ヒゲ脱毛!自宅でやるメリットデメリットとは!? 理美容師解説

自宅で脱毛するメリットデメリット体、顔に関する悩み・疑問
  • 青ヒゲが気になってきた
  • ヒゲが濃いのはいやだ・・・
  • 家でヒゲ脱毛できないかな?
  • お店に行くのはちょっと気が引ける
  • なるべく安く脱毛したい!

歳を重ねるにつれ、ヒゲが濃くなってきたことに抵抗がありませんか?

イチ
イチ

私も昔、もみあげとあごひげがつながった時はちょっとショックでした!

「お店は高そうだから、家で脱毛できないかな?」と考えている方も多いと思います☆

そこで今回は「自宅でヒゲ脱毛するメリットデメリット」について、理美容師の私 イチ が解説したいと思います。

この記事を読むことで、自分で脱毛するための必要な知識を身につけることができますよ♪

イチ
イチ

セルフ脱毛がどういったものか、しっかり理解したうえで試すことをおすすめします!

ちなみに、セルフ脱毛でも、きちんと続けることでヒゲは薄くなりますよ☆

ヒゲ脱毛は自宅でもできる!

自宅でヒゲ脱毛する男性

ヒゲ脱毛というと、サロンやクリニックなどに行かないとできないイメージがありますよね!

でも実際は、自宅でもヒゲを脱毛することができるんです!

理由は簡単、市販されている脱毛器がたくさんあるからです☆

ひと昔前までは、女性のムダ毛処理を目的とした脱毛器しかありませんでした。

イチ
イチ

細い毛の脱毛を目的とした機器です!

今は、ヒゲのような太く硬い毛にも効果のある脱毛器がたくさん販売されているんです!

つまり、男性をターゲットにした商品もたくさんでてきたというわけですよ☆

だから、今の時代男性も自宅で簡単に脱毛できるというわけです♪

「ヒゲを抜くと生えなくなる」はウソ!!痛いだけの理由を理容師が解説

脱毛器の種類を理解する

ヒゲ脱毛器

脱毛器とひとことで言っても、その種類はたくさんあります。

イチ
イチ

市販されている脱毛器の種類は、大きく分けて5つあるんですよ!

脱毛に詳しくない男性は、それぞれの脱毛器の特徴を覚えておきましょうね☆

  1. フラッシュ式
  2. レーザー式
  3. 高周波式
  4. ローラー式
  5. サーミコン式

自分で脱毛するのであれば、個人的にはフラッシュ式一択だと思っています!

 1. フラッシュ式 

フラッシュ式脱毛器

毛のメラニン色素、要は黒い部分に反応する光を当てて脱毛する方法です。

毛根を弱らせる効果があるため、多くの脱毛器具に用いられています。

一度の照射範囲が比較的広いため、少ない回数で処理することができます!

イチ
イチ

レーザー式に比べ、痛みは少ないですよ♪

 2. レーザー式 

レーザー式脱毛器

フラッシュ式と同じく、特殊な光を当てて脱毛します

フラッシュ式よりも強い光を照射できるため、高い脱毛効果がありますよ☆

※通常は、医療資格のある方のみ行うことができる脱毛法です。

ただし、家庭用は安全性を考えなければいけないため、出力は抑えられています。

フラッシュ式に比べ、照射範囲が狭くなるため、あてる回数が増えます。

イチ
イチ

ゴムにはじかれたような強い痛みがあります!
※個人的見解

 3. 高周波式 

高周波式脱毛器

毛に微弱電流を流して発熱させ、抜き取る脱毛法です。

1本1本毛をつまんで電流を流すため、時間と手間がかかります。

ピンポイントの脱毛に向いていますよ!

イチ
イチ

痛みはそれほど強くありません

 4. ローラー式 

ローラー式脱毛器

先端についているローラーで毛を挟みこみ、抜き取る除毛法です。

毛抜きで抜くよりも広範囲を一気に脱毛できます。

ただ毛を抜くだけなので、また普通に生えてきます

イチ
イチ

ヒゲのように、強く太い毛には向いていませんね

 5. サーミコン式 

サーミコン式脱毛器

特殊な熱線が先端について、毛を焼き切る感じで除毛します。

肌に熱線が触れないよう、安全設計されています。

イチ
イチ

あっという間につるつるお肌になりますよ☆

脱毛ではなく除毛(表面の毛を取り除くだけ)なので、また普通に毛が生えてきます

効果減毛・抑毛痛み安全性販売数
フラッシュ式脱毛
レーザー式脱毛
高周波式脱毛
ローラー式除毛×
サーミコン式除毛×
※個人的感想です

上記の条件から、自宅で脱毛するのであればフラッシュ式がおすすめだと思いますよ☆

自宅で脱毛する【メリット】

自宅で脱毛するメリット

メリット
  • 費用が安く済む
  • 人に会わなくていい
  • 自分のタイミングでやれる
  • 色々な場所を脱毛できる
  • 外出する必要がない

 費用が安く済む 

どの脱毛方法でも、サロンやクリニックに通うよりも費用が安く済みます。

例えば、フラッシュ式でヒゲ脱毛した場合で解説します。

通常のフラッシュ式脱毛の相場は、8~10回の施術で8~10万円になります。

ある程度ツルツルにしようと思ったら、もっと回数を増やさなければいけません。

場合によっては20~25万円くらいの値段がかかりますよ。

自宅でやる場合は器具さえ購入すればいいんです☆

フラッシュ式の場合、市販されている脱毛器の相場は3~7万円です。

ヒゲの脱毛をするのであれば、相当の回数をこなせますよ!

金額を気にする方は、自宅で脱毛した方が安く済むというわけです☆

 人に合わなくていい 

人と接することが苦手な人は、誰にも会わなくていいので安心ですよ☆

イチ
イチ

自宅でできるので、誰かに気を使う必要がありません♪

  • 「女性に脱毛してもらうのはイヤだな・・・」
  • 「会話自体が苦手だ・・・」
  • 「面倒な説明を聞かされるのはしんどい・・・」
  • 「知り合いに見られないか心配・・・」

こんな心配がありません!

 自分のタイミングでやれる 

あなたの好きな時に脱毛をすることができます。

イチ
イチ

わざわざ予約をいれて、通う必要がありませんよ☆

仕事終わりのちょっとした時間や、すきま時間をみつけていつでも脱毛できるというわけです♪

大事な休日を、自由に過ごすことができます。

 色々な場所を脱毛できる 

脱毛器を購入してしまえば、あなたの好きな場所を脱毛できます。

※VIO(デリケートゾーン)の脱毛は気を付けて行いましょう。

サロンやクリニックなどで脱毛してもらう場合、ヒゲならヒゲのみの脱毛コースを選ばなければいけません。

イチ
イチ

他の場所を脱毛しようと思ったら、別途また料金がかかってしまいますよ

自宅で脱毛するのであれば、ヒゲの他にも、足、腕、手の甲、など様々な場所を脱毛できるというわけです☆

 外出する必要がない 

わざわざサロンやクリニックまで行く必要がありません。

イチ
イチ

自宅で手軽に脱毛できますからね!

2021年現在、新型コロナウイルスの蔓延に伴い、外出するにも危険が伴います。

満員電車、バス、などの公共機関を使う必要がないので安心ですよ☆

自宅で脱毛する【デメリット】

自宅で脱毛するデメリット

デメリット
  • 自分でやる不安
  • 思った効果がでない場合がある
  • 技術不足によるムラがでる可能性
  • 孤独な闘い

 自分でやる不安 

脱毛の経験が少ないため、失敗しないか不安が伴います。

肌トラブルが起こった場合も、自己責任になります。

プロに施術してもらうのと違うので、精神的不安はどうしても起こりますよ。

 思った効果がでない場合がある 

フラッシュ式やレーザー式は、特殊な光をあてて脱毛します。

家庭用の場合、サロンやクリニックで使用する機材よりも光の強さを抑えてあります。

イチ
イチ

一般の人が安全に使用するためです!

毛根を弱らせる力が弱くなるため、思った効果を上げるまで時間がかかります。

また、あなたが希望する状態まで脱毛することができない場合もありますよ。

 技術不足によるムラがでる可能性 

脱毛技術がないため、均等に脱毛できない可能性があります。

  • 同じ場所ばかり照射してしまう
  • 毛の密度によって光の強さをうまく調整できない

こういったことが原因で、均等に脱毛できない可能性がでてきます。

イチ
イチ

生えてきた時にムラがよくわかりますよ

 孤独な闘い 

サロンやクリニックと違って、相談する人はいません。

脱毛の進行状況、脱毛頻度、スキンケアなど、すべて自分で管理しなければいけないということになります。

「痛いからとやめよう・・・」とあきらめてしまわない、固い決心が必要ですよ。

永久脱毛の定義について

永久脱毛の定義について

1958年に創設された、アメリカの電気脱毛協会(AEA)が「永久脱毛について」このように定義しています。

「最終脱毛から1か月後の毛の再生率が、20%以下である脱毛法」

引用元:AEA

つまり、ツルツルになることを目的としていないんです。

これは、脱毛サロンやクリニックで脱毛したとしても、同じことが言えます。

毛が生えてきても、常に20%以下の状態を保てれば「永久脱毛成功」ということになるんですよ。

イチ
イチ

ここを誤解しないようにしましょう!

家庭用脱毛器は業務用の脱毛器に比べ、毛根に与える力は弱くなります。

あなたが希望する薄さになるまで、多少時間はかかるかもしれません。

それでも、根気強く続けることで成果は必ず現れますよ☆

まとめ

ヒゲ脱毛した男性

ヒゲ脱毛は、自宅でもできます!

理由は簡単、市販されている脱毛器がたくさんあるからです☆

イチ
イチ

ただし、あなたの目的に合った脱毛器をきちんと選ぶ必要がありますよ!

主に脱毛器は5種類に分けることができます。

  • フラッシュ式
  • レーザー式
  • 高周波式
  • ローラー式
  • サーミコン式

それぞれ使用目的が違うことを理解しておきましょう!

自宅でヒゲ脱毛するのであれば、個人的にフラッシュ式をおすすめします☆

理由は下記をご覧ください↓

効果減毛・抑毛痛みの軽さ安全性販売数
フラッシュ式脱毛
レーザー式脱毛
高周波式脱毛
ローラー式除毛×
サーミコン式除毛×
※個人的感想です

自宅で脱毛するメリットデメリットはこちら☆↓

メリット
  • 費用が安く済む
  • 人に会わなくていい
  • 自分のタイミングでやれる
  • 色々な場所を脱毛できる
  • 外出する必要がない

デメリット
  • 自分でやる不安
  • 思った効果がでない場合がある
  • 技術不足によるムラがでる可能性
  • 孤独な闘い

永久脱毛の定義は「最終脱毛から1か月後の毛の再生率が、20%以下である脱毛法」ということになります。

イチ
イチ

必ずしも、ツルツルになるということではないので覚えておきましょうね☆

ということで今回は「自宅でヒゲ脱毛するメリットデメリット」について解説しました。

ヒゲが気になり、脱毛を考えている方は参考にしてみてくださいね♪

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

30~40代男性がモテるためのサポートブログを運営

日曜・水曜に新着記事を更新中!
「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました