シミの原因を解説!いつまでも若くいたいあなたへ対策を解説【理美容師】

シミに悩む女性 体、顔に関する悩み・疑問

 広告 

顔にシミができると、老けて見えます・・・。

イチ
イチ

誰しも「若く見られたい!」という願望は少なからずあるはずです

年齢以上に見られないためにも、スキンケアをしっかりして、きれいな肌を保つ努力をしましょう☆

とはいっても、一体シミは何が原因でできるか知っていますか!?

原因を知らないと「いつの間にこんなところにシミが・・・」なんてことにもなりかねません。

というわけで、今回は「シミができる原因とその対策」について解説します。

イチ
イチ

老け顔になりたくない方は、参考にしてください

この記事を書いた人
イチ

・理美容師歴20年以上
・AEAJアロマテラピーアドバイザー歴 約9年
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン歴 約9年

■「週刊SPA!」に識者として参加経験有
 
20歳の頃ハゲる宣告を受けるも、育毛とアロマを続けた結果40歳過ぎても髪生存中!
 
髪や体に関する悩みの解決法とアロマの有効性をメインにブログで発信。 

記事の監修・商品レビューのご依頼も受け付けます☆
 

イチをフォローする

原因 紫外線

太陽の紫外線

夏になると、日光浴をして小麦色に肌を焼く方がたくさんいます♪

イチ
イチ

健康的な見た目になって、体型もスリムに見えます

ただし、肌のシミとなる一番の原因がこの太陽光なんです!

「なぜ太陽の光を浴びるとシミができるのか?」詳しく解説します。

 肌が焼ける(黒くなる)仕組み

紫外線を浴びると、肌の表面に活性酸素が発生します。

活性酸素の刺激を表皮内にある細胞「メラノサイト」が受けることで、チロシナーゼという酵素が大量に生成されるんです。

チロシナーゼはメラニン色素を生成する酵素なので、表皮内に過剰なほどのメラニン色素が生まれるというわけです。

イチ
イチ

メラニンは通常の肌組織よりも黒いため、肌が黒く焼けたように見えるんです

これが肌が焼ける仕組みです。

 太陽の紫外線がシミを引き起こす理由 

シミには、UVAとUVBという紫外線が大きく関係しています。

紫外線は主にUVA、UVB、UVCの3種類存在します。

UVCは地上まで届かない紫外線で、基本的に肌には無害なので今回は省略します。

UVAは、肌の深い部分まで浸透する紫外線で、少しずつ肌ダメージが蓄積されるのが特徴です。

UVAにより深部までダメージを受けた肌は、ターンオーバーの乱れが生じるため、うまく肌を入れ替えることができなくなります。

肌に残ったメラニン色素が次第に沈着して、それがシミとなって現れてしまうというわけです。

UVBは、波長が短いため肌の深部まで到達することはありません。

しかし、メラニンを沢山生成するのはこのUVBが原因とされています。

UVBでたくさんメラニンが生成される

UVAで肌がダメージを受けることでターンオーバーが乱れる

この仕組みが、シミを作ってしまうというわけです。

イチ
イチ

だから、日焼けはよくないと言われるんです

紫外線はシミの原因になるほか、肌のハリに大切なコラーゲンやエラスチンといった成分にダメージを与えます。

しわやたるみといった症状も引き起こす原因になります。

イチ
イチ

アンチエイジングを目指すなら、日焼けはとくに注意する必要があると覚えておきましょう

髭剃りあとはバリア機能が低下します。

スキンケアをしっかりしないと、紫外線の影響を大きく受けます。

シミ、しわを防ぐうえでも、髭剃りあとは保水・保湿を心がけましょう!

>>顔のシミで悩む男性必見!今すぐできる予防法を紹介|今後増やさないためにはじめよう!

紫外線対策

対策としては、外出時に日焼け止めを塗ることが一番です☆

SPFという数値が大きければ大きいだけUVBをカットしてくれます。(30がMAX)

PA表記はUVAをカットしてくれる数値で+で表記されていてます。

+が多ければ多いだけUVAをカットしてくれます☆(+++がMAX)

捕捉 日焼けサロンもNG?

日焼けサロンの紫外線は、太陽光とは違いUVBをカットしUVAのみを照射するシステムを導入しています。

短時間でメラニンをたくさん生成するUVBをカットすることで、肌ダメージを軽減しています。

ですが、UVAは肌の深部まで浸透するため、後々のシミやしわの原因となることは確かです。

安全と言われている日焼けサロンですが、少なからずメラニンを生成しなければ肌は黒くならないのでノーダメージということはありません!

将来的なシミやしわを考えるのであれば、日焼けサロンも行かないほうがベストです。

原因 ストレス

ストレスを抱えた女性

「ストレスがシミを作るの?」と疑問を持つ方も多いと思います。

人はストレスを受けることで、体に様々な症状が現れるのはご存じのはずです。

肌もまたしかり、ストレスによってシミができてしまうのは確かなんです!

ストレスにより体の血流が滞ることで、健康的な肌を作るのに必要な栄養素が行き届かなくなります。

必然的に肌の正常なターンオーバーが行われなくなるため、いつまでも古くなった角質やメラニン色素が肌に定着してしまいます。

イチ
イチ

これが原因で、シミができてしまうというわけです

シミができたことが新たなストレスとなることで、心身に悪循環を生んでしまいます。

こうしたことを考えると、ストレスもシミを作る大きな原因となるのは確かというわけです。

メラニンを生成する「メラノサイトという細胞は神経とつながりがある細胞」と捉えられています。

精神的ストレスを多く抱え込んでしまうと、シミに直接影響を与えてしまうとも言われています。

イチ
イチ

皮膚科医の間でも認知され始めていることで、ストレスの解消を強く勧める医師も多くいます

ストレス対策

ストレスの解消法は、様々あります。

「運動」、「趣味」、「一人の時間をゆっくり過ごす」などなんでも構いません☆

イチ
イチ

あなたがリラックスできればOKなんです!

とくに趣味のない方は、お風呂時間を有効活用しましょう☆

入浴することも、簡単なストレス解消法です。

原因 間違ったお肌ケア

洗顔する女性

「顔を清潔にしてればだいじょうぶ!」と洗顔や化粧水などを入念に行うことはとてもいいことです。

しかし、やり方を間違ってしまうとシミを作ってしまう可能性もあるんです。

中でも一番やってはいけないことは「肌を炎症させる」ことです。

どうやって炎症を引き起こしてしまうのか?

それは、洗顔時のこすり過ぎや化粧水時のはたき過ぎです。

入念にやっているつもりのこの行動が、肌の炎症を引き起こしてしまう原因になるんです。

イチ
イチ

炎症の起きた肌は乾燥しやすく、肌のしわや色素沈着といった症状の元となるため注意しましょう!

洗顔対策

  1. 洗顔料を良く泡立ててから肌にのせる
  2. 汚れを浮き上がらせる感じで優しく洗う
  3. 洗い流す際は、熱いお湯ではなくぬるま湯でしっかり流す
  4. 化粧水は、やさしく抑え込むように染み込ませる
  5. 水分が逃げないよう、乳液などでふたをする
イチ
イチ

冷水は、汚れがきれいに落ちなかったり皮脂残りの原因になるのでやめましょう

洗顔時に炭酸水を使用すると、皮脂をしっかり落とすことができます。

血行を促進するため、新陳代謝も活発になり肌のターンオーバーも正常な状態へ戻すこともできます!

コスパを考えると炭酸水メーカーがおすすめです。

原因 喫煙

「たばこは、百害あって一利なし」とはよく言ったもので、肌に関しても同じことが言えます。

喫煙することで、体内に老化の元となる活性酸素が発生します。

活性酸素を除去するために大量のビタミンCが使われるため、体に十分なビタミンが行き渡らなくなります。

ビタミンは血流を良くし、体に必要な栄養素を効率よく届ける手助けをしてくれる他、コラーゲンの生成にも大きく関わっています。

そんな重要なビタミンが不足した体は代謝が悪くなるため、結果的にシミができやすくなってしまうというわけです。

原因 内臓機能の不調

お腹を押さえる女性

「肌は内臓の調子を現すパラメーター」とも言われています。

最近、体のシミやくすみがやけに増えたな・・・」と感じる方、それはもしかしたら内臓のSOSのサインかもしれません。

イチ
イチ

肝臓や腎臓などの不調が関係している可能性があります

不安に感じることがあれば、一度医師に相談してみましょう。

参考本として「ホクロとシミでわかる内臓不調」という本があります。

シミやホクロができた場所によって、どこの内臓が不調をきたしているのかを事細かく知ることができます。

原因 女性ホルモンの乱れ

健康を考える女性

女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、メラノサイトが活性化されます。

イチ
イチ

多くのメラニンを生成してしまうことが、研究で解明されているんです

ホルモンバランスが一番崩れやすいとされていることが、実はあります。

それは月経不順や妊娠などです。

イチ
イチ

30~40代の女性に多く見られる症状なので、覚えておいて損はありません

ホルモンバランスの乱れ対策

ホルモンバランスを整えるために一番効果的なことは、やはり規則正しい生活習慣です☆

バランスのとれた食事に十分な睡眠、そして日常でのストレス解消です。

これらがとても重要になるため、改善できることがあれば今すぐにでも取り掛かりましょう。

まとめ

シミができるのは、加齢が原因だけではないというのがわかって頂けたと思います。

今回の記事を参考に、今できる対策をしっかりやり、いつまでもきれいな肌を保ちましょう♪

イチ
イチ

日々の努力が未来につながります

この記事を書いた人
イチ

・理美容師歴20年以上
・AEAJアロマテラピーアドバイザー歴 約9年
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン歴 約9年

■「週刊SPA!」に識者として参加経験有
 
20歳の頃ハゲる宣告を受けるも、育毛とアロマを続けた結果40歳過ぎても髪生存中!
 
髪や体に関する悩みの解決法とアロマの有効性をメインにブログで発信。 

記事の監修・商品レビューのご依頼も受け付けます☆
 

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました