美容院や理容室で髪を失敗された時どうすればいい!?理美容師が解説

理美容室での失敗に悩む男性と女性お客様

せっかく髪を切るのを楽しみにしていたのに、仕上がりを見て唖然・・・・なんてことありませんか!?

  • 思っていた髪型と全然違う
  • 明らかに失敗が伺えるようなスタイルにされた
  • カラーの色が全然違う
  • くるくるパーマになってしまった・・・etc

明らかにこれは理美容師の失敗だ!!」という場面に出くわした場合、どのように行動すればよいのでしょう!

イチ
イチ

当事者となると迷いますよね。

今回は、そんなみなさんの悩みを解消すべく 現役理美容師 イチ が適切な対処法を解説したいと思います☆

返金は可能なのか?」「無料で直してもらえるのか?」疑問に思うことも多々あるかと思いますのでその辺の不安も解消していきますね♪

それではさっそくいってみましょー!

1週間以内に連絡をいれること!

「これは絶対におかしい!!失敗だ!」という事態が起きた場合、1週間以内に施術してもらったお店に連絡をいれましょう!

 

 ヘアカットの場合 

「これは明らかに違う!」とすぐ気づくことが出来ますよね!?

納得いかない髪型になっていた場合は1週間も待つ必要はありませんっ!すぐお店に連絡しましょう☆

「伸びてくれば丁度良くなりますよ!」や「あなたに似合うようアレンジしてみました!」などの変な言い訳を言われる前に今の状態を見せに行くことが重要ですよ!

 

 カラーやパーマの場合 

日がたつにつれ少しずつ落ち着いてきますので中々すぐに判断するというのは難しい場合があります。

「カラーちょっと暗すぎない??」といった場合や「パーマ少しきつくない??」という場合は少し様子を見てもいいでしょう。

あなたの髪質により色が抜けやすかったりパーマが落ちやすかったりする場合があるので、それを判断して理美容師が調整した可能性がありますからね☆

イチ
イチ

やっぱり納得いかない!という場合は1週間以内にお店に連絡をいれましょうね☆

明らかにこれは失敗だという色やパーマになっていたらそれはすぐに連絡を入れましょう!

 

1週間以内と期限をつけたのは、大概のお店がその期間中ならばお客様の要望を再度聞き入れてくれるからです。

逆に言えば、1週間以上経ってしまうとお店側が手直しとしてみてくれなくなる場合があるということですよ!

イチ
イチ

下手すると手直しにまた少し料金を取られちゃったりする場合も・・・

忙しく都合を合わせることができない方は、1週間以内に再度理美容室へ行くのはきついかもしれません・・・。

しかし、この「1週間」という期限がリミットになってしまうということを覚えておいてくださいね☆

 

※良心的なお店は、帰り際に「〇〇までなら手直ししますのでご連絡ください♡」と一言添えてくれる場合があります。
これは気持ち的にも安心できますよね☆

 

男性の場合、今一度「あなたに合ったお店」はどんなところなのか考えてみるいい機会になるかもしれませんよ☆
美容院に行きたい男性必見!理容室との違い 8選 どっちがあなた向き?」を参考にベストなお店選びをしてみましょう♪

 

泣き寝入りしないこと

理美容室の施術に納得いかず勇気を出して電話をかけてはみたものの、理美容師に良いように言いくるめられてしまってはどうしようもありません。

なくなく諦め、違う理美容室へ行って直してもらうにしてもまたお金がかかってしまいますよ!

理美容師になんと言われようと一度お店に出向き、どこがおかしいのかきちんと伝えましょう。

返金か、せめて無料で直してもらえるよう粘り強く交渉することが大事ですよ☆

イチ
イチ

失敗されたお店には二度と行かないと思いますので、頑張って自己主張しても良いと思いますよ!

お客様はそこまでする権利があると私は思っています!

サービス業は『お客様に満足して帰ってもらって初めてお金を頂ける』ものです。

理美容室が主体ではなく、あくまでもお客様主体の商売なんですからね☆

 

これを機会に行きつけの理美容室を変えたい!」という方は「美容院や理容室の失敗しない選び方 5選!【理美容師目線で解説】」を参考にお店選びをしてみてはいかがでしょうか☆
きっと役に立つと思いますよ♪

 

 

※低料金カットのお店はお客さまの直しの要望は聞き入れてくれないと思います。
施術自体値段が安いのでそれ相応の対応というわけですね。

返金も可能

納得できない髪型にされた場合、返金してもらえるのか気になりますよね☆

結論から申し上げると、返金してもらうことは可能です!

 

しかし、実際返金という形をすぐとってくれるかというとそれは難しいところがありますね。

お店側は施術に満足してもらえなかった場合、基本「直し」をしてお詫びをするというスタンスをとっているところがほとんどだからですよ。

「わかりました!すぐ返金させていただきます!」というお店はまずないでしょうね(苦笑)

必ず「手直しさせていただきます!」という返答がまず返ってくると思いますよ。

返金してもらうことは可能ですが、そこまでの道のりは簡単ではないということをご理解ください。

イチ
イチ

もう本当にヤバイ髪型になっていたらすぐ返金はしてもらえると思いますけどね!

どうしても返金がいいという方は粘り強く交渉し、手直しも頑なに断り続ける強い気持ちが必要というわけです。

無料で直してもらう

一番無難なのは無料で髪を直してもらうことですね。

お店側もこちらは素直に応じてくれると思いますよ☆

理美容師の場合技術料を頂いているわけなので、それに見合ったサービスが出来なければ手直しする義務があります。

お客様も満足いかなければどんどん気持ちを伝えていいんですよ☆

返金よりも柔軟に対応してくれるので引け目を感じずどんどん直してもらいましょうね♪

イチ
イチ

もちろん無料でやってもらいましょう♪

 

直しは違うスタッフにしてもらえるよう伝えておきましょう!
すると大概上司的なスタッフが対応してくれるはずですよ☆
※個人店では難しいかもしれませんが、大きいお店の場合はその旨をきちんと伝えることを忘れないでくださいね♪

理美容師免許を見せてもらう

明らかにカットがおかしい場合やぎこちなかった場合、理美容師の免許証書を見せてもらうのも手ではありますよ。

ひと昔前、「カリスマ美容師」というフレーズが流行るほど美容師が注目された時代がありました。

当時美容業界の最前線で働いていたA氏が、実は美容師免許を持っていなかったことで一大ニュースになった例があります。

基本的に理美容師として従事するためには国家試験に合格しなければいけません。

資格がなければ仕事をしてはいけないのがこの理美容業界なのです。

「どうしてもこの人怪しいな・・・」という方がいましたら、「最後の一手」として理美容師免許の提示を要求するのもありかと思いますよ。

イチ
イチ

無免許の理美容師はもういないかと思いますが、念のため覚えておいてくださいね☆

 

まれにですが、まだ満足に髪を切れない新人にカットに入るよう指示するお店もあります。
そのような人にカットされ、失敗された方は免許証の交付時期を確認することで新人だという証拠が取れますよ!

※通常、免許証はお店のどこかに提示しておく必要があります。しかし、現在では店舗イメージに合わないという理由で出していないお店がほとんどなのが現状です。

ケガなどのトラブルについて

ここまで施術内容に不満があった場合の対処方法を紹介してきましたが、次は「ケガや肌トラブルなど」について解説したいと思います☆

理美容師という職業は鋭利な刃物や高温の器具を使用するため、どうしても危険が常に付きまとってしまいます。

万が一、ケガや肌トラブルが起きてしまった場合お客様はどのように行動すればよいのでしょうか?

正解は、ケガや症状の度合いにもよりますが治療にかかる費用をお店側に請求するのが正しい行動ですよ☆

 

 請求できる事例 

  • カット中、耳を切られた
  • シェービングで顔を大きく傷つけられた
  • アイロンで大きなやけどを負った
  • カラー剤やパーマ剤などの薬液で肌がただれてしまった
  • 服にカラー剤が飛んで大きなシミがついてしまった
  • 店舗内の設備でケガをしてしまった

このような場合に治療にかかる費用をお店側に請求することができます!

まれに「今回の施術料金は無料にさせてください。」というだけの対応で済ませるお店があります。

お客様は治療費の請求をする権利があるということを覚えていれば、そちらも出してもらえるというわけですよ!

イチ
イチ

治療にかかった費用の領収書は取っておきましょう!あとで必要になりますよ。

お店のオーナーと話し、その主の手続きを踏んでもらいましょうね☆

 

ちなみに理美容組合では、そのような事故が起こった場合に備えて賠償責任保険を推奨しています。

これはケガなどを負わせてしまった場合にお客様に対して治療費などを補償するために設けられているものです。

理美容室側も支払わなければいけないシチュエーションがあると組合も認めているということなので、お客様は引け目を感じずきちんと請求しましょうね☆

イチ
イチ

保険は任意のため、入っていないお店もありますがそれはお店ごとの考えなのでお客様が気にすることではないですね!

ケガは最悪のケースですが、このような失敗(事故)が起こった場合の対処法もぜひ覚えておきましょう♪

最後に

理美容師という職業はお客様の容姿をきれいに整えることを生業としています。

意思疎通の不十分や技術の低さで、お客さまを満足させられないこともないとは言えないのもまた事実。

だからと言ってそれでいいとは言いません!

もし、理美容師が失敗したと感じるようなことがあれば適切な対応をとってもらいましょうね☆

 

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

30~40代男性がモテるためのサポートブログを運営

日曜・水曜に新着記事を更新中!
「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました