リードディフューザーの簡単な作り方を紹介☆ 正しい使い方を学ぶ♪

リードディフューザーの作り方解説アロマテラピー・精油
  • アロマを色々な方法で楽しみたい
  • オシャレなインテリアにしたい♪
  • 部屋をいい香りにしたい♡
  • 低コストで作りたい
  • 正しい使い方を教えて!

 

リードディフューザーで、お部屋をいい香りにしたいと思っている方結構多いですよね☆

 

でも、市販されているものに好きな香りがなく、困っている人も多々見受けられます。

イチ
イチ

値段も結構しますしね

 

どうせなら自分で作ってみたい!けど、作り方が・・・

こんな悩みを抱えていませんか!?

 

私 イチ はアロマテラピーアドバイザーとして、たくさんのアロマの楽しみ方を試してきました☆

イチ
イチ

リードディフューザーは今、トイレに置いてありますよ♪

 

この記事では「リードディフューザーの簡単な作り方と正しい使い方」について解説します。

 

「簡単な作り方」「必要な材料」「正しい使い方」全て知ることが出来ますよ☆

 

イチ
イチ

基本、混ぜるのは2つだけ!
エタノールと精油だけですよ♡

 

それでは、さっそく解説していきたいと思います!

用意するもの

リードディフューザーの材料

  • 好きな精油
  • 無水エタノール
  • ガラス瓶
  • リードスティック
  • グリセリン(なくてもOK)

 

 好きな精油 

精油 プラナロム

まずは、あなたの好きな精油を用意しましょう!

イチ
イチ

1つでもいいですが、数種類の香りを混ぜると深みが出ます☆

 

アロマオイルも使用できますが、植物成分100%の精油を使えば香りから様々な効用を得ることができますよ♪

 

アロマオイルと精油の違いについては「100均のダイソーで売ってるアロマオイルと精油の違いとは?」をご覧ください。

 

 

精油にはそれぞれ、揮発速度相性※というものがあります。

混ぜる際はそういったことも考え調合すれば、心地よい香りを長く楽しむことができますよ♪

 

※ 揮発速度や相性に関しては「エッセンシャルオイル(精油)を上手にブレンド!相性と揮発性を学ぶ」を参考にしてみてくださいね☆

 

 

 

 無水エタノール 

無水エタノール

精油を希釈(薄める)するため、無水エタノールを用意します。

 

2020年に発生した新型コロナウイルスにより、一時的に無水エタノールが不足しています。

値段の高騰もあり入手が困難な場合、代用として「消毒用エタノール」を使用しましょう!

 

消毒用エタノール

※ 消毒用エタノールと無水エタノールの違いはアルコール濃度です。

 

消毒用エタノールは精製水などで薄めているため、多少品質低下がみられます。

イチ
イチ

時間がたつと水が腐る可能性があるんですよ

 

ただ、アルコール成分に変わりはないので安心してください☆

代用するのはリードディフューザーを作る場合のみにしてくださいね!

 

 

 健栄製薬 無水エタノール 500ml 

 

 健栄製薬 無水エタノール 500ml×3 

 

 大洋製薬 消毒用エタノール 500ml 

 

 

 ガラス瓶 

ガラス瓶

芳香液を入れる容器として、ガラス瓶を用意しましょう。

 

なぜ、ガラスの瓶なのか!?

 

精油によっては、プラスティック製品を溶かしてしまうものがあるからです。

 

※ プラスティックを溶かす精油に関しては「アロマの虫除けスプレーは効果絶大だった!簡単な作り方も紹介」をご覧ください。

 

イチ
イチ

それに、ガラス瓶はインテリアとして見栄えがとってもいいんです♪

 

なかなか良さそうなガラス瓶を見つけられない時は、一輪挿し用の花瓶でもOKですよ!

 

とにかく、「口が小さく」「適度な大きさ」のガラス瓶を探してみましょう。

 

口が大きいと香りが外にどんどん拡散され、液の揮発が早まってしまいますよ・・・。

イチ
イチ

あまり長持ちしないんです

 

個人的には、スティックが5本程度入る大きさがあれば十分だと思います☆

 

 

 Feel Fragrance 120ml ボトル 

 

 Feel Fragrance 150ml ボトル 

 

 Frandy House 200ml ボトル 

 

 遮光瓶 500ml 

 

 sherelly 花瓶 一輪挿し 

 

 SPICE OF LIFE 花瓶 

 HofferRuffer 花瓶 

 

 

 リードスティック 

リードスティック

用意するリードスティックは、「ラタン」をおすすめします☆

イチ
イチ

日本では「籐(とう)」と呼ばれていますよ♪

 

理由は、内部が細かな空洞になっているため、芳香液を効率よく吸い上げることが出来るからです。

 

リードディフューザーは、スティックが芳香液を吸い込まれないことには香りが広がりません。

なので、なるべく効率よく芳香液を吸い上げるスティックの方が香りやすいんですよ☆

 

※通気性がよく折れにくいラタンは、籠を編んだり家具のフレームなんかにも使われています。

イチ
イチ

通気性が良くて、暑い夏場に重宝される素材なんですよ♪

 

 

 ラタンスティック 10本セット 

 

 ラタンスティック 30本セット 

 

 ラタンスティック 100本セット 

 

 ラタンスティック 黒 30本セット 

 

 ラタンスティック 黒 100本セット 

 

 

 グリセリン(なくてもOK) 

グリセリン

グリセリンは、芳香液の揮発を抑えてくれる役割があります。

 

吸湿性や保留性に優れているため、ちょっと足すだけで芳香液が長持ちしますよ

暑い夏場は特に揮発しやすいので、そういった時に使えば便利な一品です!

 

 

 グリセリン 100ml 

 

 グリセリン 500ml 

 

作り方

リードディフューザーの作り方

  • 「無水エタノールと精油の比率は 10:1 」
  • 「グリセリンは全体の10%程度入れる」

 

イチ
イチ

これだけ覚えておけば完璧ですよ☆

 

 入れる順番 

  1. 無水エタノール
  2. 精油
  3. グリセリン(なくてもOK)
  4. リードスティック

 

イチ
イチ

この順番通りに入れるだけで、オリジナルリードディフューザーの完成です☆

 

 

※ 今回は、無水エタノール100mlを使用した場合で解説します。

 

 1. 無水エタノール100mlを入れる 

無水エタノール

まずは、ガラス瓶に無水エタノールを100ml入れます。

イチ
イチ

計量カップなどでしっかり測るのが一番ですが、私は結構だいたいでいつも入れちゃってます

軽量ビーカー

 

エタノールの瓶からそのまま入れられれば問題ありませんが、口が小さいとうまく入らずこぼれてしまう可能性がありますよ。

 

こうした道具がない時は、簡易的な「ビーカー」や「じょうご」を作って入れましょう!

イチ
イチ

牛乳パックや紙コップなどがあれば簡単にできますよ☆

 

紙コップの便利な使い方

 

簡易ビーカー

 

 

じょうごの作り方

 

じょうごの完成

イチ
イチ

じょうごは、牛乳パックを使う際の参考にしてくださいね☆

 

入れるときに使うだけなので、こういったものもどんどん有効活用していきましょう♪

 

 

 2. 精油を10ml入れる 

精油を垂らす

無水エタノールと精油の比率は 10:1 です。

イチ
イチ

今回は無水エタノールを100ml入れたので、精油は10mlとなるわけです☆

 

精油の瓶から垂れる一滴は約0.05mlですので、200滴入れればOK!

 

精油は傾けると自然に垂れます。

振って入れるのだけはやめましょう!

イチ
イチ

飛び散って、皮膚につく恐れがありますからね

 

イチ
イチ

正確に数えれなくても大丈夫ですからね!
香りの感じ方で滴数を変えるのも良いと思いますよ♪

 

精油の使用上の注意点に関しては「精油(エッセンシャルオイル)の使い方で注意する点は?」をご覧ください。

 

 

 

 3. グリセリンを入れる(なくてもOK) 

グリセリン

グリセリンは無くてもOKですが、より長くリードディフューザーを楽しみたい時は、保留剤として入れることをおすすめします☆

イチ
イチ

保湿剤として化粧品にも使われている、粘り気のある液体ですよ!

 

グリセリンを入れる量の目安は「全体の10%」

 

無水エタノール100ml + 精油10ml = 110ml 

 

なので、今回は110mlの10%、つまり 11ml 入れればOKということになります。

イチ
イチ

測ればベストですが、これも私は目分量で入れてます・・・
すいません

 

 

 

 4. リードスティックを入れる 

リードスティックを入れる

リードスティックは初めからたくさん差さず、3本程度から始めてみましょう!

最初の1週間で香りが強いか弱いか判断して、本数の増減を決めましょうね♪

 

香りの強さに、リードスティックの長さは関係ありません

見た目や安定感を考慮してカットしてもOKというわけですよ♪

イチ
イチ

最低でも、芳香液の倍くらいの長さがあれば大丈夫です!

 

 

ポプリの簡単な作り方を紹介☆素敵な香りのプレゼント!

 

正しい使い方

リードディフューザーの使い方

リードディフューザーの正しい使い方を理解し、効率よく香りを拡散しましょう☆

イチ
イチ

間違った使い方をすると、香りを楽しむことが出来ませんからね

 

  1. 香りの強弱の付け方
  2. 部屋の大きさに合わせ容量を調整
  3. グリセリンを使う
  4. 鼻よりも高い場所に置く
  5. 空気の流れが激しい場所に置かない
  6. 窓際に置かない
  7. 火の元に置かない
  8. 香りが弱くなったら上下入れ替え
  9. スティックの交換時期
  10. ドロドロになったらエタノールを足す

※ たくさんあるので、その都度読み直すことをおすすめします♪

 

 

 1. 香りの強弱の付け方 

花の香りを嗅ぐ女性

香りの強弱は、精油の量で調整してはいけません

リードディフューザーは、リードスティックが芳香液を吸い上げることで香りが拡散されます。

 

香りに強弱をつけたいのであれば、芳香液を吸い上げるリードスティックの本数を変えるべきですよ☆

 

精油は、使用期限が切れてしまってもまだ有効活用できます!

すぐに捨てるのはやめましょう。

使い道に関しては「精油(エッセンシャルオイル)使用期限が切れた際の有効活用法を紹介」で紹介しているので、参考にしてみてくださいね☆

 

 

 

 2. 部屋の大きさに合わせ容量を調整 

ガラス瓶 アロマ

  • 6畳以下の部屋 ・・・    100ml
  • 6~8畳の部屋 ・・・    200ml
  • 10以上の部屋 ・・・    500ml

 

イチ
イチ

こんな感じで、作る芳香液の量を変えましょう☆

 

香りを心地よく感じるためには、多くても少なくてもいけません。

適度な量で香りをうまく拡散させることが重要なんですよ♪

 

 

 3. グリセリンを使う 

グリセリン

夏場は気温が高いため、芳香液の揮発が早くなります。

作ったばっかりなのに、もう減ってる・・・

なんてことになりかねませんよ。

 

また、冬場も空気が乾燥するため揮発が早まります。

 

四季の変化が激しい日本では、グリセリンを保留剤として使った方が芳香液は長持ちするかもしれませんよ☆

 

 

 4. 鼻よりも高い場所に置く 

座ってリラックスする女性

より香りを感じやすくするためには、リードディフューザーを置く場所も配慮しなければいけません!

イチ
イチ

足元やベッドの下では香りが感じづらいですよ

 

香りは「上から下」へ空気の流れと共に流れます。

リラックスする時の体勢で鼻より高い場所、なおかつ安定したところに置くことをおすすめします☆

 

イチ
イチ

ポイントは鼻の高さに合わせることですよ♪

 

 

 5. 空気の流れが激しい場所には置かない 

エアコンの風

エアコンや換気扇のそばは、空気の流れが激しいためおすすましません。

 

エアコンのそばはリードディフューザーが乾燥するため、芳香液が早く減ります。

換気扇のそばは空気が外に出るため、香りが逃げてしまいますよ・・・。

 

適度に空気がまわる場所を選ぶ必要があるので、覚えておきましょうね☆

 

イチ
イチ

人が行き来する場所に置くと香りが拡散されますよ♪

 

 

 

 6. 窓際に置かない 

窓際

日光がよく当たる場所に置くと、芳香液の劣化が早まります。

イチ
イチ

香りが変化する場合があるので注意しましょう

 

また、日光で温められると芳香液の揮発が早まるんですよね。

長持ちさせるためにも、高温になる場所はなるべく避けるようにしましょう!

 

 

 7. 火の元には置かない 

火の元

無水エタノールはアルコール濃度が高いため、発火の恐れがあります。

キッチンまわりなどは避けて置くようにしましょうね☆

 

イチ
イチ

火元がなければ発火はしないので、そこは安心してくださいね!

 

 

 

 8. 香りが弱くなったら上下入れ替える 

スティックの入れ替え

リードディフューザーの香りが弱くなってきたと感じた場合、スティックの上下を入れ替えましょう☆

イチ
イチ

これだけで香りが戻りますよ☆

 

途中、芳香液が減らなくなった時も上下入れ替えてみましょうね♪

 

 

 9. スティックの交換時期 

リードスティック

リードスティックは消耗品のため、半年~1年で交換する必要があります。

芳香液が減ってきたら香りが弱くなりますし、リードスティックの吸い上げが弱まっても香りは弱くなります。

 

イチ
イチ

定期的に交換することがなにより重要になりますよ☆

 

 

 10. ドロドロになったらエタノールを足す 

無水エタノール

時間と共に水分が蒸発し、液自体がドロドロになることがあります。

「まだ残っているから大丈夫!」

と思っていても、そのような状態では香りは拡散されませんよ。

 

そんな時は、エタノールを少し足してみましょう!

 

イチ
イチ

これで香りが戻ることもありますからね

 

それでも香りが戻らない場合は、新しく芳香液を作り直した方がいいですよ。

低コストに抑える方法

低コスト

「何とかして安く作りたい!」という方へ、マル秘テクニックを紹介します☆

 

  • 余った香水
  • 竹串
  • 空き瓶

 

 

 余った香水 

余った香水

使わなくなった香水で、リードディフューザーの芳香液を作ってみましょう!

 

まずは、スプレーのキャップを外します。

外したら中身をガラス瓶に移すか、そのまま使用しましょう☆

 

イチ
イチ

香りが強ければ、エタノールで少しずつ薄めて調整すればOKですよ♪

 

あとは1本からリードスティックをさしてみて、香りの強さを確認していけば完成です☆

 

精油とは違い、芳香成分に効用はありませんが、わざわざ精油を買う必要がなくなりますよ♪

「とにかく、部屋に心地よい香りが広がればいい!」

そんな時は、香水を代用してみるのもいいかもしれませんね☆

 

 

 竹串 

竹串

「ラタンを買うのが面倒な方」は、竹串を代用してみましょう!

イチ
イチ

ダイソーなどの100均でも購入できるので、コストの削減になりますよ♪

 

香りの拡散度合いはラタンに劣るかもしれませんが、代用品として使えます☆

 

使う際は、とがった場所を切って使いましょうね♪

 

 

 

 空きビン 

空き瓶

香水の空き瓶や何かの空き瓶。

とにかく、口が狭い瓶が身近にあればそれを容器代わりにリードディフューザーを作りましょう!

 

イチ
イチ

意外とおしゃれなディフューザーを手作りできるかもしれませんよ♪

 

まとめ

喜ぶ女性

リードディフューザーはとっても簡単に作ることが出来ます☆

インテリアとしても飾ることが出来るので、オシャレ度がUPしますよ♪

 

 用意するもの 

  • 好きな精油
  • 無水エタノール
  • ガラス瓶
  • リードスティック
  • あればグリセリン

 

 

 作り方 

「無水エタノールと精油の比率は 10:1 」

「グリセリンは全体の10%程度入れる」

 

  1. 無水エタノール
  2. 精油
  3. グリセリン(なくてもOK)
  4. リードスティック

 

この順番で入れていけば完成になります☆

 

この記事を参考に、あなただけのオリジナルディフューザーをぜひ作ってみてくださいね♪

 

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

30~40代男性がモテるためのサポートブログを運営

「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました