知らないと失敗する!?美容院の開業、経営で覚えておきたいポイント【まとめ】 

美容室の開業経営で覚えておきたい知識理容師・美容師
  • 独立したいけど、やっていけるか不安
  • 経営で失敗しない秘訣を知りたい
  • どんなことに気を付けて独立すればいいの?
  • 開業した人の意見を聞きたい!

美容師や理容師にとって、「独立して開業する」というのが一番の目標のはずです!

イチ
イチ

私も理美容師になって、目標にしていたのはそこでした☆

しかし、自分でお店を経営していくことに不安があるのもわかります。

一番の不安は「お客様が来なくて売り上げがでない」ということではないでしょうか!

そこで今回は、「失敗しないために覚えておくべき知識」について解説します。

この記事では、「これを覚えておくと経営がスムーズにいくよ☆」というサブ的なアドバイスをします!

イチ
イチ

売り上げに直結することが少ないかもしれませんが、継続してお店をやっていく上で大事なことばかりです☆

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

■「週刊SPA!」に識者として参加
 
20歳の頃ハゲる宣告を受けるも、育毛とアロマを続けた結果40歳過ぎても髪生存中!
 
髪や体に関する悩みの解決法とアロマの有効性をメインにブログで発信。 

記事の監修・商品レビューのご依頼も受け付けています☆
 

イチをフォローする

独立する前からしっかり心構えをもつ

独立前にしっかり準備する男性

美容院を開業するということは、あなたが経営者になるということです。

イチ
イチ

これからは、自分の力で収入を得ていかなければいけません

今までスタッフとして働いていた方は、収入の不安定さに困惑すると思います。

今あるお金で、経費の支払い、借入金の返済、生活費などをうまくやりくりしなければいけないからです。

イチ
イチ

お金の管理、お店のウリ、しっかりとした未来像などを事前に明確にしておく必要があります!

ただ楽をしたいがために独立するという考えでは、失敗する可能性があります。

前もった心構えと準備が、開業する際には大切というわけです☆

私が独立する際に、「これは大事だ!」と思った心構えを下記で解説しています。

イチ
イチ

参考にしてください

組合に入るか検討

美容組合に入るか検討する女性

美容業界、理容業界ともに、組合があります。

組合に加入すれば、お店を開業する際に低い利率で融資を受けられます。

イチ
イチ

融資に関しては、だいぶ恩恵があります

ただし、最近では組合に入るメリットがあまりないとも言われています。

あなたがお店を始める際には、組合に加入するべきなのかをしっかり検討するべきです。

ターゲット層を考えたお店作り

お店を掃除する美容師

お店を開業するにあたって、ターゲット層を考えたお店作りをする必要があります。

イチ
イチ

あなたの得意分野で勝負できるお店作りが、長く経営していく秘訣だからです

例えば、30代~40代の男性女性をターゲットにする場合。

店内ににぎやかな音楽を流すよりも、落ち着いたリラックスできる音楽を流した方がいいでしょう。

イチ
イチ

日々の疲れや、落ち込んだ気持ちをリフレッシュしに来られるお客様が多いので☆

内装は、きらびやかな装飾があるよりも、シンプルな作りが好まれます。

このように、お店のイメージによって来店されるお客さま層も多少なりとも変わるということを覚えておきましょう。

好きなようにお店をカスタマイズすることは、確かに大切です。

ただし、度を過ぎない程度にしておいてください。

イチ
イチ

あくまでも、お店のコンセプトに合わせることが大切です

キャッシュレス決済の導入を検討

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済を導入するべきか、しっかり検討しておく必要があります。

ひと昔前までは、美容院、理容室ともに現金払いが主流でした。

今は、どこに行ってもキャッシュレス決済が当たり前になりつつあります。

イチ
イチ

現金を持ち歩かない人も増えてきたので

開業するにあたり、キャッシュレス決済の導入は必ず検討しましょう☆

ただし、経営していく中で現金を手元に置いておけない不安があります。

今すぐお金が必要だという時は、大変になるかもしれません・・・。

キャッシュレス決済は手数料が引かれたお金が入金されるため、純粋に売り上げも減ります。

イチ
イチ

個人経営にとっては、結構痛いところです

こういったこともしっかり理解したうえで、検討してください。

キャッシュレス決済のメリットデメリットに関しては、下記で詳しく解説しています。

仕事を休まないための、入念な体ケア

ストレッチする男性

自分のお店を出すということは、あなたが先頭に立って切り盛りしていかなければいけません。

イチ
イチ

なにをするにも、あなた自身の負担は大きくなります

はじめは気が張っているため、大丈夫かもしれません。

しかし、徐々に疲労が蓄積していくことで、身体的に限界がくることもあるんです。

一日の疲れはしっかりとり、次の日に引きずらないような生活を心がけましょう!

イチ
イチ

手荒れも注意してください

万が一、体調を崩してしまうと最悪お店を休まざるをえなくなります。

イチ
イチ

休んでいる間の収入は、0になることも十分考えられます

そうならないためにも、入念な体のケアが重要というわけです。

お客様とのトラブルに備える

お客様とのトラブル

必ずしも、お客様とのトラブルがないとは限りません。

もしものために、いろいろと事前に準備しておくことも重要になります。

理美容師の免許証(証明書)は、必ず手元に置いておきましょう!

いざという時、きちんと資格があるということを簡単に証明できるからです。

イチ
イチ

開業届を出す際にも必要です

どこにいったかわからない場合は、すぐに再発行してもらいましょう。

再発行方法に関しては、下記で解説しています。

万が一お客様にケガを負わせてしまった場合のために、共済に加入しておくと安心です。

例えば、組合に加入すると、「賠償責任補償共済」というものに入ることができます。

イチ
イチ

このために組合に加入している方も、結構いるんです

もしもの備えに、共済に加入しておくことも視野に入れておきましょう!

他にも、身近な人の不幸によって、やむなく店を休まなければいけない場合があります。

突然お店を休むと、予約していたお客様は何があったのかわからず、トラブルにもなりかねません。

そうした場合は、きちんと店先に事情を説明する張り紙などをすることをおすすめします。

「急なお休みの取り方」については、下記で解説しています。

2022年現在、美容師と理容師が同じ職場で働くには条件があります。

メニューを幅広くしたいがために、美容師と理容師をむやみに一緒に雇うことはできません。

イチ
イチ

お客様と何かあった場合、営業形態について訴えられる可能性もあるので

どうしたら美容師と理容師を一緒に雇用できるのかは、下記で詳しく必要してます。

理美容師両方雇いたい方は、参考にしてください。

徹底した衛生管理

お店の消毒をする男性

人と密に接する美容院は、衛生管理の徹底が必要不可欠です。

イチ
イチ

お店を経営していくうえで、管理資格は取っておきましょう!

衛生管理のみならず、スタッフを雇う際にも必要になります。

まだ取得していない方は、下記を参考に取得してください。

今は、マスクをつけての接客が当たり前になっています。

イチ
イチ

お客様を不安にさせない営業を心がけましょう!

お客様は、美容師の服装もしっかり見ています。

イチ
イチ

自分のお店だからと、適当な服装をしていいとも限らないんです

最低限、お客様を不快にさせない服を着るようにしましょう!

ハサミは、すべてのお客様に必ず使います。

イチ
イチ

最近は「ハサミの消毒はどうしてるの?」と聞いてくるお客様も、チラホラ見かけます

お客様に安心してもらうため、消毒設備やメンテナンスはしっかりしておきましょう!

店内の消毒にも力を入れ、安心して来店していただけるリラックス空間を作っていきましょう!

料金の値上げの仕方とタイミング

理美容室の料金値上げ

お店を経営していく上で、いつかは料金の値上げを検討する時期が必ずきます。

経済状況、物価の上昇、賃金の値上げ、光熱費の上昇などなど。

イチ
イチ

さまざまな状況に適切に対応しなければ、経営が厳しくなるからです

「最近売上も減ってきたし、一人当たりの単価を上げようかな」なんて、安易に考え値上げをしてはいけません。

値上げするということは、お客様の負担が大きくなることは確実です。

お店のサービスが料金に見合っていなけければ、お客様は離れてしまうことになるんです。

失客が増えれば、より一層経営は成り立たなくなります。

料金の値上げを検討する際は、あなたのお店のサービスが値上げに見合っているのか、もう一度確認しましょう!

まとめ

美容院を開業して、長く経営していけるか不安を抱えている美容師は多いはずです。

イチ
イチ

行き当たりばったりの経営では、失敗する可能性があがります

前もった心構えと準備をしっかりすることで、経営がスムーズにいきます☆

「失敗しないために覚えておくべき知識」をまとめるとこちらになります↓

  1. 独立する前からしっかり心構えを
  2. 組合に入るか検討
  3. ターゲット層を考えたお店作り
  4. キャッシュレス決済の導入を検討
  5. 仕事を休まないための入念な体ケア
  6. お客様とのトラブルに備える
  7. 徹底した衛生管理

今回解説したものは、売り上げに直結するような秘訣ではありません。

ですが、長くお店を経営していく上でとても大切なことばかりです。

イチ
イチ

実際私が体験して思ったことなので、ぜひ参考にしてください☆

というわけで今回は、「失敗しないために覚えておくべき知識」について解説しました。

これからの未来を担う美容師、理容師さんの役に立てば幸いです。

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

■「週刊SPA!」に識者として参加
 
20歳の頃ハゲる宣告を受けるも、育毛とアロマを続けた結果40歳過ぎても髪生存中!
 
髪や体に関する悩みの解決法とアロマの有効性をメインにブログで発信。 

記事の監修・商品レビューのご依頼も受け付けています☆
 

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました