イライラを抑える手段にアロマを活用!精油の香りで落ち着きを取り戻す

イライラして頭をかきむしる男性アロマの効果

人間誰しもイライラすることがありますよね。

対人関係や仕事のトラブル、自分が納得した結果を得られない時など特にイライラしがちです。

そんな時は、アロマ(精油)の効用を活かしてイライラを吹き飛ばしてしまいましょー♪

きっとあなたの役に立ってくれるはずですよ☆

  • なぜアロマがイライラを抑えることが出来るの??
  • どういった方法でアロマを使用すればいい?
  • 自律神経に有効な精油はどれ?

など、そういった疑問が出るかと思いますのでアロマテラピーアドバイザーの資格を持つ イチ が詳しく解説したいと思います!

ぜひ参考にしていただきアロマを有効活用してくださいね☆

では、さっそくいってみましょー!

イライラの原因をまずは知ること!

「イライラ」とは、あなたの「困る」・「悲しい」・「苦しい」などの様々な感情が積み重なって生まれてくるものです。

まずは、日常生活のどのシチュエーションでそのような感情が湧き起こっているのかをしっかり理解することから始めてみましょう。

 

そして、イライラの原因が分かったならば自分なりのスタンスで気持ちを整える努力をしてみましょう。

少しイライラの原因から離れてみたり違ったことに取り組むなど。深く深呼吸するのも効果的ですよ☆

 

ある程度イライラのピークが過ぎたことを確認したのち、アロマを使用してみます

すると気持ちが落ち着き、きっとリラックスすることができるはずです♪

アロマ(香り)は自律神経を整えてくれる

なぜアロマがイライラに効果的なのか?

それはアロマの効用に自律神経を整える作用があるためです。

そもそもイライラするのは自律神経の乱れが引き起こす現象であり、症状が続くと体調不良まで起こしかねません。

一度乱れた自律神経はなかなか整えることがむずかしくなりますが、それを助けてくれるのがアロマなのです!

自律神経とは

自律神経とは「交感神経」と「副交感神経」の2つあり、相互が互いにバランスを取り合うことで心身を健康な状態に保つことができるのです。

 

 交感神経 

交感神経は体を活発にする働きがあります。

心拍数が上がり血管を収縮することで血圧も上昇、運動中に便意や尿意が来ないよう腸の活動を抑えます。

気分が高揚している状態の時は、交感神経が活発に活動している証拠ということです。

すなわち、イライラしている時というのはこの交感神経が活発な状態と言えます。

 

 副交感神経 

副交感神経は体の休息時に働く神経です。

就寝時や休憩などのリラックスタイムに交感神経から切り替わります。

心拍数が下がり血圧も下降、腸内が活発に動き出し排便・排尿を促します。

イライラの改善にはいかに副交感神経を働かせるかが大事になってきます。

良質な睡眠や休憩がとても大事になりますので、そこでアロマを用いるのがいいでしょう☆

 

イライラすると交感神経が活発に働き血圧の上昇や呼吸の乱れ、腸内の不調につながります。

通常なら副交感神経がブレーキとなり鎮めることが出来ますが、イライラが多く長引くと自律神経のバランスが崩れ副交感神経がうまくブレーキをかけることが出来なくなるのです。

 

その結果、体調に異変が現れてしまいます。

そんなバランスの崩れた自律神経を整える作用がアロマにはあります!

イライラしにくいからだ作りのためにも、存分にアロマを有効活用しちゃいましょう☆

 

ここで用いるアロマとは精油(エッセンシャルオイル)のことを指しています。
100均で売っているアロマオイルとは違うもですよ☆

 

何が違うの?と気になる方は「精油が100均で売ってる!?アロマオイルと精油の違いとは?」という記事で詳しく説明していますのでぜひご覧ください♪

 

アロマ(精油)の最適な使い方

香りの元となる精油分子は、鼻から体内に入ると嗅覚の伝達経路を経て電気的信号に変換され脳へと伝達されます。

その情報が自律神経を司る視床下部まで送られることで精神のバランスが整えられます。

 

基本的に「嗅ぐ」という行為からアロマの効用は伝達されやすいため、方法としては芳香浴法※が一番最適だと思います。

※芳香浴法・・・空間に香りを広げて楽しむ方法。

 

芳香浴法の詳しいやり方は「エッセンシャルオイル(精油)の効用を活かす使い方5選」という記事に記載していますので是非ご覧ください☆

 

自律神経を整えてくれる精油を紹介

精油にもそれぞれ効用の違いがあるため、適切な精油選びが重要になります。

効率よく自律神経を整えるために、ここで イチ おすすめの精油を紹介したいと思います☆

一番のおすすめはラベンダー

リラックスしたいときや睡眠時にも使用していただける一番おすすめの精油はラベンダーです☆

ラベンダーは副交感神経の働きを高めてくれ、リラックス効果の高いことが証明されているためです。

万人に受け入れやすい香りなので始めて使用する精油にはうってつけですよ♪

 

その他にも「イランイラン」・「ゼラニウム」・「オレンジスイート」・「ペパーミント」・「サンダルウッド」・「パチュリ」・「ベチバー」・「ベルガモット」・「メリッサ(レモンバーム)」・「ローズアブソリュート」・「ローズオットー」などが有効です。

 

必ずしもラベンダーを使ってくださいというわけではありません。
あなたに合った香りを見つけ、一番リラックスできる精油を使用しましょう

 

たばこの禁煙に役立つ

近年、禁煙ブームとなりつつあります。

喫煙者にとってはさぞ肩身の狭い思いをしていることでしょう。

 

「いっそのこと辞めてしまおうか・・・」

と思い禁煙にチャレンジしてはみたものの、吸いたい衝動にかられイライラが止まらず吸ってしまったという方は多数いらっしゃるのではないでしょうか(苦笑)

実はこのたばこのイライラにもアロマが有効的だという研究結果が発表されました!

 

 研究内容 

アメリカの心理協会は成人喫煙者男女合わせて232人に対し、たばこのイライラへのアロマの有効性を研究しました。

その方法とは、喫煙者にライターとたばこを所持していただいた状態で8時間喫煙を我慢してもらい、イライラが募った状態でアロマを嗅いでもらうというもの。

使用した香りはハッカやレモン、リンゴやバニラなどの心地よいと感じる香りをチョイス。
8時間後、たばこに火をつけた状態で吸わずに持ったままアロマの香りを嗅いでもらいました。

その後、「今たばこは吸いたいか?」を1~100の数値で表してもらったところ、なんと参加者の吸いたいという欲求が減少していたという研究結果がでたのでした!

この研究により、禁煙したい人へ向けてアロマがニコチンに対して有効な手段となりうることを証明してくれました。

もし、禁煙に悩んでいる方がいらっしゃいましたらアロマを活用してみるのもいいかもしれませんよ☆

 

初めて精油を使用する方は「【注意】エッセンシャルオイルを安全に使う為に覚えておくこと 5選」も参考に読んでみてください♪

 

まとめ

イライラする時は一旦落ち着きを取り戻し冷静になることがとても大切になります。

自律神経が乱れた状態では心身に悪影響を及ぼしかねませんよ。

そんな時におすすめなのが手軽にイライラを解消できるアロマなのです☆

あなたのイライラにぜひ精油の効用を活かしてみてはいかがでしょうか!

 

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

30~40代男性がモテるためのサポートブログを運営

日曜・水曜に新着記事を更新中!
「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました