アロマ石鹸を手作り♪ みんなでお家時間を楽しく過ごそう☆

アロマ石鹸アロマテラピー・精油

お家時間が長く退屈そうなお子様やプレゼントは手作りを♡と考えているあなた!

アロマ石鹸を作ってみませんか☆

作り方もとっても簡単なうえ、遊び感覚で楽しく時間を過ごすことが出来ますよ♪

色を付けたりハーブを入れたり、好きな形にも作れちゃいます☆

アレンジが豊富なのでぜひあなただけのナチュラルソープを作って楽しみましょう!

それでは、今回もアロマテラピーアドバイザーの資格を持つ理美容師の イチ ができる限りわかりやすく解説していきたいと思います!

イチ
イチ

お粗末ですが、みてくださいね☆

ではさっそく、いってみましょー!

 

グリセリンソープ

グリセリンソープ

そもそもグリセリンとは、脂肪・油脂からとれる無色透明で保湿能力の高い成分のことで、そのグリセリンを主成分にした石鹸というのがグリセリンソープなのです!

一切の合成界面活性剤やプロピレングリコールなどの化学物質を使用しない石鹸なので、どなたでも安心して使用いただけますよ☆

 

また、作り方がとても簡単で仕上がりまでの時間も短いことからお子様も楽しんで制作に取り組めます☆

色々な型を使っておしゃれな石鹸を作ってみましょう♪

イチ
イチ

ジュエルソープ(宝石のような形の石鹸)というのが有名ですよ♡

 

用意する材料

材料さえ揃えてしまえば、あとはあなたの好きなように作って遊ぶだけですよ♪

  • グリセリンソープ
  • 色を付けるもの(食紅・カラージェル)
  • ドライハーブ(あればきれいです☆)
  • 精油
  • 紙コップや耐熱容器
  • スプーン
  • カッターや小さい包丁(ナイフ)
  • ビニール手袋
  • 色々な型(100均でOK!)

 

 グリセリンソープ(クリア) 

石鹸の元となるものですね☆
クリアとホワイトの2種類ありますが、クリア(透明)の方がいろいろとアレンジできますのでおすすめです!
レンジで簡単に溶けるので石鹸の制作にはうってつけなんですよ♪

 

 

 色を付けるもの(食紅・カラージェル) 

石鹸に色を付けるために使用します。
食紅も使用できますし石鹸作りに用いられるカラージェルというものもあります!
透明のグリセリンソープを選ぶ理由は着色できれいにな色を出すためなんです☆
ぜひ着色してみてくださいね♪

 

 ドライハーブ 

石鹸の中にドライハーブを入れれば見た目も華やかになります☆
また、ほのかに香る花の香りが高級感を漂わせますよ♪

 

 精油(エッセンシャルオイル) 

精油(エッセンシャルオイル)を使用すれば香りの良い石鹸を作ることが出来ます☆
また、精油の効用も得られるため様々なスキンケアが可能になります!
使用する際は100%天然成分のものを使用しましょうね♪
100均などで売っている「アロマオイル」は肌に使用できません。
100均のアロマオイルが使用できない理由は「精油が100均で売ってる!?アロマオイルと精油の違いとは?」で紹介していますのでご覧ください☆

 

※ここで紹介する精油は3mlのものを紹介しています。

 

 ラベンダー 

肌の湿疹や炎症を和らげる作用があります。皮膚の修復作用に優れているため昔からスキンケアに用いられてきた精油ですよ☆

 

 ゼラニウム 

バラの香りに似た精油として有名です☆抗菌・抗炎症作用に優れているためスキンケアに最適ですよ☆

 

 フランキンセンス 

皮膚を活性化させハリをもたせ、しわやたるみを予防します!収れん作用があるため皮脂分泌を整えてくれますよ☆

 

 ローズマリー 

樟脳(しょうのう)のような香りが特徴的です。リフレッシュ効果があり「若返りのハーブ」として有名ですよ☆

 

 紙コップや耐熱容器 

グリセリンソープを電子レンジで溶かすために使用します。

石鹸を作る大きさによりますが、そこまで大きなものは必要ありませんよ☆

100円ショップのもので十分です♪

 

 スプーン 

電子レンジで溶かしたグリセリンソープに着色紅や精油を入れ、混ぜる時に使用します。

 

 カッターや小さい包丁(ナイフ) 

グリセリンソープが大きなかたまりの場合、早く溶けるよう小さくカットしなければいけません。

※初めからカットされているものもあります☆

また、宝石型など好きな形に削りたい時にも使用しますよ☆

イチ
イチ

お子様が使用する場合は軍手などを付けた方が安全ですね!

 

 ビニール手袋 

グリセリンを電子レンジで溶かすと液体状になります。

万が一こぼしてやけどをしたなどということがないよう、ビニール手袋を使用した方がいいでしょう!

※手を守ってくれるものならなんでもいいですよ☆

また、精油が直接皮膚につくのを防ぐ役割もあります♪

精油の取り扱い注意点は「【注意】エッセンシャルオイルを安全に使う為に覚えておくこと 5選」で紹介していますので、念のため一度ご覧になってもいいかもしれませんね☆

 

 

 色々な型 

溶かしたグリセリンを流し込み、好きな形に整えます。

固まったら取り出しやすいよう、柔らかめの型がおすすめですよ☆

手作りアイス用の型を使用すればアイス型の石鹸を作ることもできます♪

とにかく型となりそうなものがあったらどんどん使っていろいろな形の石鹸を作ってみましょう!

簡単な作り方

さぁ、道具が揃ったならばあとは作るだけ♪

作り方はとっても簡単なのですぐ覚えちゃいましょー♡

  1. 固形のグリセリンソープを1~2㎝角くらいにカットします。
  2. カットしたグリセリンソープを紙カップまたは耐熱容器に入れ電子レンジで温めます。(10秒~15秒)
    ※液体状に溶けたことを確認したら注意して取り出しましょう!(熱くなっています!)
  3. 精油・ドライハーブ・食紅(カラージェル)をいれよくかき混ぜます。
    ※ここで固まってきてしまった場合は改めて電子レンジで数秒温めなおしましょう!
  4. 用意した型に流し込み1~2時間待って固まったら完成☆
    後は取り出して使うだけですよ♪

注意すること

精油は作る石鹸の容量に対して1%以下にしましょう。

これは精油を安全に使用するために定められた希釈の基準となります。

例〉
グリセリンの量が50gの場合精油は0.5mlとなります。通常、精油のドロッパー瓶は1滴0.05mlのため、10滴垂らせばOKということですよ☆
100gの場合は20滴、25gの場合は5滴を基準に精油を使用しましょう!

精油は揮発性のため、数日たつと香りが飛んでしまいます。

香りを楽しみたい方は早めに使い切ることをおすすめします☆

 

揮発しにくい精油が知りたい方」や、「いろいろ精油をブレンドしてみたい!」という方は「エッセンシャルオイル(精油)のブレンドには揮発性が重要だった。」を参考にしてみてくださいね♪

 

保存方法

作ったものはラップで包んだりジップロックなどで香りを閉じ込めておき、早めに使い切りましょう!

イチ
イチ

手作りなんで長期保存はおすすめしません・・・

 

ちなみに、アロマを使ってバスボム(お風呂に入れるとシュワシュワするやつ!)なんかも作れちゃいますよ♪これもお子様と一緒に作って遊ぶことが出来ますので気になる方は「アロマ(精油)を使って簡単バスボムを手作りする!コスパ最高入浴剤!」を参考にしてみてください☆

 

石鹸素地を使った石鹸の作り方

石鹸素地を使って作った石鹸

石鹸素地というのは、石鹸を春雨(はるさめ)の短いバージョンのように細かくした状態のものをいいます。

これを適量の水やハーブティーを混ぜながらこねることで石鹸になるのです☆

こちらは粘土のように遊べますのでこれもまた楽しい石鹸づくりができますよ☆

材料

  • 石鹸素地
  • 水またはハーブティー
  • 精油
  • ドライハーブ(入れたい方のみ)
  • 食紅やカラージェル(色を付けたい方のみ)
  • お菓子の型抜き(型を使い方のみ)
  • はちみつ(なくてもOKですが石鹸の保湿性が増し、きめ細かい泡立ちになりますよ☆)
  • ビニール袋
  • ビニール手袋
  • ラップ

 

 石鹸素地 

石鹸素地

細かくカットされた石鹸のことを石鹸素地と言います☆
アンティーク調の石鹸を作ることが出来ますのでプレゼントには最適ですよ♪

 

作り方

今回は石鹸素地を300g使用する場合の配合割合です。

半分の150gにする場合はすべて半分の量で配合してくださいね☆

  1. 水でも作ることが出来ますがハーブティーを使用すれば香りの立ち方が断然違います!
    もしハーブティを使いたい方は先に作っておきましょう!
    例〉 好みのハーブ10gに対し熱湯40ccをいれ1~2分置いておく。
  2. ビニール袋に石鹸素地300gを入れ、好みのドライハーブや精油5~10滴、はちみつ小さじ1を入れます。
  3. 先ほど作ったハーブティーを2~3回に分けて混ぜあわせましょう。
    ※1回入れたらよくもみ、また入れる!といった感じで作りましょうね!
  4. 耳たぶくらいの柔らかさになったら完成!
    ビニール手袋をつけて粘土のようにこねて好きな形に作りましょう☆
  5. 型を使う場合は中にラップを敷き、取り外しやすくしておきます。
  6. そこに先ほど作った石鹸を詰め込みます。
  7. 型押しがまんべんなく終わったら、ラップの端をもってそっと取り出しましょう♪
  8. ラップからはがし、風通しの良い場所で4~5日乾燥させて完成となります!

 

デメリット

石鹸素地を使ってアロマ石鹸を作った場合、最低でも4~5日乾燥させなければいけません。

すぐに使うことが出来ないのが唯一のデメリットですね・・・。

そこがグリセリンソープとの大きな違いと言ってもいいでしょう。

しかし、見た目はシックで大人向けの仕上がりになるためプレゼントにはこちらの方が向いているかもしれませんよ☆

他にもアロマのプレゼントは様々あります☆どのようなものがあるのか気になる方は「アロマ(香り)のプレゼントは新鮮!!男性もきっとうれしいはず♪」をご覧ください☆

 

最後に

お家で時間を持て余しているなら、いつもはできないことをして遊ぶのもいいかもしれませんね♪

精油の香りも楽しめますし、自分で作った石鹸ならばみんな進んで手洗いしてくれるはずですよ☆

とっても簡単に作れますのでぜひみなさんも作ってみてはいかがでしょうか♡

 

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

30~40代男性がモテるためのサポートブログを運営

「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました