和精油の種類も増えてきた!日本独特の香りでリラックス☆

杉と精油 和精油の紹介アロマテラピー・精油

アロマテラピーに使われる精油(エッセンシャルオイル)の数は、年々増加傾向にあります。

イチ
イチ

植物から得られる効用が増えるというのは、私たち人間にとってとてもうれしいことです☆

中でも最近、日本の風土で育った植物からとれる精油が、たくさん誕生しています!

「どこか懐かしいような香り」が特徴的な日本生まれの精油。

これを、通称「和精油」と呼びます♪

イチ
イチ

世界へ日本の香りを届けられると思うと、すごく魅力を感じますよね☆

今回はそんな「風情あふれる和精油」について、アロマテラピーアドバイザーの私が詳しく解説したいと思います☆

  • 和精油の種類
  • おすすめブランド
  • 香りの楽しみ方 などなど

みなさん気になることが多々あるかと思うので、少しでも参考になれば幸いです♪

それではさっそく、いってみましょう!

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

■「週刊SPA!」に識者として参加
 
20歳の頃ハゲる宣告を受けるも、育毛とアロマを続けた結果40歳過ぎても髪生存中!
 
髪や体に関する悩みの解決法とアロマの有効性をメインにブログで発信。 

記事の監修・商品レビューのご依頼も受け付けています☆
 

イチをフォローする

和精油とは

和食や和服といったように、日本独自の文化を取り入れたものによく使用するのが、「和」という言葉です☆

そして和精油もまた、その名を世界に知られるようになってきました。

日本の豊かな風土で育った植物から作られる和精油は、どこか馴染みのある香りばかりです。

なので、日本人にとっては気持ちを落ち着かせるには、最適な香りなんです♪

イチ
イチ

日本各地の名産を使って、精油を作っているんですよ☆

ヒノキやスギといった日本固有の植物からも作られているため、まさに唯一無二の精油と言っても過言ではないんです。

和精油 11種類を紹介☆

近年アロマテラピーに注目が集まるようになってからというもの、和精油の種類も少しずつではありますが増え続けています☆

今回は、その中でも代表的な和精油11種類を紹介したいと思います♪

 いよかん 

いよかん
四国4県が名産地のいよかん。
外皮が厚く、身が大粒なのが特徴的な柑橘系植物です☆

果皮から抽出される精油は、甘い中にも少しの苦さを感じられる爽やかな香りがします♪
成分にフロクマリンを含まないため、光毒性の心配がありません。

 温州みかん 

温州みかん
和歌山県、大阪府、三重県が名産地の温州みかん。
とにかく甘く、みかんの中でもトップクラスの知名度を誇ります。

果皮から抽出される精油は、甘い香りを強く感じられるため、穏やかな気分にさせてくれます☆
成分にフロクマリンを含まないため、光毒性の心配がありません。

 コウヤマキ 

高野槙
和歌山県が名産地のコウヤマキ(高野槙)。
実は、日本と韓国の済州島にしか生えていない貴重な植物なんです!

葉から抽出される精油は、緑の清々しい香りがします♪
どの精油にも類似しない独特な香りなので、一度嗅ぐと病みつきになりますよ☆

 シークワーサー 

シークワーサー
沖縄県が名産地のシークワーサー。
スッキリとした酸味が特徴的で、レモンの代用としてもよく用いられます。

果皮から抽出される精油は、シャープな酸味とビターさを兼ね備えた、清涼感あふれる香りがします☆
成分にフロクマリンを含まないため、光毒性の心配がありません。

 すぎ 

杉
和歌山県、奈良県が名産地のすぎ。
日本固有の植物として有名ですね☆

枝葉から抽出される精油は、木々の若々しい香りがあたりいっぱいに広がるため、穏やかな気持ちにさせてくれます♪
花粉症の方でも使用できます。

 瀬戸内レモン 

レモン
広島県が名産地の瀬戸内レモン。
甘みを感じられるため、他のレモンとは一味違った味わいを楽しめます。

果皮から抽出される精油は、レモンでありながら柔らかく甘酸っぱい香りのため、やさしい爽やかな気持ちにさせてくれます♪
成分にフロクマリンを含まないため、光毒性の心配がありません。

 多可産ラバンディン 

ラバンディン
兵庫県が名産地のラバンディン。
元々はヨーロッパ原産の多年草で、真正ラベンダーとスパイクラベンダーの2種類が自然配合して生まれたラベンダーの一種です☆

花、葉から抽出される精油は、ラベンダー同様すべてに万能な芳香成分を含んでいますよ♪

 ひのき 

ひのきの葉
和歌山県、奈良県、三重県が名産地のひのき。
日本固有の植物として有名です!

枝葉から抽出される精油は、ほのかに柑橘系の香りのするスッキリとした香りが特徴的です♪
※ヒノキ風呂の香りをイメージすると少し驚くかもしれませんが、とても爽やかな樹木の香りですよ☆

 ひば 

ひば
青森県が名産地のひば。
別名「ヒノキアスナロ」と呼ばれる、ヒノキ科の針葉樹です。

木部から抽出される精油は、森の深い香りがするため、とても落ち着くことができます☆

 ぽんかん 

ぽんかん
四国4県が名産地のぽんかん。
みかんよりも甘みが強いのが特徴的です。

果皮から抽出される精油は、甘い柑橘系の香りがするため、あたたかみを感じられます☆
成分にフロクマリンを含まないため、光毒性の心配がありません。

 ゆず 

ゆず
高知県、愛媛県、徳島県、鹿児島県、宮崎県、大分県が名産地のゆず。
昔から民間療法として用いられてきたほど、日本人にとってなじみの深い柑橘系植物です☆

果皮から抽出される精油は、爽やかな柑橘の香りがして、ほのかに甘さも感じられるのが特徴的です♪
成分にフロクマリンを含まないため、光毒性の心配がありません。
精油をいろいろな方法で楽しみたい方は、下記を参考にご覧ください☆

>>エッセンシャルオイル(精油)効用を生かす使い方5選!今すぐ実践!

和精油のおすすめブランド

和精油は、様々なブランドから発売されています。

ブランド選びに悩む方もいると思うので、いくつかここで紹介したいと思います☆

 フレーバーライフ 

種類も豊富で、アロマをはじめたい方には最適なブランドです。
安くて良質な精油を厳選しているので、まずはおさえておきたいブランドですね☆

プロの方も多数使用しているので、信頼して楽しめますよ♪

 yuica 

日本の森から採取される植物から、精油を作り上げているブランドです。
和精油を中心に販売しているため、種類が豊富ですよ☆

飛騨高山の森から採取しているため、栽培地から製造過程まではっきり知ることができます。
安心して使える和精油のひとつです♪

yuica 公式ホームページはこちら

 生活の木 

知名度があるため、安心して使用できる精油ブランドです。
精油のほか、基材も豊富に取り揃えているため、すべてをここで取り揃えることが可能です☆

店舗も多く、インターネットからも手軽に購入できるので、おすすめのブランドですよ♪

生活の木 公式ホームページはこちら

 一十八日 

和精油を専門に取り扱っている、比較的新しいブランドです。
日本各地の名産を取り寄せ、高品質な精油を製造していますよ☆

取扱店はまだ少ないため、インターネットからの注文がおすすめです♪

一十八日 公式ホームページはこちら

仕事で精油を使用する方は、ブランドとの卸契約をおすすめします。
契約できるブランドは限られますが、経費削減に役立ちますよ♪
詳しくは下記で解説しているので、参考にどうぞ☆↓

>>アロマテラピーを仕事に役立てる!まずは精油ブランドと卸契約しよう!

和精油はブレンドしてもOK!

和精油は優しい香りのものが多いため、他の精油とのブレンドに向いています☆

今回紹介した和精油と相性のいい精油を、ここで少し紹介したいと思います。

イチ
イチ

ブレンドすれば、また一味違った深い香りを楽しめますよ♪

いよかん

基本的にどんな精油とも合わせることが可能です☆
爽やかさが増しますよ♪

温州みかん

基本的にどんな精油とも合わせることが可能です☆
すっきりとした爽快感が増しますよ♪

コウヤマキ

ラベンダーやスイートマージョラムとブレンドすると、温かみのある香りになります。
また、ペパーミントやローズマリーとブレンドすれば、すっきりとした爽快な香りになりますよ☆

シークワーサー

どの精油とも調和がとれます。
ブレンドすれば、すっきりとした爽やかな香りになりますよ☆

すぎ

樹木系なので、ひのきとの相性が抜群です☆

瀬戸内レモン

どの精油とも調和がとれます。
ブレンドすれば、すっきりとした爽快感が増しますよ☆

多可産ラバンディン

ローズマリー、ペパーミント、ユーカリといった、爽快感のある香りに加えると優しい香りになります☆

ひのき

樹木系と相性が良く、和精油のすぎとブレンドすれば樹木の深い香りを楽しめます☆

ひば

柑橘系と相性が良く、木々の優しい香りがあたたかみを増しますよ☆
ラベンダーやティートゥリーもおすすめです♪

ぽんかん

どの精油とも相性が良く、ブレンドすれば爽快感が増します☆

ゆず

どの精油とも調和がとれますが、特にひのきとのブレンドは香りに深みが増し優しい爽快感が味わえます☆

精油をブレンドする際は、なるべく相性の良い香り同士を混ぜ合わせるようにしましょう!
ブレンド方法については、下記で詳しく解説しています↓

>>エッセンシャルオイル(精油)のブレンドには揮発性が重要だった。

最後に

今回紹介した和精油の他にも、まだまだ趣(おもむき)のある和精油はたくさんあります!

日本特有の植物からとれる精油の香りは、とても落ち着くことができますよ♪

どこか懐かしさの漂う香りで、ぜひリラックスしてみてはいかがでしょうか☆

>>アロマの楽しみ方【まとめ】 精油を簡単に楽しめる方法をわかりやすく解説

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

■「週刊SPA!」に識者として参加
 
20歳の頃ハゲる宣告を受けるも、育毛とアロマを続けた結果40歳過ぎても髪生存中!
 
髪や体に関する悩みの解決法とアロマの有効性をメインにブログで発信。 

記事の監修・商品レビューのご依頼も受け付けています☆
 

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました