バスボムの簡単な作り方を紹介!アロマ(精油)を使った手作り入浴剤

バスボム作りに成功して喜ぶ男性アロマテラピー・精油

泡の出る入浴剤を簡単に手作りできるって知っていましたか☆

イチ
イチ

通称「バスボム」って言います!

お風呂時間が楽しくなるうえ、精油(エッセンシャルオイル)を混ぜれば心身のリラックス効果も期待できます♪

100均で材料を揃えられるのでコスパも最高!

お子様と一緒に楽しく作ることが出来るので、夏休みの工作にいかがでしょうか☆

ということで今回は「簡単なバスボム作り」について紹介したいと思います。

それではさっそく、いってみましょう!

材料は100均でOK(精油以外)

バスボム作りの材料

 用意するもの 

  • 重曹
  • クエン酸
  • 片栗粉
  • 容器
  • スプーン
  • 霧吹き
  • 計量器か軽量スプーン
  • 精油(エッセンシャルオイル)

精油以外はすべて100均で揃えられます!

何回も作ることを考えればコスパ最高だと思います♪

 重曹 

山菜のあく抜きなどでも使用される重曹は、弱アルカリの性質を持っています。

イチ
イチ

ベーキングパウダーの主成分としても有名ですね!

食用のものを使用すれば、万が一口に入っても安心です☆

また、お風呂についた皮脂汚れなども取り除いてくれるので掃除にも助かります。

 クエン酸 

レモンなどの酸っぱい成分が、クエン酸です。

クエン酸は酸性なので、水垢などの汚れ落としに最適です☆

また、肌の古い角質を取り除いてくれる(ピーリング効果)ので肌サイクルの改善にも役立ちます。

イチ
イチ

このクエン酸が、重曹と化学反応することで泡が出るんですよ☆

 片栗粉 

もちろん食用なので、安心です☆

片栗粉は、作る際にパラパラになって失敗しないためのつなぎのような役割を担います。

塩でも代用できますが、刺激や固まり具合を考慮してこちらを今回は使います☆

お風呂の底にたまるなどの情報もありますが、私が作るバスボムは小さめなのでそのような現象はありません!

 容器 

100均に行くと、バーベキュー用の器が売っています。

なるべくこぼれないように、大きく深めのものを選ぶようにしましょう!

 スプーン 

どんなものでもいいですが、混ぜやすいように大きめのものを選びましょう。

箸や棒などでも代用できますが、型に入れる際や混ぜる際にはスプーンの方が使い勝手がよかったので、こちらを選びました。

 霧吹き 

大きいものだと一吹きでかなり水が出てしまうので、できることなら小さめのスプレーにしましょう☆

私は自分のお店にあったもので代用しましたが、霧が細かく出るものを選びました。

 計量器か軽量スプーン 

一番簡単なのは計量器ですが、計量スプーンでも代用できるので無理に買う必要はありません☆

 精油 

精油の種類はたくさんありますが、リラックスしたい場合はラベンダーゼラニウムフランキンセンスなどがおすすめです☆

柑橘系の精油は刺激が強いので、使用する際は少なめにしてください。

ちなみに、100均で売られているアロマオイルは精油ではないので使わないでくださいね☆

違いについては「精油が100均で売ってる!?アロマオイルと精油の違いとは?」で解説していま☆

 この他にあったら良いもの 

  • 「お菓子つくりの型」 ・・・ いろいろな形を楽しめます☆
  • 「ゴーグルor眼鏡」 ・・・ 作る過程で目に入らないよう防止するために使用します
  • 「簡易的なビニール手袋」 ・・・ 手荒れの方やアトピーの方などは、手袋をはめて作業した方がいいですよ♪
  • 「新聞紙」 ・・・ 周りにこぼれてもいいように念のため敷いておきましょう!片付けも簡単になりますよ☆

バスボムの作り方

重曹・クエン酸・片栗粉の比率を  2:1:1  の割合で配合します。

計量スプーンの場合、同じ大さじ1でも重曹、クエン酸、片栗粉の重さはそれぞれ違います。

しかし、そこまで気にしていては面倒なので「大さじ1は大さじ1」として考え、2:1:1の割合で作っちゃいましょう☆

バスボムの型と材料

今回使用する型は氷を作るものです。このサイズの型に使用する材料の量を教えると・・・

重曹100グラム・クエン酸50グラム・片栗粉50グラムです。

この量を測るのは計量スプーンでは大変なので、私はお店にある計量器を使用してさっと計り終えました☆

精油も、このタイミングで入れちゃいましょう!

今回は、「ヒノキのような樹木の香り」を楽しみたかったので、フランキンセンスの精油を使用します☆

仕上がりは一つ一つが小さなバスボムになるので、もうちょっと精油を入れたかったのですが今回は5滴に抑えました。

では混ぜていきます!

バスボムの材料とスプレーヤーの水を混ぜる

今回使用する霧吹きは、霧が細かいものを使用しています。

粒が大きくたくさん出る霧吹きは、水をかけたとたん重曹とクエン酸が反応し「シュワシュワシュワー!!」と発泡してしまいます!

1回かけては混ぜ、またかけては混ぜを何回も繰り返しましょう☆

そうしているうちに、だんだんとスプーンから伝わってくる粉の感触が変わってきます。

初めは「サラサラ」した感じですが、次第に重くしっとりとした感じになってきます☆

霧吹きの性能によって何回吹けばいいのか断言できませんが、失敗しないためにも「少し水が足りないかな?」程度になったら一度粉を握ってみてください!

バスボムの仕上がり確認

見た感じまだ粉のままですよね。

でも「ちょっとしっとり重くなってきたかな?」程度でも十分固まるのでここで一度握ってみます。

バスボムを握ったら固まった

「おっ!だいぶいい感じに固まったぞ!でも、もうちょっとしっとりした方がいいかな。」という感じ(これは自分の感覚です)だったので、もう少し水を足して完成にしました☆

イチ
イチ

握って、ある程度型崩れしなければそれでOKですよ!

あとは先ほど用意した型に入れるだけ!

ふんわりと入れては固まらないので、指で一つ一つ「キュッキュッ」としっかり詰め込みます。

そして出来上がったのがこちら↓↓↓

バスボムを型にいれ乾燥させる

使用した量は、重曹100グラム・クエン酸50グラム・片栗粉50グラムですが、型に入れると少し余る程度でした☆

余ったバスボムの材料はラップに包んでぎゅっと握っただけの玉にしました♪

このまま一日放置して固まるのを待ちます。

早く使いたいのはわかりますが、しっかり固まってほしいという気持ちがあったため一日放置しました。

そして翌日

触ってみるとだいぶカチカチになっていたので、ここで取り出しにかかります!

氷作りの型なので、氷を取り出すときのようにまずは入れ物をねじりましょう☆

そのあと、事前に敷いておいた新聞紙の上に「ドンッッッ!!!」と一気にひっくり返します

少したたきぎみに1回ひっくり返せば全部が綺麗にでてきます!

できたものがこちら!!!

いろんな形のバスボム

こんなにきれいにできました!(はじっこひとつ割れちゃいましたが・・・)

一つ一つの大きさはこんな感じ↓↓↓

手のひらにのせたバスボム


この小さいバスボムにはメリットがあります!

それは、入浴する人に合わせて入れる数を変えられるということです☆

お子さまが一緒に入る場合や乾燥肌の方は1つや2つにして、それ以外の方はもう少し足してみるといった感じで量を調節できます♪

「大きいバスボムを作りたい!」という方もいると思います。

しかし、初心者の方は特に固まらないなどの失敗が多々見受けられますので、まずはこちらを試してみてからの方がいいかもしれませんね☆

注意点

 クエン酸の取り扱い 

クエン酸は酸っぱい成分なので、万が一目に入った場合レモンの汁が目に入ったかのようにかなりしみます。

そうならないためにも。眼鏡やゴーグルをかけて作業するもがいいかもしれません。

 手荒れや敏感肌 

手荒れしている方や傷がある方は、作成中しみたりヒリヒリする場合があります。

そういった方は、簡易的な薄いビニール手袋でいいので着用して作業しましょう。

 霧吹きの水分量 

霧吹きの穴が大きく水の量がたくさん出ると、発泡がすぐに始まってしまいます

作っている間にシュワシュワ成分が出てしまい、いざお風呂に入れるときには全く泡が出ない!といったことが起こりかねません。

そうならないためにも、細かいミストの出る霧吹きを用意しましょう☆

イチ
イチ

一番大事な作業がこの 水を足すところですからね☆

 使用期限 

出来上がったものは、出来るだけ早めに使い切りましょう。

精油の芳香成分が揮発してしまうと、思ったほど効用が得られなくなります。

保存する際も、ジップロックにいれ口をキュッと閉めて保存してくださいね☆

 刺激 

敏感肌の方や乾燥肌の方など特にですが、刺激があった場合はすぐに使用を中止しお湯で体を洗い流してください。

 年齢 

3歳未満のお子様には精油の使用を避けた方がいいので、使用しないでください。

 使用感 

ヌルヌルがなんとなく気になる方は、お風呂上りにシャワーで洗い流してから上がってください!

 使いまわし 

お風呂のお湯は洗濯には使用しないで、そのまま捨ててください。

 使用する精油 

使用する精油は、植物成分100%のものを使用してください。

アレンジ

 色々な型 

今回は氷の型を使用しましたが、クッキー作りやチョコ作りの型などを使用すれば、いろいろな形を作ることができます☆

よく、ガチャガチャのカプセルを使用するという方がいらっしゃいますが、私が使用した感想はかなり難しいと感じました。

イチ
イチ

へたくそというのもありますが、うまく固まらせることができなかったんです・・・

初心者が簡単に作りたいのならば、きちんとした型を使用した方がいいと思います!

カプセルは作りなれてから使用するようにしましょう☆

 おもちゃを入れる 

少し大きめのものを作って、中におもちゃを入れれば子供が楽しめます♪

 色を付ける 

食紅を使えば、いろいろなカラーを楽しめます☆

イチ
イチ

これも100均で売っていますよ!

混ぜる工程で食紅を垂らして、好きな色合いに調整しましょう☆

最後に

今回簡単な作り方を紹介しました☆

この作り方なら小学生でも楽しみながら作成することができます!

学校の学年行事夏休み冬休みの自由研究の際にバスボムを作ってみるのもいいかもしれませんね☆

実際、私は小学校の学年行事でバスボムを作って楽しんだことがあります!

イチ
イチ

精油も何種類か持って行って、どの香りが好きか嗅いで選んでもらいました♪

みんな楽しそうに香り選びをしていて、こちらもうれしくなったのを覚えています☆

このように楽しみながら作ることができ、なおかつ低予算でバスボムを作れるので、ぜひみなさんも作ってみてはいかがでしょうか♪

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

30~40代男性がモテるためのサポートブログを運営

「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました