髪からフケがでる原因はこれだ!8つの原因とその対処法を網羅する!

フケが出るのに悩む男性と女性頭皮

ある時、肩にたくさんのフケがついていて焦ったことはありませんか!?

  • 「いつからこんなにフケが出るようになったんだろう?」
  • 「ちゃんと毎日シャンプーしているのになんで?」
  • 「不潔に思われそうでいやだ・・・。」
  • 「どうしたらフケが収まるの!?」
  • 「黒系の服を着ることに躊躇するな・・・。」

フケに悩んでいる方はたくさんいると思います。

どうしてフケが出るのか?

どうやったらフケが収まるのか?

そういった疑問や悩みに、髪の専門家 イチ がお客様の体験談を踏まえつつ細かく解説していきたいと思います☆

原因となり得ることがたくさんありますので、あなたが「もしかしてっ!!?」と思うことがあればすぐに改善してみてくださいね♪


イチ
イチ

見事にパタッとフケが収まるかもしれませんよ☆

では、早速いってみましょー!!

フケの原因とその改善方法

フケが出る原因はたくさんあります。

もしも、あなたが「あれ?もしかしたらこれかな!!?」というものがあれば今すぐ改善してみましょうね☆

原因その1 シャンプーの洗い残し

洗髪する女性

シャンプーをよくすすがないと頭皮に皮脂が残ったままになります。

それを栄養としている常在菌が急激に増加し、肌のターンオーバー(肌の入れ替わり)を乱してしまいますよ。

正常に肌のターンオーバーが行われなくなると、頭皮にたまった角質が固まりそれがある時ごっそりはがれ落ちるようになります。

これがいわゆるフケになるのです。

この場合のフケは比較的大きなかたまりで落ちてくるため、はっきり気づきやすいのが特徴的ですね。

基本的にシャンプーを流す時間は洗う時間の2倍かけた方がいいとされています。

それだけシャンプーはよく流すべきなのです!

「もうヌルヌルが取れたからいいや!」

と早めに流すことをやめてしまうとそれがフケの原因になりかねませんよ!

洗い残しがないよう、丁寧に流すという心がけを大切にしましょう☆

イチ
イチ

特に耳周りとえりあし付近は気を付けてくださいね♪

原因その2 頭皮に合わないシャンプー

頭皮に合わないシャンプー

皮脂をしっかりとりたいがために洗浄力の強いシャンプーを使用していることも実はフケの原因になりますよ。

あまりに洗浄力が強いと、頭皮に必要な脂分も洗い流してしまい頭皮がカサカサになってしまいます。

カサカサになった頭皮は新しく生成された未熟な頭皮に十分な油分を行き渡らせることができず、結果一緒にはがれてしまうのです。

乾燥によりはがれ落ちた頭皮は比較的小さく細かいフケとなって落ちてきますよ。

洗浄力の強いシャンプーは男性がよく使用するかと思います。

育毛効果を期待してそのようなシャンプーを使用しているかもしれませんが、フケが出るようであればそれはあなたの頭皮に合っていない可能性があります。

頭皮環境が整わない限り育毛効果はまったく望めないので、一度シャンプーを変えてみるのもいいかもしれませんね☆

ちなみに、私のお客様で実際シャンプーを変えてみてフケが止まった方がいらっしゃいます!

いろいろと話を聞かせていただいた結果、髪と頭皮にもやさしいオーガニックシャンプーを一度使ってみてはと提案させていただきました。

おすすめしたシャンプーを使用すようになって間もなく、そのお客様は見事フケがおさまりましたよ☆

その時おすすめしたのが「プレップオーガニア」というシャンプーです!

ホホバ油などのオーガニック成分で適度に頭皮に潤いを持たせつつ、肌荒れ防止のアロエエキス・桃の葉エキスなども配合しているシャンプーなんですよ♪

弱酸性のため赤ちゃんでも使用できる低刺激で家族みんなが使用できますし、香りもフルーティーなところがまた魅力的なシャンプーです☆

こちらを使用してからフケが出なくなったと喜んでいただけましたよ♪

もし、使っているシャンプーにそのような心当たりがある方はプレップオーガニアを一度検討してみてはいかがでしょうか☆

※このシャンプーは治療用のシャンプーではありません。必ず治るといったものではないということだけはご理解ください。

ちなみに潤いのあるしなやかな髪に仕上げるコンディショナーもありますよ♪

セットはこちら👇

原因その3 洗髪後に髪を乾かさない

洗髪後に髪を乾かさない人たち

洗髪した後に髪を乾かさないのもフケの原因になります。

頭皮に水分が残っていると常在菌の増殖を促してしまい頭皮が炎症を起こしてしまいます。

これによりフケがでてしまうというわけですよ。

生乾きの状態で放置するとニオイの原因にもなります。

これらを踏まえた上、お風呂上りには必ず髪を乾かして頭皮を清潔に保つよう心がけましょう!

「えー、毎日ドライヤーで乾かすのめんどくさーい!」

と思っているあなた!ちゃんと手早くきれいに乾かす方法も教えちゃいますよ!

まず、洗髪後できる限りタオルで水分を拭きとります。

入念にタオルドライすることで、ドライヤーのかける時間をかなり短縮できます!

男性のように髪が短い人はワシャワシャ拭いても問題ありませんが、髪の長い女性の場合は拭き方にちょっとコツがいります。

髪をよく乾かしたいがためにガシガシ拭いていると髪同士の摩擦によりキューティクルが傷んでしまいます。

  • 洗髪した後は頭皮を中心にまずはタオルドライし根元をよく拭きましょう!
  • その後タオルに髪を包みこみギュッと水分を取り除きます。
  • 最後はタオルで髪をはさみ軽くパンパンたたきながら乾かしましょう。

そうすることで髪同士の摩擦によるダメージを防ぐことができるのです☆

十分水分を取ったならそこからドライヤーで乾かしていきます。

まずは根元(頭皮)からよく乾かしましょう☆

きちんと頭皮まで風が行くように髪を持ち上げながら乾かすのがポイントですよ♪

根元(頭皮)が乾いたら次は髪を乾かしていきます!

一か所にドライヤーの熱をあて続けると髪が傷んでしまいます(オーバードライ)のでドライヤーをゆっくり振りながら乾かしましょう。(あまり早く振りすぎると全然かわきませんよ。苦笑)

「振るのは手が疲れるし面倒だ!」という方はスイングドライヤーがおすすめです☆

使い方はいたって簡単で、髪を乾かす際はノズルを取り外しスイングモードにすれば自動で風がスイングしながら出てきます。

ブローする際にはノズルをつけノーマルモードに切り替えるだけで普通のドライヤーとして使用できますのでかなり賢いドライヤーですよ!

こちら👇

上記のドライヤーは比較的コンパクトで軽く、女性にも扱いやすい商品です。

冷風ボタンがついているので簡単に冷風に切り替えられますよ☆

デザインに高級感を感じられるため個人的に好きな商品です。(笑)

上記の商品の一番の特徴はスイングする風向きを縦横切り替えられるところですね!

乾かす場所によって風向きを変えられるのはとても助かりますよ☆

また頭皮にやさしい低温風モード(約60℃)を搭載しているため乾かしすぎを防げます!

少しサイズが大きくなるため重いと感じる女性もいるかもしれませんが、機能性は十分なのでこちらもおすすめですよ!

乾いたらくしを軽く通して髪を整えれば完成です♪

十分なタオルドライが時間短縮のポイントです!

ドライヤーで全部乾かすというよりはタオルで乾かすというイメージが大事ですよ♪

原因その4 ストレス

心身に影響のあるストレスもフケの原因になります。

ストレスで頭皮の毛細血管の血流が悪くなり、肌の新陳代謝(ターンオーバー)がうまくいかなくなります。

古い角質がいつまでも頭皮に残ることでそれが剥がれ落ちフケとなります。

現代社会でストレスはつきものですが、過度にストレスを感じている方は何かしらのリフレッシュや対策方法をみつけ解決することが重要になります。

原因その5 食生活

欧米食に偏りがちな若者は要注意かもしれません。

糖質や脂質が多い食事を摂り続けると過度の皮脂分泌がおこり脂性フケが出やすくなります。

脂性フケはサラサラしない大きなかたまりが特徴で、ボロッと落ちてきますよ。

皮脂バランスを整えるうえでバランスのいい食事を心がけましょう!

「バランスのいい食事ってなんなの?」と思う方。あなたの身近な食事ですよ♪

そうです日本食です!

ご飯に味噌汁、主菜に副菜。この献立が栄養バランスの一番取れた食事になります。

昔から一汁三菜といい、

「体を動かすエネルギーになるもの」・「体を作る栄養になるもの」・「体の調子を整えるもの」これらすべてを摂取できるように考えられた食事が日本食なのです。

世界的にも健康食として認められ始めた日本食をすすんで食べるようにしましょう☆

原因その6 睡眠不足

仕事が忙しく毎日十分な睡眠がとれていないという方。

フケの原因は睡眠不足かもしれませんよ。

睡眠は体を休めるというだけでなくホルモンバランスも整えてくれます。

睡眠が不足することでこのホルモンバランスが崩れ皮脂分泌量の異常が現れます。

過度の皮脂分泌により脂性フケが出てしまいます。

睡眠時間にどうしても限界がある場合は良質な睡眠をとるよう心がけましょう!

参考記事をこちらに掲載しておきますね👇

原因その7 加齢による皮脂不足

加齢は誰もが必ず起こり得ることなのでみなさんに当てはまることかと思います。

私の経験上、40歳前後からこれが原因の可能性が出てきますかね。

フケに悩み皮膚科に受診した際に加齢と言われたお客様は結構いました。

皮脂分泌の量が減ることで頭皮が乾燥しフケが出てしまうのです。

乾燥性フケは小さく細かいフケでサラサラしています。

肩にのったフケを払うとふわっと飛ぶのが乾燥性のフケです。

対処法としては頭皮に適度な潤いを持たせてくれるシャンプーやコンディショナーを選ぶことですね。

過度に皮脂を落とすシャンプーは絶対に避けましょう。

おすすめは先ほども紹介したオーガニックシャンプーですね。

天然由来成分配合なので頭皮にもやさしいですよ☆

加齢の場合はなるべく潤いを持たせたいのでコンディショナーもした方がいいです。

原因その8 カラーやパーマの薬剤

過度のカラーやパーマもフケの原因になります。

ブリーチは薬剤の刺激が強いため頭皮についてしまうとかなりの痛みを伴いますよね。

あれは頭皮が軽度のやけどを負っているようなものです。

その為ある程度時間が立つと頭皮がはがれ落ちるようになりそれがフケとなります。

通常のカラー剤やパーマ液は低刺激のものが主流になってきたので、一度や二度でフケが出るようなことはありません。

しかし、頻繁に施術すると頭皮にダメージが蓄積してフケがでることがあります。

毎日のケアも大事ですが、何より適度に期間をあけて施術することをおすすめします。

頻繁にカラーをする場合は頭皮につかないように塗りましょうね。

頭皮に炎症がみられるようなら今すぐ皮膚科へGo!!

皮膚科へ受診することを進める女性

頭皮のかゆみを伴うフケの場合は頭皮の炎症が疑われます。

そのようなお客様がいらした場合はまず髪をかき分け頭皮の状態を拝見させていただいています。

すると必ずと言っていいほど頭皮の炎症がみられます。

炎症とは頭皮に赤い斑点がたくさん出ている状態のことで見ればすぐわかりますよ。

そうした場合はすぐに皮膚科を受診するよう伝えています。

皮膚科では診察したのち、塗り薬を処方してもらえます。

それを数週間塗り続ければきれいに炎症も収まりますよ!

それと同時にフケも収まります。

かゆくなくなったからといってそこでやめずにお医者様の指示に従いしっかり治療しましょうね。

まとめ

フケが出ている人は不潔!という印象ですが、清潔にしている方でもフケは出ます。

その原因をきちんと解明し頭皮改善してやる必要があるということを覚えておいてください。

適切な処置をすれば意外とすぐに治りますよ☆

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

30~40代男性がモテるためのサポートブログを運営

「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました