ハーブティーのおいしい入れ方を解説☆出がらしも捨てずに有効活用しよう!

ハーブティーの入れ方アロマテラピー・精油
  • 初めてハーブティーを買ってみた♪
  • お茶と入れ方は違うの?
  • おいしくなる秘訣ってある?
  • 苦味を抑える方法は?
  • どうせ飲むなら、ちゃんとした飲み方を知りたい☆

「健康に良いって聞いたから、ちょっと飲んでみようかな!」と興味をもち、ハーブティーを購入する方が増えています☆

私の場合、ユーキャンのアロマテラピー検定講座の教材で、ハーブティーがついてきました!

イチ
イチ

その時、はじめてラベンダーのハーブティーを飲みました☆
30歳過ぎてからの初体験です!

「ハーブティーって、お茶みたいに入れればいいんでしょ?」と、なんとなく飲んでいる方も多いはずです。

「どうせなら、ハーブティーのおいしい飲み方を知りたい!」という方へ。

今回は「ハーブティーがよりおいしくなる入れ方」について解説します☆

この記事を読めば、雑味の少ないハーブティーを入れられるようになります♪

イチ
イチ

ハーブの効用をしっかり得るためにも、大事なポイントをおさえておきましょう!

おいしく入れるコツ
  1. 熱湯を注ぐ
  2. 蒸らし時間を守る
  3. 振って無理やり抽出しない
  4. あなたにとって適量のハーブを使う
  5. 飲みやすいのは、二番煎じ
この記事を書いた人
イチ

「週刊SPA!」識者経験あり

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

20年以上、育毛対策けいぞく中!

記事の監修・商品レビューのご依頼も受け付けています☆

イチをフォローする

ハーブティーのアロマ効果

ハーブティーを飲む女性

ハーブティーは、アロマテラピーに使われる植物を使ってお茶を入れます。

そのため、精油同様、ハーブティーにもアロマ効果があります☆

香りには、リラックス、自律神経の調整、精神的安定などの効果があります。

抽出されるハーブ成分には、健康面をサポートする栄養素がたくさん含まれているんです☆

飲むだけで、心身共にすこやかな状態へ導いてくれるのが、ハーブティーというわけです☆

また、コーヒー、緑茶、紅茶のように、カフェインは入っていません。

イチ
イチ

就寝前でも、安心して飲める飲み物として注目されています♪

ハーブティーのおいしい入れ方

ハーブティーを、よりおいしく入れて飲むコツを解説します。

イチ
イチ

ハーブティーと緑茶の違いを理解することも、大切なポイントになります☆

おいしく入れるコツ
  1. 熱湯を注ぐ
  2. 蒸らし時間を守る
  3. 振って無理やり抽出しない
  4. あなたにとって適量のハーブを使う
  5. 飲みやすいのは、二番煎じ

熱湯を注ぐと、味わいが深くなる

熱湯で抽出したハーブティー

ハーブティーは、熱湯を注ぐと味わいが深くなります。

ハーブは、85℃以上のお湯を注ぐことで、成分がしっかり抽出されるからです。

イチ
イチ

ハーブを蒸らす間に、85℃以下に下がってしまうと成分が抽出しきれません

はじめに熱湯を注ぎ入れ、蒸らし時間に冷めてしまうことを防ぎましょう!

使うお湯は、注ぎ入れる前に一度沸騰させてください。

100℃になった状態で注げば、最後までハーブ成分を抽出することができます。

イチ
イチ

ハーブティーの味をしっかり楽しむためにも、熱湯を注ぐことを覚えておきましょう☆

蒸らし時間を守ることが大切

ティーポットでハーブティーを蒸らす

ハーブティーは、基本的に3~5分程度蒸らす必要があります。

※製品によって異なるので、使用方法はしっかり確認してください。

蒸らしている間に、ハーブの成分がゆっくり抽出されます。

イチ
イチ

ドライハーブの場合は、とくにしっかり蒸らしましょう☆

ただし、味を濃くしたいからといって、蒸らし時間を長くするのはいけません。

長時間蒸らすことで、ハーブの雑味が出てしまうからです。

苦味や渋みが抽出されしまい、飲みにくくなってしまいます。

長時間放置してしまい、「苦いな・・・」と思った場合は、はちみつや牛乳を混ぜて飲みましょう。

味がマイルドになって、飲みやすくなります!

ハーブによっては、そもそも苦味が強いものもあります。

苦いのは苦手という方は、蒸らし時間を少し短くしてください。

イチ
イチ

蒸らし時間を短くすれば、味が薄くなります

「しっかり蒸らすとちょっと苦い・・・」と感じる方は、あなたなりに時間を調整してください。

とにかく、おいしくいただくためにも、蒸らし時間はとても大切になります☆

振って無理やり抽出すると不味くなる

苦みの強いハーブティー

時間がないからといって、せん茶のように急須を振って抽出するのはおすすめしません。

イチ
イチ

グルグル回して、お茶を出す方法のことです

ハーブの苦みや渋みが、一気に抽出されてしまうからです。

おいしく飲みたいのであれば、ゆっくり蒸らして味を抽出させましょう☆

蒸らすといっても、3~5分程度です。

透明のティーポットを使えば、色がついてくるのを目で見て楽しむことができます。

「蒸らし時間を待てない」という方は、透明のティーポットを使ってみてください☆

イチ
イチ

色の変化を見ているだけでも、あっという間に時間は過ぎます♪

「Qdo」は、オシャレで便利なティーポットやグラスを揃えています↓

あなたに適量のハーブを使うことが、おいしく感じる秘訣

バタフライピーのハーブティー

ハーブティーを作る際は、適量のハーブを使うことがおいしさの秘訣です。

目安としては、カップ(150~180ml)に対してスプーン1杯程度です。

イチ
イチ

基本的には、袋に記載されている分量をしっかり守ってハーブティーを作るのがベストです☆

ただし、使うハーブによっては、苦みや酸味が強いものもあります。

適量で抽出して、「うわ、なんか不味い・・・」と感じてしまっては、飲み続けることすら難しくなります。

そうしたときは、あなたの口に合わせて多少ハーブ量を調整しましょう!

イチ
イチ

おいしいと思えることが、ハーブティーを楽しむうえではとても重要なので☆

「味がうすいかも」と感じた場合も、同様にハーブの量を調整してください。

大幅にハーブ量を変えなければ、特に問題はありません。

あなたの好みの濃さに合わせて、楽しみましょう☆

二番煎じは、成分は薄くなるが飲みやすい!

ハーブティーの二番煎じ

ハーブティーは、はじめの一杯を作る際に、大半のハーブ成分が抽出されます。

そのため、基本的には一杯作ったらそこでおしまいになります。

イチ
イチ

「えー、なんかすごくもったいない・・・」と感じる方もいるはずです

たしかに、高いお金を払って買ったハーブティーであれば、なおそう感じるはずです。

その場合は、二番煎じも飲みましょう☆

イチ
イチ

そもそも、二番煎じを飲んではダメという決まりはありません!

成分が薄くなり、味と香りに多少変化が現れるだけです。

ハーブティーの効用は少なくなりますが、十分飲めます!

むしろ、使うハーブによっては味が薄くなって飲みやすくなるものもあります。

無理に、一度抽出したからといって捨てなくてもOKです。

もったいないと感じる方は、二番煎じも飲みましょう☆

イチ
イチ

三度目は、さすがに厳しいです・・・

ここまで解説したことが、ハーブティーをよりおいしく入れて飲むコツになります♪

参考にしていただき、あなたなりのハーブティーの楽しみ方を見つけてください☆

若返りのハーブティー「ルイボスティー」については、下記で解説しています

【捕捉】出がらしも有効活用して楽しもう!

ハーブティーの出がらし

ハーブティーを入れた後は、必ず出がらしがでます。

そのまま捨てることも可能ですが、できることなら有効活用しましょう☆

出がらしといっても、ほのかに香りは残っています。

イチ
イチ

芳香剤として使うことが、手間なく再利用できる方法です!

  1. ティーバッグに入れ、そのままお風呂に入れる
  2. 乾燥させて、ポプリとして使う

1. ティーバッグに入れ、そのままお風呂に入れる 

ハーブティーの出がらしをティーバッグに入れる

ハーブをティーバッグに入れたら、そのままお風呂に入れましょう!

成分は抽出されることはないですが、香りがほのかに漂います。

イチ
イチ

香りの入浴剤として十分活用することができます☆

ハーブの心地いい香りはリラックス効果があるため、心身の改善に役立ちます。

乾かす必要がないので、一番手っ取り早い活用方法です☆

2. 乾燥させて、ポプリとして使う 

出がらしを乾燥させてポプリに再利用

花や実を使ったハーブティーは、乾燥させることでポプリとして再利用することができます。

出がらしは、新聞紙などに広げ天日干しします。

定期的に広げ直して、全体をしっかり乾かしましょう☆

乾燥した出がらしは、皿に移して精油を垂らせばポプリの完成です。

香りを長持ちさせたい場合は、保留剤と精油を混ぜてジップロックなどで保管します。

2~4週間でしっかりとしたポプリの完成になります☆

イチ
イチ

お部屋のインテリアとしても、出がらしは活用できます♪

ポプリの詳しい作り方は、下記で解説しています。

ぜひ、出がらしも有効活用して楽しみましょう!

まとめ

ハーブティーは、アロマテラピーに使われる植物を使ってお茶を入れます。

そのため、飲むだけで心身にアロマテラピーの効果があります☆

今回は「ハーブティーがよりおいしくなる入れ方」について解説しました☆

おいしく入れるコツ
  1. 熱湯を注ぐ
  2. 蒸らし時間を守る
  3. 振って無理やり抽出しない
  4. あなたにとって適量のハーブを使う
  5. 飲みやすいのは、二番煎じ

継続して飲み続けることで、心身共にすこやかになります☆

イチ
イチ

健康を考えている方に、おすすめの飲み物です

今回の記事を参考に、あなたもハーブティーを楽しんでください♪

この記事を書いた人
イチ

「週刊SPA!」識者経験あり

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

20年以上、育毛対策けいぞく中!

記事の監修・商品レビューのご依頼も受け付けています☆

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました