カラー・白髪染めのベストな頻度を理美容師が解説!おすすめはコレ!

カラーをする女性ヘアカラー

カラーした髪は、できることならきれいに保ちたいですよね☆

数日立てば色の退色が始まりますし、白髪染めの場合は根元が白くなってき始めます・・・。

イチ
イチ

見た目が悪くなる前にベストなタイミングでまたカラーをするべきですよ!

では実際、どのタイミングでカラーはするべきなのでしょう!?

今回の記事でベストなタイミングを知って頂き、キレイな髪を保ち続けましょう☆

カラーがどういった工程で染められているかも含め、詳しく解説しますので是非参考にしてみてください♪

白髪染めの場合

白髪が伸びた女性

白髪染めの場合、根元からきれいに染めるため直後は白髪が一切見えません。

カラー剤も暗めのものが多いため、色の退色(色が薄くなること)もほとんどないのが特徴的です☆

欠点と言えば、髪が伸びると白髪と染めた髪の境目がはっきりと分かれてしまい根元が目立ってしまうということです・・・。

イチ
イチ

特に生え際(おでこ周辺)は自分でも見えるため伸びてくるとすぐ気になりますよ・・・

髪の毛というのは基本、1か月で約1㎝伸びています。

白髪染めの場合、1か月でだいぶ根元が目立ってしまうため、できることなら1か月周期で染めるのが一番ベストかと思います!

他人に気づかれたくない場合はこの周期で定期的に染めることをおすすめします☆

 余談 

私の父は30代から白髪染めを始め、2~3週間周期で染めていました。

イチ
イチ

ちなみに父は理容師です☆

全体的に白かったのですが、誰一人白髪であることに気づきませんでした!

しかし、45歳の時に病気を患い長期入院。

無事退院して仕事復帰した時には完璧な白髪になっていました。

久しぶりに父を見たお客様は、突然の白髪にかなりびっくりされていたのを今でも覚えています。

こまめに白髪染めをしていれば、染めていることすら気づかれないということをこの時知ったんです。

blank

じゃあ、白髪染めは頻繁にした方がいいんじゃないの??

イチ
イチ

この話を聞けばそう思いがちですが、それがまた違うんですよね!

頻繁に白髪染めやカラーをしてしまうと、頭皮や髪にかなりのダメージが蓄積してしまいます。

そればかりか、頭皮の炎症やかぶれといった重いアレルギー症状まで起きてしまう恐れがあります・・・。

「頭皮と髪のことを考え適切なタイミングで染めなければいけない」というのを覚えておいてください☆

アレルギー症状とはどういったものか詳しく知りたい方は「カラー剤が原因のアレルギー症状を理美容師が解説 皮膚の炎症など」をご覧ください☆

ワンポイントアドバイス

1か月たったらまたすぐ美容院に行かなきゃいけないの?そんなに早くいくのはちょっと・・・。

という方へ、ワンポイントアドバイス♪

金銭的なことや、忙しくて予定を組めない方は「自分で生え際だけ白髪染め」して長持ちさせましょう☆

生え際髪の分け目部分のみ自分で白髪染めすれば、だいぶ目立たなくなるからです♪

全体をきれいに塗るのは大変かと思うので、自分の目で見えるところだけきれいに染めましょう!

そうすれば、次の美容院の予約まで持たせることができますよ☆

イチ
イチ

生え際や分け目の部分だけなら誰でも簡単に塗れますしね♪

塗る範囲が少なければ薬剤を一か所にたくさん使用できるのでよく染まるというメリットもあります!

2か月くらいたったら美容院でカットしてもらい、またきれいに染めてもらいましょう☆

おしゃれカラーの場合

おしゃれカラーは大きく分けて2種類あると思ってください。

 1つ目 

黒髪に直接カラー剤を塗布し色味(アッシュ・マット・オレンジといった色のこと)を出す方法

 2つ目 

髪をブリーチして色素を抜いてからカラーをのせる方法

このカラー方法の違いで染める周期が異なってくると思ってください☆

黒髪から染める場合

ヘアカラーした女性の髪

黒髪にカラーを入れる場合、ベース自体が暗いので一度で明るい髪色にすることはできません。

しかし、カラーの頻度に関して言えば明るくならないことが逆にメリットになることがあるんです♪

それは、黒髪にカラーを入れると、色味(アッシュ・マット・オレンジ・ピンクなどの色のこと)が退色(色が薄くなること)しても、茶髪程度に収まるということです!

イチ
イチ

ベースの髪に、色素がまだ残っているからです☆

きれいを維持できる

>>ヘアカラーの色が落ちるまでの期間はどのくらい?長持ちさせる方法も解説

つまり、色が落ちても金髪にはならないということです☆

生えてくる黒髪とそれほど明るさに差が出ないため、見栄えに関して言えばさほど気にはなりません。

なので、そのまま気にならない方は次のカット時期まで持たせることができるというわけです♪

カットするのが2か月後なのか3か月後なのか自分のカット周期と合わせやすいのがメリットかもしれません☆

カラー剤は基本的に3~14程度の明るさレベルがあります。

明るさレベルとは数字が高ければ高いだけ明るくなり、14ともなるとブリーチに近い明るさになります。

きれいに色味を出したい場合は8前後の明るさがベターかと思います。

明るくすればするだけ伸びたら根元の黒髪との差がはっきりしてしまいます。

その辺も考慮して、美容師さんと決めることをおすすめします☆

だいたいカラーチャート(この薬剤を使用するとこのくらいの明るさでこんな色になりますよという見本のようなもの)を見せてくれると思うので、その辺は安心してください♪

これ↓

カラーチャート

ブリーチしてからカラーをのせる場合

おしゃれカラーの女性

きれいな色を出したい場合は、ブリーチしてからカラーを入れることが大半です。

ブリーチで髪の色素を抜いてからカラーするので、きれいな色味(カラー剤の色のこと。アッシュやマット、ピンクなどさまざま)をだすことができるからです。

しかし、難点は色味が抜けたあと金髪になるということです。

イチ
イチ

ブリーチしているのでどうしても・・・

色味というのは、2~3週間程度たつと徐々に抜けていきます。

金髪が恥ずかしいという方は、色味が抜けた段階でもう一度色を入れてもらう必要があるというわけです!

そういった点を踏まえると、周期で言えば一番こまめにカラーしなければいけないかもしれません。

髪に対して常に気配りできる方なら問題ありませんが、なるべく手をかけたくないという方は避けた方がいい染め方でしょう。

自分でブリーチしたい!」という方は「キレイな金髪になる!簡単ブリーチのやり方をプロが解説!」で塗り方を解説していますので参考にしてみてくださいね☆

リタッチの場合

一度ブリーチした髪をキレイな状態で維持したい場合、伸びてきた髪の部分だけブリーチで明るくする方法(リタッチ)があります。

これをすることで、俗にゆう「プリン状態」を防ぐことが出来ます☆

しかし、「ベストなリタッチのタイミングは?」と聞かれるとなかなか答えづらいものがあります。

そもそも、ブリーチする方は必ずと言っていいほど色味をのせるはずです。

イチ
イチ

今の時代、金髪を希望する方はあまりいませんからね!

先述した通り、色味というのは2~3週間程度たつと自然と抜けていくため、その都度のせ直さなければいけません。

美容院で施術してもらう場合、美容師さんの判断で色味をのせる前にリタッチも行うことがあるんです。

リタッチの判断は美容師次第になってしまうため、もし「まだ大丈夫!」と思ったら「リタッチはなしで!」ときちんと伝えましょう。

ちなみに、2か月以上たっている場合は根元もだいぶ黒くなってきていると思うので、その場合は必ずリタッチします。

ヘアマニキュアの場合

髪を痛めたくないけど色は変えてみたい!という人におすすめなのがヘアマニキュアです。

通常のヘアカラーというのは、キューティクルを開いて髪の中にカラー剤を浸透させて発色させます。

イチ
イチ

結果髪がギシギシ傷むんですよ・・・

ヘアマニキュアは、髪の表面をコーティングするように色をかぶせるだけなので、一切髪が傷まないんです☆

爪に塗るマニキュアをイメージしてもらえば、わかりやすいかと思います♪

イチ
イチ

髪をコーティングすることで紫外線などから守ってくれるメリットもありますよ!

デメリットを挙げるとすると、明るい髪色にすることができないということです。

黒髪に乗せるだけなので、どうしても明るい色が出にくいんです・・・。

自然な明るさで艶のある髪にしたい場合におすすめです☆

イチ
イチ

ヘアマニキュアは約1か月程度で落ちてしまうため、その都度塗りなおしてくださいね♪

番外編 白髪を活かしてブリーチ

白髪が全体の8~9割程度を占めている方は、ブリーチを使用して残りの黒髪を脱色するおしゃれ方法もあります。

全体がきれいな白髪に見え、見栄えが抜群に良くなります♪

イチ
イチ

真っ白な白髪は気品にあふれ清潔感が漂いますからね☆

まばらに黒髪がある方でだらしない印象が嫌な方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか☆

2か月程度染める間隔があいても、見た目にそれほど変化はないので維持がしやすいかと思います♪

ヘアカラーはどうしても髪が傷んでしまうためセルフケアがとても重要になります。

正しいケアの仕方を「【髪が傷む原因 4選】プロがケアの仕方も教えちゃいます!」で紹介していますので参考までにどうぞ☆

番外編 ぼかしカラー

白髪を染めたあと、「新たに生えてくる髪との境目がはっきり出るのが嫌だ!」という方におすすめなのが、ぼかしカラーです。

白髪を黒に染めるのではなく「グレー」に染めるため黒髪になじんだ白髪の色になります。

このカラーは3週間程度で色が落ちもとの白髪に戻るため、白黒はっきり分かれた髪にならないのが特徴です☆

冠婚葬祭などで、「一時の白髪隠し」をしたい場合におすすめです♪

まとめ

白髪染めは、1か月周期が基本的におすすめですが、セルフで生え際と分け目を染めれば長持ちさせることが可能です☆

おしゃれカラーは、ブリーチを使用しなければ次のカットまでそのままでも見た目にそれほど違和感はありません。

(ただし、色味は2~3週間程度で抜けていきます。)

ブリーチを使用したおしゃれカラーの場合は、2~3週間程度で色味が抜けてしまうので、金髪が嫌だという人は早めにまたカラーをする必要があります。

イチ
イチ

その際は、色味のみ入れてもらえばOKですよ☆

このように、それぞれベストなタイミングが異なるので、ぜひ参考にしていただきこれからもきれいな髪を保つよう頑張りましょう♪

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

30~40代男性がモテるためのサポートブログを運営

日曜・水曜に新着記事を更新中!
「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました