アロマテラピーを仕事に役立てる!まずは精油ブランドと卸契約しよう!

アロマテラピー・精油

アロマテラピーの資格を取った後,その資格を活かした仕事がしたいと考える方も多いはずです。

  • サロンを開いて独立したい方
  • 美容院・理容室でアロマを活かしたい方
  • 医療関係に用いたい方
  • 飲食店でアロマを使いたい方

様々なシーンでアロマは活用できます。

私 イチ はもともと理美容業界に従事しているためそこでアロマテラピーを活かしたいと思い資格を取りました!

イチ
イチ

メニューの多様化を考えてアロマを選んだんです♪

 

しかし、自分でお店を持つとわかりますが経費削減には常に頭を悩まされます。

そしてアロマテラピーにかかる費用もまたしかり・・・。

精油からその他の基材まで揃えるとなるとかなりの経費がかかってしまいます。

そこで私は精油の使い道によって仕入れるブランドを変えることを考えました。

 

そうした時に、実は精油ブランドと卸契約できることがわかったんです!!

blank

気づくの遅っ!!

イチ
イチ

アロマテラピーはずぶの素人だったので・・・。

 

卸契約は経費削減にうってつけなのでぜひみなさんも契約してみましょう!

ではさっそく解説していきたいと思います☆

アロマテラピーを仕事にするには資格が必要

アロマテラピーとは芳香療法のことで、精油の香りや成分を活用し心身の改善に役立てる療法です。

他人の体に施術する場合には資格が必要で誰でもできるものではありません。

お店を開き、アロマトリートメントを行いたい場合はセラピストの資格が必要ですし、教室を開きたい人はインストラクターの資格が必要になります。

どちらもまずは、アロマテラピーアドバイザーの資格を先に取らなければいけません。

 

 

ちなみに、アドバイザーの資格だけでは自分のお店や教室を持つことはできませんよ。

私もAEAJのアロマテラピーアドバイザーの資格を取得していますが、そのままではお客様に施術することができません。

 

しかし、仕事上フェイシャルエステティシャンの資格を取得しているため、限定的に施術が行えるのです。(顔のトリートメントのみ)

アロマテラピーを仕事にしたい場合には、まず資格をとるところからはじめましょうね!

※イチ の本業は理美容業界です。

精油ブランドによって卸契約ができる!

卸契約できるのはショップ・スクール・治療院・美容室・ネイルサロンなど事業を営んでいる方限定です。

個人での契約はできせん。

私はお店で使用するためだったので卸契約ができました!

 

しかし、全ての精油ブランドが卸契約できるわけではありませんでしたね。

私がフェイシャルトリートメントに使用している精油はプラナロムなのですが、こちらは卸契約できませんでした。

そのかわり、生活の木・フレーバーライフの2社と卸契約させていただきました☆

 

この2社の精油は直接お客様には使用していませんが、ディフューザーに使用したり小物を作ったりとお店のあらゆるところで使用しています!

精油だけでなくそのブランドで売っている基材も安く仕入れることができるのでとても助かっていますよ♪

 

契約方法も簡単☆

登録はWEBから簡単に行うことができます。

審査に通過すればすぐに卸価格で購入することができるようになりますよ♪

私が登録した、生活の木とフレーバーライフの2社の登録フォームをこちらに掲載しておきますので参考までにどうぞ☆

 

生活の木 ホールセールクラブ 申し込み

フレーバーライフ 業務取引 申し込み

 

精油ブランドの選び方

精油といってもたくさんのブランドがあり、どれを選んで使用すればいいか迷う方もいますよね。

私がプラナロムの精油をフェイシャルトリートメントに使用するようになったのも、アドバイザーの資格を取るために受講させていただいた認定校の先生が使用していたからです。

その先生にはフェイシャルエステも個人的に講習させていただきました☆

その流れでプラナロムの精油を今も使い続けているのです。

後々わかりましたがプラナロムの精油はケモタイプ※1と呼ばれ、精密な成分分析のされたものだとわかりました。

イチ
イチ

はじめは何もわからず先生の真似をしただけだったので・・・・

アロマテラピーに携わる上でプラナロムの精油は的確に精油の効用を得られると思っているので今後も使い続けていこうと思っています!

 

※1 ケモタイプとは

植物の成分を化学的に分析してその含有率により分類することをいい、「化学種」とも呼ばれています。

自分で動くことのできない植物は、その土地の気候や土壌、風土などにより同じ植物でも成分の構成比が違ってきます。

これを化学的に成分分析することでその植物の有効成分を知ることができ、効果的にアロマテラピーに用いることができるようになるのです。

心身に及ぼす効果を的確に知ることができるのがケモタイプの強みと言っていいでしょう!

「だからみなさんもプラナロムの精油を使いましょう♪』とは言いません。

実際はどこのブランドの精油でもいいと思います。

あなたが実際嗅いだ時に気に入ったものや、販売店が近くで購入しやすいブランドのもの。
何でも構いません!

 

あなたの感性とライフスタイルに合った精油ブランドを選びましょう。

 

ただし、精油は天然100%の植物成分でなければいけません。

きちんとした精油ブランドかは確認するべきです。

私がおすすめする一番簡単な確認方法は「AEAJの表示基準適合認定精油かどうか確認する」ことです!

そちらの基準を満たしている精油ならば安心して使用できますよ。

 

こちらにAEAJ認定ブランドリストのリンクを張っておきますので是非参考にしてみてください☆👇

AEAJ表示基準適合認定精油 ブランドリスト

 

※安心して使用できるといっても使用上の注意事項はきちんと守りましょうね。
精油は間違った使い方をすれば心身に悪影響を与えるものだという認識は忘れないでください。

 

まとめ

アロマテラピーを仕事にする際には自分の納得した精油ブランドを使用しましょう。

そして、卸契約できるのであればすぐに登録して少しでもお店の経費削減に努めてください☆

もしかしたらとても安く仕入れることができるかもしれませんよ♪

個人的には使用目的の違いで精油ブランドを変えてみるのをおすすめします。

 

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

30~40代男性がモテるためのサポートブログを運営

「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました