服に付いた油臭を取る!トリートメントオイルの落とし方を解説

衣服に付いた油臭の取り方アロマテラピー・精油

お風呂上りのアロマトリートメントはほんと気持ちいいし、疲れも取れて最高♪
だけど、服に油みたいなニオイが染みついて全然取れないんだよねぇ・・・
結構ちゃんと洗ってるんだけど、どうして取れないんだろう?
これだと服も布団もクサくなって、そのうち捨てなきゃいけなくなるんじゃないかなぁ(悲)

 

アロマトリートメントを楽しんでいる方、こんなお悩みありませんか?

イチ
イチ

私もタオルのニオイが気になったことがあります

せっかくアロマトリートメントを楽しみたいのに、これじゃあやる気も失せてしまいますよね。

衣服から油臭がするのはやはり「オイルをきちんと洗い落とせていないことが原因」です。

イチ
イチ

普通に洗濯をしていてもオイルは中々落ちないんですよ・・・

きちんと洗い落とすポイントが実はあって、それが「お湯」「洗剤」「浸け置き」です☆

このポイントをしっかりつかんでおけば油臭が染みつくことはありませんよ♪

というわけで今回は、アロマテラピーアドバイザーの私 イチ が「衣服に付いた油臭の取り方」について詳しく解説していきたいと思います。

思う存分アロマテラピーを楽しむためにもぜひ覚えておいてくださいね♪

それではさっそく、ご覧ください☆

原因はキャリアオイル

キャリアオイル

精油を使ったトリートメントオイルを作る場合、必ずキャリアオイル(植物油)を使用しますよね。

実はそのキャリアオイルが衣服に付着し酸化することで、あの油臭がするというわけです。

イチ
イチ

ちなみに、精油は揮発したり体内に取り込まれるためニオイが残ることはありません!

全てはキャリアオイルの洗い残しが酸化臭の原因なんですよ。

 

シミの原因を解説!いつまでも若くいたいあなたへ対策も紹介♪

油臭の落とし方

浸け置き洗い

「今まできちんと洗濯していたのに、それでも油臭は取れなかった」という方。

油はそんな簡単に洗い流すことはできませんよ!

ポイントは「適温のお湯」と「油汚れに強い洗剤」で「浸け置き」することです♪

イチ
イチ

お皿に付いた油だって水で流そうと思っても中々落ちませんよね!
それと同じですよ

これから正しい洗濯の仕方を解説しますのでぜひ覚えておきましょうね☆

 

正しい洗濯の仕方

  1. 50℃前後のお湯を用意する
  2. 容器にお湯、洗剤、酸素系漂白剤を入れる
  3. 服を浸し30分程度浸け置き
  4. その後洗濯機で通常洗濯
  5. 完了!

 

 1. 50度前後のお湯を用意する 

50℃前後のお湯に衣服をつけることで、油臭の元となる油を浮かせやすくします。

お湯は熱ければ熱いだけ汚れは取れやすくなりますが、衣服へのダメージが出てしまう恐れがあるため注意が必要ですよ。

自宅でやる場合は50℃前後がベストだと思います!

 

 2. 容器にお湯、洗剤、酸素系漂白剤を入れる 

容器は洗面器やバケツなどなんでも構いませんので一つ用意しておきましょう☆

「浸け置きタイマー機能を備えた洗濯機」もありますので、その場合は洗濯機を使用してもOKです♪

 

洗濯機の場合50度以上のお湯は入れてはダメ!となっている場合があります。
お湯の温度をよく確かめてから入れましょうね☆

 

洗剤は頑固な油汚れをしっかり落とせるものを使用しましょう。

油汚れに強い洗剤はたくさんありますので、ドラックストアなどで探してみましょうね♪

 

酸素系漂白剤は衣服の色を落とすことなく、汚だけを浮き上がらせることが出来ます。

イチ
イチ

色物の服やタオルには必ず酸素系を使いましょうね☆
キッチンブリーチのような塩素系はだめですよ!

洗剤だけでは落ちにくい汚れも漂白剤を入れることでしっかり落とせるようになります。

 

 酸素系漂白剤を使用する際の注意点 

  • そもそも水洗いできないものには使用しない
  • ボタンやファスナーなどの金属を劣化させる恐れがある
  • 粉末タイプは毛皮などの動物繊維には使用しない

この点をしっかり覚えておきましょうね☆

 

 3. 服を浸し30分程度浸け置き 

全てが整ったら衣服を入れて浸け置きします。

温かいお湯は洗剤等を入れると泡立ちが良くなるため、泡が溢れる可能性があります。

洗面器やバケツを使用する際は、お風呂場など溢れても大丈夫な場所で行いましょう!

 

 4. いつも通り洗濯する 

浸け置きが終わったらそのまま洗濯します。

洗面器やバケツで浸け置きした場合は改めて洗剤を入れてもOK!

洗濯機で浸け置きした場合はそのまま洗濯を始めましょう☆

洗濯が終われば後は干して乾かすだけ♪

イチ
イチ

これで油臭は取れますよ!

お家で出来る洗濯 (最強版)

ここからは、より確実に汚れを落とす方法を紹介します。

イチ
イチ

洗い方は先ほどと一緒です☆

変わるのは2つの材料です!

  • 浸け置き容器は発泡スチロールの箱
  • 洗剤は作業着用洗剤

この2つを使うだけで全然違いますよ♪

 

 浸け置き洗い最強! 

結局のところ、「浸け置き洗いが最強!」です。

それもお湯で浸け置きすること。

浸け置きのお湯は高い温度が持続すればするだけ汚れは落ちます。

そんな時に最強なのが蓋つきの発泡スチロール箱なんです!

イチ
イチ

発泡スチロールは保温・保冷効果が高いので、温度を保つのに最適なんですよ♪

ホームセンターなどで売っていますので簡単に手に入りますよ!

値段や大きさをざっくりイメージしたい方は👇を参考にしてみてくださいね☆

 

 

 

 

 洗剤は作業着用洗剤 

頑固な機械油や汚れをしっかり落とす作業着用洗剤。

これを使用することでしっかり汚れを落とすことができますよ☆

もし、どうしてもニオイが取れないという場合は使用してみましょうね!

洗剤のイメージがつかない方は👇を参考にご覧ください♪

 

 

 

 

重曹を使った臭い取り

先ほどの洗濯方法の他に、重曹の消臭効果で臭いを取る方法もあります。

  • 50℃前後のお湯を容器に溜め、そこに重曹を約大さじ3入れる
  • 衣服を入れ、1時間ほど浸け置き
  • その後、洗濯機で普通に洗濯すればOK!

 

ただし、重曹を使用するには注意点があります。

  • 色物の服には使用しない
  • 重曹を入れてはいけない洗濯機がある

ということです。

この注意点を守って使用すれば、ニオイを取り除くことができますよ☆

使用するキャリアオイル(植物油)を変えてみる

キャリアオイル

精油を使ったトリートメントオイルを作る際、必ずキャリアオイルを使用するはずです。

衣服のニオイが気なる場合、キャリアオイルを変えるだけでも大分軽減させることができますよ☆

あくまでもニオイのもととなる酸化が早いかどうかの評価です

 

 ホホバオイル ◎ 

フェイシャルトリートメントによく使用されるホホバオイルは皮脂に近い成分のため浸透性が高いことで有名です☆

イチ
イチ

ちなみに私も仕事で使っています♪

キャリアオイルの中でも酸化しにくいものとされているため酸化臭を抑えることが出来ます。

 

 オリーブオイル 〇 

皮脂成分に含まれているオレイン酸が主成分のオリーブオイル。

肌に優しく馴染んで適度な潤いを保ってくれますよ☆

食用の油として使用される中では酸化しにくい部類に入ります。

 

 マカデミアナッツオイル 〇 

浸透性がよく、オイルとしてはサラッとした使い心地で日本人に人気があります☆

主にフェイシャルトリートメントに使用することが多いですね♪

酸化もしにくいため使い勝手は〇!

ただし、「ナッツアレルギー」の方はマカデミアナッツオイルを使用するとアレルギー反応がでる恐れがあるため、注意が必要になります。

 

 スイートアーモンドオイル △ 

ボディーケアに最もよく使用されるのがこのスイートアーモンドオイルではないでしょうか☆

低刺激で肌に優しいので使われている方も多いはずです!

しかし、特徴として酸化が早いことが挙げられます。

使用期限が比較的短いため、期限を過ぎても気づかずに使用していると衣服に酸化臭がつく恐れがありますよ。

もちろん肌にもよくはないので早めに使い切ることをおすすめします。

 

 植物性スクワラン 

うるおい成分として有名なスクワラン。

主に化粧水と乳液後に潤いを閉じ込めるために使用します。

オリーブオイルなどからスクワラン成分を抽出したもので、オイルよりもサラッとしています。

トリートメントオイルにはあまり使用せず化粧品の一種としてお顔に乗せることがほとんどなので、衣服にニオイがつくようなことはありません☆

 

イチ
イチ

私は仕事でフェイシャルトリートメントを施術する機会があります。
お客様にもし、ナッツアレルギーの方がいらっしゃった場合のことを考えて安全なホホバオイルを使用するようになりました☆
それと、酸化いにくいのもポイントでしたね♪

衣服のニオイが気になる方はキャリアオイルを変えてみるのも一つの手段だということをぜひ覚えておきましょう☆

 

レディースシェービングの効果とは?キレイ肌の作り方を理容師が解説

まとめ

トリートメントオイルが衣服に付いた場合、中々落とすことができません。

水で洗濯してしまっていては、いつかこびりついた油が酸化し酸化臭になってしまいますよ・・・。

洗濯のコツは「お湯」、「洗剤」、「浸け置き」です!

みなさんも心からアロマトリートメントを楽しむためにもぜひ覚えておきましょうね♪

 

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

30~40代男性がモテるためのサポートブログを運営

日曜・水曜に新着記事を更新中!
「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました