着記事を更新中!
「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました