汗をかきやすいお客はやりづらい!?理美容師は特に気にしていない♪

美容院で汗をかくのは迷惑!?お客様

 広告 

  • 汗っかきだから、髪を切りに行くのを迷う
  • 汚いと思われないか心配
  • 異性の理美容師だと緊張する
  • カットしづらいことってあるの?
  • 汗っかきの人は、どうすればいいか理美容師に聞きたい!

汗をかきやすい人は、他人と触れ合う場面で苦労することがたくさんあります。

私が中学生の頃、すごく汗っかきの友達がいました。

テストを後ろの席にまわす際には、手汗でビショビショに濡れてしまったり。

運動会で女子と手をつなぐことが苦手で、いつも男子と組んだり。

イチ
イチ

とにかく、汗のことでだいぶ気を使っていたのを覚えています

そんな友達を見てきたので、汗っかきで悩んでいる人の気持ちは、少しはわかるつもりです。

理美容師になってからも、たびたび汗をかきやすいお客様を接客する機会があります。

イチ
イチ

「きっと、汗をかきやすいことで気を使ってるんだろうな」と感じることもよくあるんです

そこで、今回は「理美容師は、汗をかきやすいお客様はやりづらいのか?」について解説します。

この記事を読めば、汗をかきやすいあなたの気持ちも、少しは晴れるはずです。

イチ
イチ

理美容室での対処法もアドバイスするので、参考にしてください☆

というわけで、さっそく結論から先にお伝えします。

汗をよくかくお客様は、けっこういます!

イチ
イチ

珍しくはないので、理美容師はまったく気にしていません☆

施術にも支障はないので、汗をかきやすくてもまったく問題はありません。

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

■「週刊SPA!」に識者として参加
 
20歳の頃ハゲる宣告を受けるも、育毛とアロマを続けた結果40歳過ぎても髪生存中!
 
髪や体に関する悩みの解決法とアロマの有効性をメインにブログで発信。 

記事の監修・商品レビューのご依頼も受け付けています☆
 

イチをフォローする

理美容師は、迷惑だとは感じていない

理美容師と汗をかきやすいお客様

汗をよくかく人が、美容院や理容室で一番気にしているのは、顔の汗だと思います。

イチ
イチ

とくに、額や鼻の汗ではないでしょうか

「汗だくの状態が恥ずかしい・・・」と思っている方も多いはずです。

理美容師は、あなたが汗だくであろうが、迷惑だと思うことはありません!

イチ
イチ

仕事がしづらくなることもないんです☆

たしかに、前髪が額にくっついていることはよくあります。

ですが、それが嫌だと感じることは一切ないんです。

汚いと思うこともありません。

なので、「汗をかいて迷惑じゃないかな?」と思わなくてもだいじょうぶです☆

イチ
イチ

過度の心配はしなくてもいいんです!

汗をかきやすいお客様にも対応するのが、理美容師の仕事

お客様に話しかける理美容師

汗をかきやすいお客様にも、しっかり対応するのが理美容師の仕事です。

理美容師の接客対応
  • 冷暖房の調整
  • 汗拭きタオルを差し出す
  • 外せる時は、クロスを外す
  • なるべく気を遣わせない接客 etc

汗をたくさんかいていれば、理美容師は必ず声をかけます。

イチ
イチ

「暑いですか?」「体調大丈夫ですか?」みたいな感じです

それが今までプレッシャーとなって、余計汗をかいていた方もいるはずです。

ですが、理美容師は悪気があって聞いているわけではないんです。

イチ
イチ

なるべく快適な空間を提供してあげたくて、汗に関することを聞いているんです

決して、迷惑がって聞いているわけではないので、そこは勘違いしないでください。

理美容室は、汗をかきやすい場所

理容室の風景

理美容室は、汗をかきやすい条件が揃っている場所です。

イチ
イチ

普段そんなに汗をかかない方でも、理美容室では汗をかくことはあるんです

理由は、下記になります。

  • 何かあるたび、クロスを巻く
  • 親しくない理美容師と会話をする
  • 緊張する
  • ドライヤーを使う

何かあるたび、クロスを巻く

髪を切る時はもちろんのこと、カラーやパーマをする際にも、クロスを巻きます。

イチ
イチ

常に、首から下が密閉された状態になるんです

最近では、ヘアカット時にネックシャッターを巻くことも当たり前になりました。

ネックシャッター

このネックシャッターが、より熱をこもらせてしまうんです。

例えるなら、砂風呂に入っているのと同じ状態になります。

砂風呂
イチ
イチ

結果、自然と顔に汗をかくというわけです

ネックシャッターを使わずにカットすることもできるので、気になる方は理美容師へ一声かけてください☆

親しくない理美容師と会話をする

理美容師との会話 苦手

親しくない理美容師と会話することで、余計な汗をかいてしまいます。

高校入試、アルバイト、就職の際に、面接を受けたことが一度はあるはずです。

初対面の面接官と会話をすると変な汗が出るのと一緒で、親しくない理美容師と会話すると汗が出ることはあるんです。

緊張する

理美容師

慣れていない美容院や理容室だと、店内に入るだけで緊張します。

イチ
イチ

緊張すると、交感神経が活発に働くため、汗をかきやすくなるんです

精神面の変化からも、汗は吹き出してしまうというわけです。

ドライヤーを使う

ドライヤーで髪を乾かす

髪を乾かす際には、必ずドライヤーを使います。

熱風をあてられるため、自然と汗をかきやすくなります。

お店が忙しく、いろいろなところでドライヤーを使っていると、室内温度も上がってしまうんです。

このように、自然と店内が暑くなっている可能性があります。

イチ
イチ

理美容室は、汗をかく要素がたくさんあるんです

理美容師だって汗をかく

走り回る理美容師

「汗をかくお客って、嫌じゃないかな・・・」と思っている方はたくさんいます。

理美容師から言わせてもらうと、まったく気にはなりません。

汗をかいていたら、対処してやるのも理美容師の仕事だからです。

それに、理美容師だってせっせと働いていれば汗をかきます。

イチ
イチ

むしろ、自分たちの方が、汗のニオイがしないか心配になるくらいです

お客様が、汗の心配をする必要はありません。

汗の心配をするのは、実は理美容師のほうなんです!

汗っかきの人へアドバイス

理美容師から汗っかきの人へアドバイス

「汗っかきの場合、どうしたらいいの?」と悩んでいる方へ、私からアドバイスします☆

イチ
イチ

今後、理美容室に行ったときの参考にしてください

アドバイス
  1. 汗っかきだということを事前に言う
  2. 理美容師の言葉に過敏に反応しない
  3. 自分の世界に入る(無の境地)
  4. 冬も薄着になれる準備をして行く
  5. 夏場にいけば、みんな汗をかいている!

汗っかきだということを事前に言う

汗っかきだと伝える男性客

ヘアカット前のカウンセリング時に、汗っかきだということを事前に伝えておきましょう。

イチ
イチ

「顔にすごく汗をかくんですが、よろしくお願いします」くらいでOKです☆

事前に知らせておけば、店内の温度を調整してくれたり、汗拭きタオルなどを手渡してくれます。

男性であれば、冷たいタオルをもらうこともできるので、思いっきり顔を拭きましょう!

「汗で服も濡れてるし、マッサージはしなくてもいい」と思っている方は、断ってOKです。

イチ
イチ

マッサージはサービスなので、やるかやらないかはあなたが決めていいんです☆

理美容師の言葉に過敏に反応しない

美容師と会話をする男性

「すごく汗をかいてますね」や「体調だいじょうぶですか?」という言葉は、悪気はなく普通にかけてしまう言葉です。

「なんか、理美容師さんに申し訳ないな・・・」と思ってしまうと、自分をさらに追い詰めることになります。

イチ
イチ

結果、余計に汗をかいてしまいます

接客業であれば、お客様に気を使うのは当たり前です。

理美容師だからと言って、その言葉に深い意味はないんです。

なので、さらっと流してください☆

イチ
イチ

理美容師の言葉だからといって、気にしすぎないことが一番です!

自分の世界に入る(無の境地)

目をつむってカットしてもらう男性

理美容師との会話が苦手な方は、無理に話をする必要はありません。

返事も軽く済ませ、あとは自分の世界に入ってください。

イチ
イチ

目をつむって瞑想するのもOKです☆

「話しかけないでくださいオーラ」を出せば、無理に理美容師も話しかけることはしないはずです。

ただし、髪に関する必要最低限の問いかけには、しっかりと答えてもらえると助かります!

冬も薄着になれる準備をして行く

Tシャツの男性

冬であろうと、店内は適温に調整されています。

店内に入って、厚着をしていては、それだけで汗をかきやすくなります。

いつでも1枚脱げるような服装にしていくのも、汗を抑えるのに有効な手段です☆

私のお店では、冬でも暑くなるからといって、半袖になるお客様もいます。

イチ
イチ

事情を知れば、理美容師は全然受け入れてくれるはずです!

ただし、白い服はできるだけ控えてもらえると助かります。

カラー剤やパーマ液が、万が一ついてしまう可能性があるからです。

絶対着たらダメというわけではないので、参考までに覚えておいてください☆

夏場に行けば、みんな汗をかいている!

夏

夏場は、誰でも汗をかきます。

あなたが理美容室で汗をかいていようが、特別変な目で見られることはありません。

イチ
イチ

汗っかきをごまかすのに最適なのは、実は夏なんです!

「夏は汗をかきやすいから、理美容室は遠慮しておこう・・・」と思っていた方は、逆転の発想もあるということを覚えておきましょう☆

精神的に安心したいなら、顔用の制汗剤を使う

顔用の制汗剤をつける男性

理美容室で汗をかいてしまうのは、精神面も大きく関係します。

汗をかいちゃいけないと思えば思うほど、顔から噴き出てしまいます。

精神的に安心したいのであれば、顔用の制汗剤を使うことも有効な手段になります。

イチ
イチ

「制汗剤使ってるし、いつもよりだいじょうぶでしょ!」と思えることが、安心感につながるからです☆

制汗剤は、完全に汗をとめることはできないまでも、だいぶ抑えることができます。

気持ちの面からくる汗の場合は、この安心感がとても大切です。

理美容室での会話、雰囲気などで、どうしても汗をかきやすい場合は使ってみてください☆

イチ
イチ

付けないよりは、断然気持ち的に安心感は違います!

シャンプーする際に、髪の生え際の部分は流れ落ちてしまうのだけは仕方がありません。

ですが、額全体を濡らすわけではないので、効果はあります。

イチ
イチ

「あれ、今日は意外と汗をかかなかったな♪」と感じることができれば、大成功です!

次回からは、今までにない心の余裕が生まれます。

精神的に安心したい方は、顔用の制汗剤を使うという手段があるということも、覚えておきましょう☆

まとめ

理美容師は、汗をかきやすいお客様を迷惑だと思うことはありません。

イチ
イチ

あなたが汗っかきでも、触りたくないなんて思うことはないんです☆

汗をよくかくお客様は、けっこういます!

あなただけプレッシャーを感じなくてもだいじょうぶです♪

汗をかきやすい方へのアドバイスは、下記になります。

アドバイス
  1. 汗っかきだということを事前に言う
  2. 理美容師の言葉に過敏に反応しない
  3. 自分の世界に入る(無の境地)
  4. 冬も薄着になれる準備をして行く
  5. 夏場にいけば、みんな汗をかいている!
イチ
イチ

顔用の制汗剤もあるので、そういったアイテムを使うのも有効な手段です☆

汗をかきやすいからと、理美容室から足が遠ざかっていたあなたも、これから少しは安心して通ってくれたら幸いです。

というわけで、今回は「理美容師は、汗をかきやすいお客様はやりづらいのか?」について解説しました。

イチ
イチ

汗で悩んでいた方の、参考になれば幸いです☆

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

■「週刊SPA!」に識者として参加
 
20歳の頃ハゲる宣告を受けるも、育毛とアロマを続けた結果40歳過ぎても髪生存中!
 
髪や体に関する悩みの解決法とアロマの有効性をメインにブログで発信。 

記事の監修・商品レビューのご依頼も受け付けています☆
 

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました