美容院、理容室それぞれの営業時間は? 違いを理美容師が解説☆

理美容室の営業時間についてお客様

美容院や理容室を利用する際、入店時間を気にしたことないですか?

 

  • 「朝って何時からやってるんだろう?」
  • 「仕事終わりに行きたいんだけど閉店時間って何時かな?」
  • 「あんまり遅くいくと迷惑かなぁ・・・」
  • 「そもそも閉店時間ギリギリに行ってもカットしてくれるの?」

など様々な疑問があるはずです。

 

今回はそんな疑問に、理美容師の私 イチ が回答していきたいと思います!

 

基本的に理容、美容、共に営業時間は8時間くらいですよ☆

イチ
イチ

どちらかと言えば、理容室(床屋さん)の方が開店時間が早いですかね

 

夕方の来店は施術内容によって断られることがあるので注意しましょう!

 

というわけで、「美容院、理容室の営業時間」について詳しく解説していきたいと思います☆

 

この記事を読めば、何時に行けばオーダー通りにしてくれるのか理解することが出来ますよ♪

 

それではさっそく、いってみましょう!

理美容室の営業時間

理美容室の開店と閉店

 

ここでは美容院と理容室の「開店時間」と「閉店時間」について解説したいと思います。

 

イチ
イチ

少しずつではありますが、それぞれ違いがあるので参考にしてみてくださいね☆

 

 

 開店時間 

理美容室開店

 

美容院の場合は、9時以降にオープンするのが一般的ですね。

イチ
イチ

早くても9時、遅くても10時にはオープンしていると思います☆

 

理容室の場合は、遅くても9時には必ず営業を始めています。

イチ
イチ

個人経営のお店の場合、8時に開店しているところもありますよ♪

 

比較的、年齢層の高いお客様を相手にしている理容室は開店時間が早い印象ですね♪

 

 

 閉店時間 

理美容室 閉店

 

閉店は基本的に19時のお店が多く、それは理美容室共通です。

 

イチ
イチ

これは美容組合、理容組合で営業時間が一律になるよう取り決めがされているためですよ☆

 

まれに21時、22時まで営業されているお店もありますが、それは組合に入っていないお店というわけですね。

 

 

「組合って何なんだろう?」

「組合に入っていないお店はダメなの?」

と疑問に思う方は、下記で詳しく解説していますのでご覧ください☆

理容・美容業界の組合には入るべき??メリットとデメリットを解説

 

理美容師は平均8時間勤務が基本

仕事中の美容師

 

営業時間にばらつきが生まれる原因の一つに、理美容師の勤務時間が関係しています。

イチ
イチ

1日8時間、週40時間労働という基準が定められてるためですね

 

スタッフが10人未満の店舗の場合週44時間労働まで認められていますが、この労働時間をオーバーして勤務させた場合は残業代を支払う義務がお店側にはあります。

 

例えば9時に開店した場合、19時まで営業すると営業時間は10時間ですよね!

イチ
イチ

基本的に、8時間以上勤務する場合は1時間以上の休憩が定められているんですよ!

 

このお店の場合、スタッフに1時間の休憩をとらせたとしても、最低1時間分の残業代が発生するということになります。

イチ
イチ

この残業代を支払わないと労働基準法違反になります・・・

 

経営面に携わるオーナーからすると、毎日1時間の残業代を出してまで9時に開店するメリットは少ないと必ず考えるはず。

考える経営者

 

そのため、スタッフを抱えているお店の場合は9時開店はあまりしないのではないかと推測します。

 

イチ
イチ

よって、大きな美容院は10時開店がほとんどだと言えますね☆

 

10時開店19時閉店 営業時間9時間 一人当たり1時間の休憩

これが理想的なんです☆

 

 

個人経営のお店の場合、給料を支払うことがないため9時にオープンしても何の問題もありません!

イチ
イチ

お客様の入り具合を見て自分でいつでも休憩が取れますからね☆

 

ちなみにですが、私の知り合いの美容師の方は、午前中の予約がない日はお昼までサーフィンを楽しんでからお店をオープンしたりしていましたよ♪

サーフィンをする男性

 

イチ
イチ

こんなことが出来るのはもちろん個人経営のお店だからですがね☆

 

 

個人経営で8時開店にしている理容室の場合はというと、表向きは19時閉店としていてもお客様の入り具合を見て早めにお店を閉めてしまうことがしばしば見受けられます!

 

イチ
イチ

18時くらいには店を閉めたりしますかね

 

「閉店までまだ時間があるから行ってみよう!」と足を運んでみたら、お店が閉まっていたなんてこともあり得ますよ☆

 

イチ
イチ

これも個人経営のお店ならではの営業スタイルと言えます!

 

このように、「理美容師の勤務時間を考慮したうえで営業時間が決まることもある」というのを覚えておきましょうね☆

 

営業時間ギリギリの入店はOKか?

駆け込みのサラリーマン

 

閉店間際でも間に合えばカットしてもらえるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

 

イチ
イチ

これは美容院、理容室の営業スタイルの違いが大きく関係してきますので、ぜひ覚えておいてくださいね☆

 

 

 美容院の場合 

美容院

 

基本美容院は予約制となっているため、閉店間際に飛び込みで入ってもカットしてもらえる可能性は低いと言えます。

 

「じゃあ1時間くらい前ならどう?」と思うかもしれませんが、そこもお店によって異なります。

イチ
イチ

カットのみなら予約状況を見てOKしてくれるお店もありますよ☆

 

ただし、完全予約制のお店の場合は、時間に関係なくカットも断られますね。

カラーやパーマをしてほしい場合は、まずどこのお店にいっても閉店間際は無理でしょう・・・。

 

そもそも、美容院の多くはカラーやパーマの最終受付時間というものを設けています。

 

イチ
イチ

例えば、16時以降のカラーやパーマは受け付けしないなどです!

 

これは、きちんとお店が営業時間内で終了するように調整するためなんですよ☆

なので、営業時間ギリギリでも入ればOKということは決してないんです。

 

 

 理容室の場合 

理容室

 

理容室も同じく、カラーやパーマの施術はまず受け付けてもらえないことがほとんどだと思ってください。

 

イチ
イチ

時間がかかるという理由で断ることがほとんどですね

 

ただし、カットは比較的受け付けてもらえますよ!

ここは美容院と理容室の大きな違いではないでしょうか☆

 

理由はというと、理容室は基本的に予約制ではなくいつでも来店できるシステムだからです。

 

なので閉店間際であっても、営業時間内であれば大体OKというわけなんですよ☆

 

イチ
イチ

特に、個人経営されているお店はかなりの確率でカットしてもらえますよ♪

 

だからと言って、毎回閉店間際に来店するのだけはやめましょうね!

イチ
イチ

理美容師さんに「毎回、閉店間際に来る嫌なお客」だと認識されかねませんよ・・・

 

お客様あっての商売なので、そんなお粗末に扱ってはいけないのですが、ちょっと思ってしまったりしてしまうのが現状かもしれません(汗)

 

美容院理容室では営業時間の違いの他にも、様々な違いがあることをご存じですか!?

美容室(院)と理容室の大きな違い 8選!どっちがあなた向き?」で、その違いを詳しく解説していますので、気になる方はご覧ください☆

イチ
イチ

あなたに最適なお店が「美容院」か「理容室」なのか、はっきりするかもしれませんよ♪

 

まとめ

 

あなたのライフスタイルに合った時間に営業しているお店を探してみるのもまた楽しいかもしれません♪

 

イチ
イチ

男性なら理容室で朝早くカットしてもらい、一日を有意義に過ごすのもアリだと思いますし!

 

仕事終わりにカットしてほしいなら、営業時間の長いお店を選ぶのもいいですね☆

 

そんな選び方ができるのも、営業時間が異なる理美容業界の魅力かもしれませんよ♪

 

 

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

30~40代男性がモテるためのサポートブログを運営

「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました