服に付いた油臭を取る!トリートメントオイルの落とし方を解説

衣服に付いた油臭の取り方アロマテラピー・精油
  • トリートメントオイルを使うと、いつも服についちゃう
  • 油臭が全然とれない・・・
  • 布団にもニオイがうつってショック・・・
  • ニオイがついた服は、捨てなきゃダメ?
  • 油臭の取り方を知りたい!

アロマオイルを使ってセルフマッサージすると、油臭が気になりませんか?

日が経つにつれ、次第に酸化した油の臭いに変わってきます。

「服がクサくて、洗っても全然変わらない・・・」と嘆いている方もいるのではないでしょうか。

イチ
イチ

私もタオルのニオイが気になったことがありますからね

せっかくアロマトリートメントを楽しみたいのに、これじゃやる気も失せてしまいます。

そこで今回は、「衣服に付いた油臭の取り方」について詳しく解説します。

衣服から油臭がするのは、やはり「オイルをきちんと洗い落とせていないことが原因」です。

きちんと洗い落とすポイントは、「お湯」「洗剤」「浸け置き」です☆

イチ
イチ

このポイントをしっかりつかんでおけば、油臭が染みつくことはありませんよ♪

この記事を書いた人
イチ

「週刊SPA!」識者経験あり

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

20年以上、育毛対策けいぞく中!
がっつり腰痛持ち♪

日曜・水曜に新着記事を更新中!
「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする

油臭の原因は、キャリアオイル

キャリアオイル

精油を使ったトリートメントオイルを作る場合、必ずキャリアオイル(植物油)を使用します。

キャリアオイルが衣服に付着し酸化することで、油臭がするというわけです。

イチ
イチ

ちなみに、精油は揮発したり体内に取り込まれるため、ニオイが残ることはありません!

全ては、キャリアオイルの洗い残しが酸化臭の原因なんです。

油臭の落とし方

浸け置き洗い

「きちんと洗濯していたのに、それでも油臭は取れなかった・・・」という方が、ほとんどだと思います。

油は、そんな簡単に洗い流すことはできませんよ!

ポイントは、適温のお湯」「油汚れに強い洗剤」「浸け置きです♪

イチ
イチ

お皿に付いた油だって、水で流そうと思っても中々落ちませんよね!
それと同じですよ☆

これから正しい洗濯の仕方を解説するので、覚えておいてください!

正しい洗濯の仕方

  1. 50℃前後のお湯を用意
  2. 容器にお湯、洗剤、酸素系漂白剤を入れる
  3. 服を浸し、30分ほど浸け置き
  4. 洗濯機で通常洗濯
  5. 完了!

 1. 50℃前後のお湯を用意 

50℃前後のお湯に衣服をつけると、油が浮きやすくなります。

熱ければ熱いだけ汚れは取れやすくなりますが、衣服にダメージがでる可能性があります。

自宅でやる場合は、50℃前後がベストだと、個人的には思います!

 2. 容器にお湯、洗剤、酸素系漂白剤を入れる 

容器は、洗面器やバケツなどなんでも構いません。

一つ用意しておきましょう☆

「浸け置きタイマー機能を備えた洗濯機」もあるので、その場合は洗濯機を使用してもOKです♪

洗濯機の場合、50度以上のお湯は入れてはダメ!となっている場合があります。

お湯の温度をよく確かめてから入れましょう☆

洗剤は、頑固な油汚れをしっかり落とせるものを使用しましょう。

油汚れに強い洗剤はたくさんあるので、ドラックストアなどで探してみてください☆

酸素系漂白剤は、衣服の色を落とすことなく、汚だけを浮き上がらせることができます。

イチ
イチ

色物の服やタオルには、必ず酸素系を使いましょうね☆
キッチンブリーチのような塩素系はダメですよ!

洗剤だけでは落ちにくい汚れも、漂白剤を入れることでしっかり落とせるようになります☆

 酸素系漂白剤を使用する際の注意点 

  • 水洗いできない服には使用しない
  • ボタンやファスナーなどの金属を劣化させる恐れがある
  • 粉末タイプの場合、毛皮などの動物繊維には使用しない
イチ
イチ

この点をしっかり覚えておきましょう☆

 3. 服を浸し、30分ほど浸け置き 

全てが整ったら、衣服を入れて浸け置きします。

温かいお湯は洗剤等を入れると泡立ちが良くなるため、泡が溢れる可能性があります。

洗面器やバケツを使用する場合は、お風呂場など溢れても大丈夫な場所で行いましょう!

 4. 洗濯機で通常洗濯 

浸け置きが終わったら、そのまま洗濯します。

洗面器やバケツで浸け置きした場合は、改めて洗剤を入れてもOKです!

洗濯機で浸け置きした場合は、そのまま洗濯を始めましょう☆

洗濯が終われば、あとは干して乾かすだけ♪

イチ
イチ

これで油臭は取れますよ!

お家でできる洗濯《最強版》

ここからは、より確実に汚れを落とす方法を解説します。

イチ
イチ

洗い方は、さっきと一緒です☆

変わるのは、2つの材料です!

  • 浸け置き容器は発泡スチロールの箱
  • 洗剤は作業着用洗剤

この2つを使うだけで、全然違いますよ♪

 発泡スチロールの箱で浸け置き 

結局のところ、「浸け置き洗いが最強」です。

浸け置き洗いの場合、高い温度を維持すればするだけ汚れは落ちるんです!

そんな時に最強なのが、蓋つき発泡スチロール箱というわけです☆

イチ
イチ

発泡スチロールは保温・保冷効果が高いので、温度を保つのに最適なんですよ♪

ホームセンターなどでも売っているので、簡単に手に入ります☆

値段や大きさをざっくりイメージしたい方は、下記を参考にしてみてください。

 洗剤は作業着用洗剤 

頑固な機械油や汚れをしっかり落とすのが、作業着用洗剤です。

イチ
イチ

これを使えば、しっかり汚れを落とすことができますよ☆

「どうしてもニオイが取れない」という場合は、使ってみてください!

洗剤のイメージがつかない方は、下記を参考にしてください。

重曹を使った臭い取り

先ほどの洗濯方法の他に、重曹の消臭効果で臭いを取る方法もあります。

  • 50℃前後のお湯を容器に溜め、重曹を約大さじ3入れる
  • 衣服を入れ、1時間ほど浸け置き
  • その後、洗濯機で普通洗いすればOK!

ただし、重曹を使用するには注意点があります。

  • 色物の服には使用しない
  • 重曹を入れてはいけない洗濯機がある

ということです。

イチ
イチ

この注意点を守って使用すれば、ニオイを取り除くことができますよ☆

ニオイは取り除くことはできますが、根本的は油の除去をする場合は、やはり洗剤が重要になります。

使用するキャリアオイル(植物油)を変えてみる

キャリアオイル

トリートメントオイルを作るには、必ずキャリアオイルを使用します。

衣服のニオイが気なる場合、キャリアオイルを変えるだけで、だいぶ軽減することがあります☆

あくまでも、ニオイのもととなる酸化が早いかどうかの評価になります

 ホホバオイル ◎ 

フェイシャルトリートメントによく使用されるホホバオイルは、皮脂に近い成分です。

そのため、浸透性が高いことで有名です☆

イチ
イチ

ちなみに、私も仕事で使っていますよ♪

キャリアオイルの中でも酸化しにくいので、ホホバオイルに変えることで、酸化臭をだいぶ抑えることができます。

 マカデミアナッツオイル 〇 

浸透性がよく、オイルとしてはサラッとした使い心地で、日本人に人気があります☆

イチ
イチ

主に、フェイシャルトリートメントに使用することが多いですね♪

酸化もしにくいため、使い勝手は〇

ただし、「ナッツアレルギー」のある方はアレルギー反応がでる恐れがあるため、使用は控えた方がいいでしょう。

※アレルギーがあるかどうかは、パッチテストを24~48時間してみてください。

 スイートアーモンドオイル △ 

ボディーケアに最もよく使用されるのが、スイートアーモンドオイルではないでしょうか☆

イチ
イチ

低刺激で肌に優しいので、使っている方も多いのではないでしょうか♪

使い心地は抜群ですが、なにより酸化が早いのが特徴です。

使用期限が比較的短いため、期限を過ぎても気づかずに使用していると、衣服に酸化臭がつく恐れがあります。

イチ
イチ

頻繁に使用しない方は、長持ちするホホバオイルに変えてみるのも一つの方法ですよ☆

まとめ

トリートメントオイルが衣服に付いた場合、中々落とすことができません。

水で洗濯してしまっていては、いつかこびりついた油が酸化し、酸化臭になってしまいますよ・・・。

洗濯のコツは「お湯」、「洗剤」、「浸け置き」です!

イチ
イチ

心からアロマトリートメントを楽しむために、ぜひ覚えておきましょう♪

この記事を書いた人
イチ

「週刊SPA!」識者経験あり

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

20年以上、育毛対策けいぞく中!
がっつり腰痛持ち♪

日曜・水曜に新着記事を更新中!
「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました