《刈り上げ編》理容室と美容院で切り方が違う理由を徹底解説!理美容師

理容師美容師の刈り方の違いお客様

  • 刈り上げしたい時はどっちにいけばいいの?
  • 思った刈り上げにしてもらえない・・・
  • なんで理容師と美容師は切り方が違うの?
  • どっちのお店に行こうか迷っている
  • プロに違いを聞いてみたい!

「理容師、美容師ともに髪を切るプロなのに、なんで切り方が違うの?」と思っていませんか!

イチ
イチ

確かに髪を切るうえではプロなので、一緒でもよさそうですよね☆

刈り上げに関しては、とくに技術的な違いがあるのかもしれません。

そこで今回は、「理容師と美容師では、なぜ刈り上げの仕上がりと切り方が違うのか?」について解説します。

この記事を読めば、あなたが理想としている切り方が上手なのはどっちのなのか、知ることができますよ☆

結論から言うと、刈り上げの切り方が違う理由はこちらです↓

「理容師」⇒ 刈り上げをしっかり習う

「美容師」⇒ 独自に勉強する

イチ
イチ

この違いが、切り方の違いと仕上がりの違いに直結しているというわけです!

理容師と美容師の違い

理容師と美容師の違い

同じ髪を切る職業でありながら、理容師と美容師では資格がまったく違います。

また、切り方が違うのは、お客様に求められている仕上がりが違うからでもあるんです!

理容師の場合

理容師

理容師は、男性の髪を切る職業として始まりました。

鎌倉時代に武士の髪を整えていたことが理容師の発端といわれています。

髪を刈りこみ、きれいに整えられることが求められていたんです。

その流れが、今の理容業にも受け継がれているというわけです。

つまり、理容業は「髪をきれいにし、容姿を整えること」を目的とした職業なんです。

美容師の場合

美容師

美容師は、女性の髪を結(ゆ)いあげる職業として始まりました。

江戸時代に女性の髪をきれいに仕上げていたことが美容師の発端といわれています。

髪を結い、女性を美しく見せることが求められていたんです。

つまり、美容業は「髪をきれいにし、容姿を美しくすること」を目的とした職業なんです。

理容師は刈り上げが国家試験

刈り上げの試験 理容師

理容師の国家試験は、筆記、刈り上げの実技、シェービングの実技があるんです。

イチ
イチ

専門学校で習うカット技術は、必然的に刈り上げがメインになるというわけです!

刈り上げといっても、ただ単に刈り上げるだけではなく、「高さ」「面のきれいさ」「自然な髪のつながり」「適切な角度」などが求められます。

ひとつの刈り上げを作り上げるのに、細かく勉強しなければいけないんです。

最終的に、バリカンを使いきれいに刈り上げることができるようになって、初めて理容師になれるというわけです☆

美容師は刈り上げを独自で習う

お店の練習会で刈り上げを習う美容師

美容師の国家試験は、筆記、レイヤースタイルのカット、ワインディングorオールウェーブセッティングの実技があります。

レイヤースタイルというのは、上の髪が短く下に向かって長くなるスタイルのことです。

イチ
イチ

基本的に美容師は、女性の髪をカットするために覚える技術を習うというわけです!

このことからもわかるように、美容師の資格を取るのに刈り上げの技術は必要ないんです。

つまり刈り上げは、美容院へ勤務してからお店の練習会などで覚えるということになります。

えぐる刈り上げは美容師が得意

えぐるような刈り上げは、実は美容師の方が得意なんです。

イチ
イチ

「えっ?理容師は刈り上げをしっかり習ってるのになんで?」と思いますよね!

理容師は、刈り上げを習う際に「えぐるような刈り上げはしてはいけない!」と教えられているんです。

つまり、刈り上げ理論でいえば、えぐったような刈り上げはスタイルとして見栄えがよくないということなんです。

基本に忠実な刈り上げを目指す理容師にとって、えぐるように刈り上げること自体、体が拒否してしまうというわけです。

イチ
イチ

だからって、できないことはありませんよ☆

一方、美容師は刈り上げに対して独自性があります。

刈り上げというスタイルをしっかり勉強してきたわけではないからです。

考えも柔軟なため、いろいろな形を作り上げることができるというわけです!

イチ
イチ

「こんな刈り上げもいいんじゃない♪」みたいな、イメージを膨らませることが容易にできちゃうんですよ♪

だから、えぐるように刈り上げることも抵抗なくできるというわけです☆

また、バリカンのみで刈り上げるというのも、美容師ならではかもしれません。

理容師の場合、バリカンを入れた後にハサミで刈り上げる流れが当たり前だからです。

イチ
イチ

刈り上げは、そういうものだと教えられますからね!

きれいに刈り上げるために、美容師はバリカンを上手に使っているとも言えるんです♪

スッキリした刈り上げは理容師が得意

直線的なきれいな刈り上げ

理容師が得意な刈り上げは、すっきりした刈り上げです。

どんな道具を使って、どんなシルエットに整えればいいのかしっかり勉強しているからです☆

髪のつなぎ目部分もきれいに整えられるため、きれいなグラデーションの刈り上げを望むのであれば、理容師がおすすめです!

イチ
イチ

とくに、フェードカットのような刈り上げを望むのであれば、断然理容師をおすすめします♪

得意分野を見分ける

>>【美容師 or 理容師】刈り上げが上手なのはどっち?

理想のスタイルによってお店を使い分ける

髪型によってお店を変える

刈り上げは理容師、美容師ともにできることは確かです。

しかし、刈り上げの中でも得意不得意のスタイルがあることだけは理解しておいてください☆

美容師は独自性に富んでいるため、最先端の髪型が得意です。

理容師は、昔からある技術を引き継いだ職人技が得意です。

どちらも技術はあるので、あなたがしたいスタイルに合わせてお店を使い分けるのもいいのかもしれません。

一応覚えておこう

>>行きつけの美容院や理容室を変えるメリット・デメリット!

まとめ

理容師は「髪をきれいにし、容姿を整えること」を目的とした職業。

美容師は「髪をきれいにし、容姿を美しくすること」を目的とした職業。

きっちり仕上げるか、華やかに仕上げるかの違いで切り方も違ってくるんです!

とくに、刈り上げに関してはその差が大きく現れます。

理容師は、国家試験の実技が刈り上げなので、基本に忠実なきれいな刈り上げを習います。

美容師は、国家試験の実技がレイヤースタイルなので、刈り上げはお店で働くようになってから各自学びます。

そのため、美容師は型にはまることなく、独自性に富んだスタイルに仕上げることができるようになるというわけです☆

美容師は、独自性に富んでいるため最先端の髪型が得意

理容師は、昔からある技術を引き継いだ職人技が得意

イチ
イチ

こんな感じで覚えておきましょう☆

ということで、今回は「理容師と美容師では、なぜ刈り上げの仕上がりと切り方が違うのか?」について解説しました。

みなさん参考にしてみてくださいね♪

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

30~40代男性がモテるためのサポートブログを運営

日曜・水曜に新着記事を更新中!
「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました