簡単♪アロマキャンドルの作り方を解説! 停電の備えに覚えてみてね☆

アロマキャンドルの作り方アロマテラピー・精油
  • 余った精油で何か作れないかな?
  • 子供と一緒に楽しめる工作がしたい
  • 簡単に作れるならやってみたい
  • プレゼントしてみたい
  • 火と香りでリラックスしたい

 

アロマキャンドルを作ってみたいけど、どこから手を付けていいのか分からないと思います☆

 

イチ
イチ

私も昔は面倒で買っていた一人ですからね

 

ですが実は、作り方さえ知ってしまえば、誰でも簡単にアロマキャンドルを作ることが出来ちゃうんですよ♪

 

この記事では「アロマキャンドルを作る上で必要な道具と簡単な作り方」を紹介します。

 

基本的な作り方を覚えられるので、あとはあなたの好きなようにアレンジすることができますよ☆

 

イチ
イチ

アロマの香りは、停電の際の不安な気持ちも和らげてくれるので、緊急時に最適ですよ♪

 

用意するもの

アロマキャンドル作成に必要な道具

  • ろうそく
  • 精油
  • 手持ちボウル
  • 紙コップ(できれば2つ)
  • 割りばし2本
  • クレヨン(色を付けたい場合)

 

精油以外はすべて100円ショップで購入できます!

 

100均でもアロマオイルというのが売られていますが、精油とは違い芳香成分になんの効用もありません。

 

イチ
イチ

どうせなら、心身を健やにしてくれる植物成分100%の精油を使いましょうね☆

 

リラックス効果安眠効果自律神経の調整疲労回復色々な効用が精油にはありますよ♪

 

100均のダイソーで売ってるアロマオイルと精油の違いとは?

 

 

 

 ろうそく 

100均ろうそく

 

イチ
イチ

ろうそくは100均などで売っている、「仏壇用」のもので構いません!

 

今回は3号10本入りを1箱購入しました!

使うのはそのうちの6本です☆

 

 

 精油 

精油 生活の木

 

あなたの好きな香りの精油を用意しましょう!

精油は1種類でも十分ですよ☆

 

イチ
イチ

最後におすすめの精油も紹介しますね

 

何種類かブレンドしてみたい方は、精油の相性揮発の速度などを考慮して混ぜてみましょう♪

 

エッセンシャルオイル(精油)を上手にブレンド!相性と揮発性を学ぶ

 

 

 

 手持ちボウル 

手持ちボウル

 

ろうそくを溶かす際に使用します。

お湯を沸かす鍋に入るくらいの、小さめの物を用意しましょう!

 

 

 紙コップ(できれば2つ) 

紙コップ

 

今回は、205ml入る紙コップを用意しました!

 

イチ
イチ

もう少し小さい紙コップが良かったんですが、売り切れでした・・・

 

大きい紙コップを使うと、ろうそくが固まるまでに時間がかかるので注意しましょうね☆

 

紙コップは、出来れば2つ用意してください。

イチ
イチ

1つはキャンドルを作る用で必ず使います!

 

もう一つは何に使うかというと、湯煎して溶けたろうそくを少し冷ます用に使いたいんです!

 

なぜ冷ます必要があるのか?

 

それは、精油を高温のろうそくに入れると香りがすぐ飛んでしまうからですよ。

 

せっかくの良い香りが、作っている最中に無くなってしまうのはイヤですよね!?

なので、冷ます用のカップである程度冷ましてから精油を垂らしたいんです。

 

ボウルの中で精油を混ぜてもいいんですが、それだと精油の香りがボウルについてしまいます。

イチ
イチ

次に使う時、香りが混ざる可能性があるんですよね

 

だから、私はボウル内で精油は混ぜないようにしているんです☆

 

そこに関してはお好みなので、紙コップ1つで良いという人はそれはそれでOKですよ♪

 

 

 割りばし2本 

割りばし2本

 

割りばしは2本用意します。

 

1つは湯煎したろうそくの中から芯を拾うために使用します。

もう1つは、アロマキャンドルを作る際に紙コップの真ん中に芯を垂らし、固定するために使います。

 

イチ
イチ

芯の固定用に使う割りばしは、割らないでくださいね!

 

 

 クレヨン 

クレヨン

 

今回はクレヨンも購入しましたが、お子様の使っているクレヨンがあれば、そちらを使用しましょう!

 

ろうそくに色を付ける際に使用するのですが、色がいらないという人は使う必要はありません☆

 

 

アロマキャンドルの作り方

アロマキャンドル完成図

 

今回は2色にするので、初めに3本のろうそくを割り入れていきます!

ろうそくを折る

 

割っている最中に芯を取り外せるなら、取っておきましょう!

溶かしたあとでも取り除けますよ☆

ろうそくの芯を取る

 

折ったろうそく

 

先に芯を取り除くことが出来たら、事前に下準備をしておきます。

芯は底に付くようにセットします☆

ろうそくの芯を割りばしで挟む

 

次に、色付け用のクレヨンも削っておきます。

クレヨンを削る

 

クレヨンを削る

 

では、溶かしていきましょう!

ろうそくを湯煎する

 

湯煎を始めて5分後、溶けてきました。

溶けてきたろうそく

 

湯煎して10分もかからずほとんど溶けます。

湯煎で溶けたロウ

 

取り除くことが出来なかった芯はここで取り除きましょう!

溶けたろうそくから芯を取りだす

 

ろうそくの芯を取り出す

 

すべて溶けたら色付け用のクレヨンを入れていきます。

溶かしたろうそくにクレヨンを混ぜる

 

ろうの中に溶けたクレヨン

 

色のついたろうそく

 

色が馴染んだらOK!

冷ます用のカップに移します。

すぐに温度が下がりだすので、ここからはスピード重視です!

溶けたロウを流し込む

 

入れ終わったら、すぐロウを拭きとりましょう!

固まっても、先ほど使ったお湯に付ければすぐ溶けますよ☆

ろうそくを拭きとる

 

手際よく今度は精油を入れていきます!

ここでは5~10滴程度入れましょう。

イチ
イチ

香りの強さは個人で判断してくださいね☆

精油を溶けたろうそくに垂らす

 

精油を入れ終わったら、すぐ型取り用のカップに移します!

ロウを注ぐ

 

芯が真ん中に来るよう手際よく流し込みます。

ゆっくり流し込んでいると、固まってくるので注意しましょう

イチ
イチ

移してる最中、カップの中で固まってしまったら、手ではがしてまた湯煎すればOKですよ☆

色のついたロウを流し込む

 

入れ終わり☆

ろうそくを固めている

 

次の工程に移ります!

2色にするので、今度はピンクのクレヨンを削ります。

クレヨンを削る

 

残り3本のろうそくを湯煎で溶かして、クレヨンを入れていきます。

溶けたロウにクレヨンを入れる

 

色のついたロウ

 

工程は先ほどと一緒☆

カップにロウを流し込む

 

精油を5~10滴程度垂らします。

とにかくここからの作業はスピード重視で☆

精油をロウに垂らす

 

手際よく、ろうそくを流し込みましょう!

ロウを混ぜる

 

入れ終わったら1~2時間程度固まるのを待ちます。

2色混ざったロウ

 

仕事の都合上、次の日になっちゃいました・・・。

触ってみるとカチンコチンです。

固まったアロマキャンドル

 

容器のカップを取り外します!

ハサミでカップを切る

 

ある程度ハサミで切ったら、あとは手ではがせますよ☆

アロマキャンドル

 

芯を5mm程度残してカットすれば完成!

出来上がったアロマキャンドル

 

アロマキャンドル完成

 

今回は、写真を取りながら片手の作業だったため、うまく真ん中に芯を置くことが出来ませんでした・・・。

 

イチ
イチ

1色で作る場合は、初めに6本すべてのろうそくを溶かしましょうね

アロマキャンドルの正しい使い方

色付きのアロマキャンドル

 

  1. 小皿の上にキャンドルをのせる
  2. 火を灯す
  3. 消すときは芯をロウに浸ける
  4. 溶けたロウを捨てる
  5. へこんだ部分までロウを削る
  6. 芯が長ければ切る
  7. 容器に入れて冷暗所に保存
  8. 香りがなくなったら精油を足す

 

 

 1. 小皿の上にキャンドルをのせる 

作ったキャンドルはロウがこぼれてもいいように、小皿などに乗せて使用しましょう!

イチ
イチ

小皿ではなく、オシャレな灰皿でもOKですよ☆

何もなければアルミホイルで皿っぽいものを作っても良いですよ♪

 

 2. 火を灯す 

ライターやマッチを使って火を灯します。

間違ってもガスコンロの火でつけないでくださいね

イチ
イチ

火傷してしまいますよ・・・

 

 3. 消すときは芯をロウに浸ける 

息を吹きかけて消そうとすると、溶けたロウが飛び散る可能性があります。

イチ
イチ

安全に消すには芯をロウに浸けて消すのが一番ですよ☆

 

つまようじ、竹串、ピンセット、などなんでもいいので、芯を倒せるものを使用しましょう!

火が消えたらまた芯を起こしておいてくださいね。

 

 4. 溶けたロウを捨てる 

溶けたロウには香り成分がほとんど残っていません

イチ
イチ

新しいロウを燃やすためにも、溶けたロウは捨てましょう!

 

ティッシュやキッチンペーパーで吸いとるのもいいですし、直接新聞紙などに垂らして取り除くのもOKですよ!

 

捨てる際は、きちんと固まったことを確認してゴミに捨てるようにしましょうね☆

イチ
イチ

洗面所などにロウを流してしまうと、排水溝の中で固まり詰まってしまうので絶対やめましょう

 

 5. へこんだ部分までロウを削る 

ロウを捨てると、必ず真ん中がへこんだ形になります。

そのまま使用すると、うまく火がともらなくなるので、まわりを平らに削ってあげましょう!

 

イチ
イチ

もったいないと思うかもしれませんが、これが最後まできちんとアロマキャンドルを楽しむ秘訣なんですよ☆

 

 6. 芯が長ければ切る 

ロウを捨てると、芯が長くなります。

 

一番効率よく火が燃える芯の長さは、だいたい5mm程度といわれているので、長い場合は切るようにしましょう!

 

 7. 容器に入れて冷暗所に保存 

毎日使う場合は片付けなくていいと思いますが、使用頻度が低い場合は容器に入れて冷暗所に保存しておきましょう!

 

イチ
イチ

容器は香りが逃げないよう、蓋つきのものが最適ですよ☆

 

直射日光が当たる場所に置いておくと香りが飛んでしまい、キャンドル自体も劣化してしまうので注意しましょうね。

 

 8. 香りがなくなったら精油を足す 

香りがしなくなったら、精油を垂らして火を灯しましょう

イチ
イチ

それだけで十分香りが強くたちますよ☆

 

停電の時に最適

停電した際はアロマキャンドル

 

アロマキャンドルは停電した際の明かりに最適ですよ☆

 

また、精油の香りは震災時の不安な気持ちも和らげてくれるため、落ち着いて電気の復旧を待つことができます。

 

イチ
イチ

精油は精神に与える効用もあるので、アロマオイルを使うよりも良いと私は思うんです☆

 

子供の自由研究に

自由研究

 

お子様と一緒にアロマキャンドルを作れば、それだけで自由研究の一つになります☆

 

入れ物を変えてみたり、色がグラデーションになるように作ってみたりとアレンジが効くので、楽しんで作ることができますよ♪

 

イチ
イチ

経費もそんなにかからないでおすすめです☆

 

バスボムの簡単な作り方を紹介!アロマ(精油)を使った手作り入浴剤

 

ちょっとしたプレゼントに

アロマキャンドルのプレゼント

 

アロマキャンドルは、道具さえ一度揃えてしまえばいくつも作ることが出来ます!

 

100均で揃えた道具は、すべてたくさん入っているものばかりですので、いくつも作ることが可能なんですよ☆

 

イチ
イチ

唯一、ろうそくだけは少し買い足ししなければいけなくなると思いますが

 

ちょっとしたプレゼントにアロマキャンドルを作ってあげれば、喜んでくれると思います♪

 

私も数年前、その年の12月に来店されたお客様すべてに、アロマキャンドルを手作りしてプレゼントしたことがあります!

 

イチ
イチ

一年間来ていただいたお礼に差し上げたんです!

 

その時は、ほとんどのお客様が喜んでもらっていってくれましたよ♪

 

あなたも、ちょっとしたお礼に誰かにプレゼントしてみてはいかがでしょうか☆

 

精油が余った時はアロマキャンドル

余った精油

 

すでに精油を持っていて、何に使おうか迷っている方はアロマキャンドルをおすすめします☆

イチ
イチ

アロマキャンドルは結構精油も使いますし、有効に使えますからね!

 

使用期限を過ぎた精油でも、アロマキャンドルは作ることが出来ますよ

捨てるのはもったいないので、楽しみながら最後まで使い切りましょう!

 

 

精油(エッセンシャルオイル)使用期限が切れた際の有効活用法を紹介

 

アロマキャンドル おすすめ 精油

おすすめ精油

 

アロマキャンドルを初めて作る人へ、おすすめの精油をいくつか紹介します☆

イチ
イチ

参考にしてみてくださいね♪

 

※今回紹介するのは、値段もお手頃で高品質の「生活の木」の精油です

 

 ラベンダー 

  • とにかく万能な精油
  • リラックス効果
  • 安眠
  • ストレス解消
  • 疲労回復

 

 

 ゼラニウム 

  • フローラル系に分類
  • 雨が降った時の縁側の香り
    (個人的にそう感じます♪)
  • リラックス効果
  • 咳、鼻づまりに効果

 

 

 フランキンセンス 

  • 樹脂系
  • 神聖な樹木の香り
  • リラックス効果
  • リフレッシュ効果
  • ストレス解消

 

 

 イランイラン 

  • オリエンタル系
  • アジアンテイストの香り
  • リラックス効果
  • イライラ解消
  • 安眠
  • ストレス解消

 

 

 ローズアブソリュート 

  • フローラル系
  • バラの濃厚な香り
  • 希少なため高額
  • 悲しみを癒す
  • リラックス効果
  • リフレッシュ効果
  • ストレス解消
  • 幸福感を味わえる

 

 

まとめ

アロマキャンドルでリラックス

 

アロマキャンドルは、道具さえ揃えてしまえば簡単に作れちゃいます☆

 

 用意するもの 

  • ろうそく
  • 精油
  • 手持ちボウル
  • 紙コップ(できれば2つ)
  • 割りばし2本
  • クレヨン(色を付けたい場合)

 

アロマキャンドルを作る時は、香りの調整が重要になります。

イチ
イチ

精油を入れすぎると、芯が燃えづらくなるので注意しましょうね!

 

ちなみに、綺麗なグラデーションを作りたい場合は、もう少し手間が必要になりますよ!

イチ
イチ

ですので、今回は簡単な2色のツートンカラーにしてみました☆

 

キャンドルは、火のゆらぎを眺めていると心が落ち着きます。

そこに精油の香りがプラスされれば、最高のリラックスタイムになりますよ♪

 

簡単に作りたい方は、この記事を参考にしていただき、あなただけのオリジナルアロマキャンドルを作ってみてくださいね☆

 

 

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

30~40代男性がモテるためのサポートブログを運営

「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました