リンス トリートメント コンディショナー 違いを知って使い分け♪

りんす、トリートメント、コンディショナ―の違いヘアカラー

みなさんシャンプーのあとに何を使っていますか?

私は毎日トリートメントしてるけど?
なんで?

イチ
イチ

トリートメントですか☆
じゃあ、トリートメントの効果ってわかって使っていますか!?

 

髪を保護するのは主に、リンス、トリートメント、コンディショナーの3種類ありますよね☆

実はこれ、全て髪の守り方が違うんですよ!

 

  リンス   = 「髪の表面をコーティング」
トリートメント = 「髪の内部を補修」
コンディショナー= 「髪の表面をコーティングして少しだけ内部も補修」

 

このように、髪に対するアプローチの仕方がそれぞれ違うんです!

それを知ったうえ、あなたの髪に合わせて使いわければ今までよりもっと仕上がりが良くなりますよ☆

 

ということで、

  • 「どのように使い分ければいいのか」
  • 「自分の髪の状態はどうなのか」
  • 「今後どれを使えばいいのか」

こういったことに対して、理美容師歴20年余の私 イチ がお答えしていきたいと思います♪

 

今まで何も使っていなかったという人も、髪を守る上でぜひこれから使うようにしてみてくださいね☆

それではさっそく、いってみましょう!

リンス・トリートメント・コンディショナーの違い

トリートメント

まずは、リンス トリートメント コンディショナー の違いをしっかり理解しましょう☆

あなたが求めている仕上がりがどういったものなのか、考慮しながらご覧いただけると参考になるかと思いますよ♪

 

 リンス 

リンス

  • 髪に油分を補給
  • 指通りが良くなる
  • 油膜を張ることで静電気予防
  • 摩擦から髪を守る
  • 枝毛や切れ毛の防止

リンスは、シャンプーで流れ落ちた髪の油分を補うことができます。

髪を油膜コーティングするので、なめらかな指通りと櫛どおりになりますよ☆

油分はパサつきを抑えるほか、静電気予防にも効果があります!

イチ
イチ

髪は静電気からもダメージを受けますからね・・・

 

また、枕や帽子などの外部摩擦から髪を守ってくれるため、キューティクル※も傷みません♪

※キューティクル・・・髪の表面を覆っているうろこ状の組織

艶がよみがえり潤いが生まれるため、健康的な髪の印象を与えることが出来ますよ♪

 

通常はシリコーン油やエステル油でコーティングを出すのが一般的ですが、最近ではオーガニック製品もたくさん販売されています。

ホホバ油やセサミ油といった天然由来のものを使用したリンスもありますよ☆

化学薬品が苦手な方はそういったものを選んでみてはいかがでしょうか!

 

 トリートメント 

トリートメント

  • 髪のダメージを補修
  • 足りなくなった栄養を髪に届け蘇らせる
  • 髪質を整えてくれる

髪の内部に浸透して、不足しがちな栄養素を補ってくれるのがトリートメントです!

パサつきやごわつきは水分不足や栄養不足が主な原因ですよ。

それらを解決する時に役立つのがトリートメントというわけです☆

 

油分 タンパク質 アミノ酸 などを配合しているため、髪本来のハリやコシを蘇らせることが出来ますよ♪

イチ
イチ

ちなみに、ヘアパックやヘアマスクといった商品もトリートメントと同じ効果があります!

 

ダメージヘアの方はまず、トリートメントで髪の内側を補修することを心がけましょう☆

リンスのように髪をコーティングするだけでは、髪本来の潤いを取り戻せませんからね。

 

 コンディショナー 

コンディショナー

  • 髪に油分を補給
  • 指通りが良くなる
  • 油膜を張ることで静電気予防
  • 摩擦から髪を守る
  • 枝毛や切れ毛の防止
  • 少しだけ内部補修出来る

用途はリンスとほぼ同じです。

髪の表面に油膜を張り、保護することが主な役割となります。

 

唯一リンスと違うところは、少しだけ髪の内部補修もすることが出来るということです!

保湿成分、セラミド、ミネラルなどが配合されているため、内側からも髪を整えてくれますよ☆

 

ただし、トリートメントほどの効果はありませんので覚えておきましょう。

 

フケが出て困るという方は、下記の記事で原因を解説していますのでご覧ください。
髪からフケがでる原因はこれだ!8つの原因とその対処法を網羅する!

 

おすすめの使いわけ方

ヘアケアする女性

リンス トリートメント コンディショナー をうまく使い分けることが出来れば、今まで以上の髪の状態に持っていくことが可能になります!

あなたが今使うべきものはどれなのか、使い分けの参考にしてみてくださいね♪

 

 リンス 

特にダメージもなく、これといった症状が現れていない健康毛の方におすすめします☆

シャンプーをすれば、必ずと言っていいほど汚れと一緒に必要な油分まで流れ落ちてしまいます。

それを補給する感覚で使用すればOKというわけですよ♪

 

 リンスインシャンプーについて 

リンスインシャンプー

ひと昔前に爆発的にヒットしたリンスインシャンプー。

髪を洗いながらリンスの効果も得られるため、手間と時間とコストの削減にみんなが酔いしれたんですよね~♪

今でも根強い人気を誇っているリンスインシャンプーですが、使用するにはちょっとした注意点があるんです。

それを少し紹介したいと思います☆

 

 脂性の人は要注意 

シャンプーにリンスが含まれているため、少なからず頭皮にも油膜が張られることになります。

頭皮が乾燥している方なら特に問題はありませんが、脂性の方が使うと頭皮に過剰な油分が溜まるため、頭皮トラブルの原因になりかねませんよ・・・。

「人よりも脂性かも?」と思う方は使用しないほうがいいでしょうね。

 

 十分な油膜コーティングが出来ない 

リンスが入っているとは言え、普通のリンスよりも配合されている成分が少なめになります。

結果、髪を十分にコーティングすることができない場合があるのです。

イチ
イチ

指通りも思ったほどよくはなりませんしね・・・

しっかり髪を保護したいのであればやはりシャンプーとリンスを別々で使用した方がいいと思いますよ。

特に髪がパサついている方にはおすすめできませんね。

 

「じゃあ、普通のシャンプーとリンスを混ぜればいいんじゃない!?」

と考えたすごい方!

 

確かにリンスインシャンプーになりますが、絶対に自分で混ぜるのだけはしないでくださいね!

市販されているリンスインシャンプーは、リンス自体の分子構造が違うんです。

分子が大きいため、通常のリンスよりも浸透時間を長くとっているんですよ!

頭皮についてもあらかじめ流れ落ちるように設計されているからこそ成せる技なんです。

 

もし自分で配合したリンスインシャンプーを使ったら、頭皮にリンスがへばりついてしまいますよ。

ベタベタ、かゆみ、頭皮臭、といった頭皮トラブルを引き起こす可能性があるので混ぜるのだけはやめましょうね!

 

実は、ホホバ油を使ったアロマのうるおいシャンプーは作ることが出来ますよ♪
誰でも簡単に作れますので「手作りリンスインシャンプー」的なものを作りたい方は「精油を使ったトイレタリーの作り方(シャンプー・コンディショナー)」を参考にしてみてくださいね☆

 

 

 トリートメント 

髪の毛の補修に最適なトリートメントは、ヘアカラーやパーマと言った薬剤によるダメージを受けている髪の人におすすめします☆

 

そもそも、カラーやパーマは髪の内部に薬剤を浸透させることで色やウェーブを作り上げます。

その際一度キューティクルを開いてしまうため、どうしても髪の中の成分が抜けだしやすい状態になってしまうのです。

 

キューティクルは、一度開くと元通りに閉めることはできないため隙間が空き続けます。

その隙間から髪に必要な栄養素や水分が徐々に抜けていく結果、髪に艶もなくなりパサパサごわごわになるというわけです。

 

そんな傷んだ髪にトリートメントは必要な栄養素や水分を補ってくれ、髪質を整えてくれるんですよ☆

 

 コンディショナー 

カラーやパーマをしていないのに、パサついたりゴワゴワしている方におすすめします☆

コンディショナーは髪を油分でコーティングするほか、保湿成分 セラミド ミネラル などが配合されているため、内部に必要な栄養素と水分を多少なりとも補給することができます。

カラーやパーマといったハイダメージを受けている髪の補修には向いていませんが、多少のパサつきやゴワゴワならば内部補修してくれるというわけですよ☆

 

髪のパサつきが気になる方は「髪がパサパサになる原因4選とその改善法を紹介!私はこれで改善された☆」を参考にご覧ください☆

 

 

今、あなたの髪の状態はどんな感じですか?

 

今回のことを参考に、今後は リンス トリートメント コンディショナー を使い分けてみてはいかがでしょうか♪

 

リンスとトリートメントを併用して使う場合

ヘアケアする女性

リンスとトリートメントを併用して使う場合、先にトリートメントをしてからリンスを使用しましょう!

 

答えは簡単

リンスで先に油膜を張ってしまうとトリートメント成分が髪の内部に入り込めないからです!

 

まずはトリートメントでしっかり髪に栄養をあたえ、流し終わってからリンスを毛先中心に塗布しましょうね☆

その後すぐに洗い流せばOK!

これで併用は完璧というわけです♪

 

もし、十分なケアをしたい場合はこの順番をぜひ覚えておきましょうね♡

使い方と洗い流し方

リンス トリートメント コンディショナーの使い方

基本、リンス トリートメント コンディショナーすべてに関してデイリーケア製品のため、毎日使用してもOKです!

 

まれに高濃度ヘアパックのような商品がありますが、それは数日おきに使用した方がいいですね。

イチ
イチ

まぁ、そういった商品には使用頻度が記載されているはずですが

 

というわけで次は、リンス トリートメント コンディショナー それぞれの使い方と洗い流し方について簡単に説明したいと思います♪

 

 リンス 

リンスを手に取る

  1. 39℃程度のお湯でしっかりシャンプーを流しきる
  2. 適量を手に取り毛先を中心になじませる
  3. 頭皮につかないよう全体になじませたらすぐ洗い流す
  4. 洗い残しがないようしっかりすすいで完成!

リンスが頭皮につくと、かゆみ、べたつき、におい などの頭皮トラブルを引き起こす可能性があります。

ですので、頭皮につかないよう根元ははずして塗布するようにしましょう!

付け終わったら軽く毛先をもんで馴染ませ、すぐに洗い流します。

リンスは髪にすぐ吸着するので、放置時間はいりませんよ!

すぐすすいでOKです☆

イチ
イチ

逆に放置しても意味はないということですよ

 

 トリートメント 

トリートメント

  1. 39℃程度のお湯でしっかりシャンプーを流しきる
  2. 水気をしっかり切ったあと、適量を髪に塗布
  3. 毛先から優しく馴染ませていく
  4. 頭皮につかないよう全体に塗布したら約5分放置
  5. その後、洗い残しがないようしっかりすすいで完成!

髪に水分があると、トリートメント成分がうまく浸透しない場合があります。

まずはしっかり水気を切ってから塗布するようにしましょうね☆

トリートメントも頭皮につかないように塗布するのがポイントになります。

今度は髪に成分を吸収させるため、放置時間が必要ですよ!

 

より効果を高めたい場合は、ビニールキャップをかぶったり蒸しタオルで頭を温めましょうね♡

放置時間が長ければ長いだけ良いというわけではなく、逆に髪に負担がかかる恐れがあるため、長くても10分未満を目安にしましょう。

ヌルヌル感がなくなったらすすぎ終わりのサインですよ☆

 

 コンディショナー 

コンディショナー

  1. 39℃程度のお湯でしっかりシャンプーを流しきる
  2. 水気をしっかり切ったあと、適量を髪に塗布
  3. 毛先から優しく馴染ませていく
  4. 頭皮につかないよう全体になじませたらすぐ洗い流す
  5. 洗い残しがないようしっかりすすいで完成!

使い方はリンスとほとんど変わりません☆

頭皮につかないよう注意しながら馴染ませましょう!

 

ただし、コンディショナーの場合髪を補修する成分が含まれています。

塗布する際は浸透を高めるためにも十分水分を拭きとってからにしましょうね!

 

放置時間は必要ありません、すぐに洗い流してOKですよ!

成分をちょっとでも多く浸透させたいという方は2分程度放置しても良いですが、基本リンスと同じく表面をコーティングするのが目的なので、あまり放置に意味はないかもしれません・・・。

最後はしっかりすすいで完成ですよ♪

洗い残しには十分注意しましょうね!

 

メーカーによって呼び名が違う場合がある

呼び名の違い リンス トリートメント コンディショナー

ちなみに、リンス トリートメント コンディショナー という呼び名は正式に統一されているものではありません。

「A社が販売しているリンス」と「B社が販売しているトリートメント」で成分がほぼ同じ場合もあるのです。

要はメーカーによって呼び名を自由に変えることが出来るというわけですよ。

 

「じゃあ、どうやって選べばいいの??」

と、思いますよね!

 

心配ご無用♪

「使い方を確認」すればすぐに違いがわかりますよ☆

 

製品の使い方のところで

適量を髪になじませてからすすいでください」というような文言が書かれていたら、それはリンスかコンディショナーです!

「髪の内部まで補修!」のようなことも書かれていたら、それはコンディショナーですね♪

 

一方、

適量を髪になじませ、しばらくおいてからすすいでください」などと書かれている場合、それがトリートメントです!

イチ
イチ

唯一放置時間が必要なのはこれだけですからね☆

 

実際、成分表を見れば違いがわかりますが、みなさんそんなのめんどくさいですよね!?

ていうか、見てもわからないですよね・・・。

 

ですから、簡単な見分け方は「使い方の確認」というわけですよ♡

ぜひ参考にしてみてくださいね!

理美容室で使用しているのは何?

美容院でヘアケアする女性

「理美容室で使用しているのは何?」と気になっている方もいるかもしれませんね☆

そんな方へ理美容師の私 イチ がお答えします。

 

実は、お店ではお客様の髪質や施術内容によってそれぞれを使い分けているんですよ!

イチ
イチ

一つのものをみなさんに使っているんじゃないんです!

 

シンプルに例えるなら・・・

  • カットのみのお客様の場合はリンスかコンディショナー
  • カラーやパーマをした方はトリートメントまたはコンディショナーの併用

といった感じで使い分けています!

 

お店ごとに使い方はや商品はバラバラだと思いますが、ほとんどのお店は施術内容によって使い分けているはずですよ☆

 

理美容室での仕上がりと、お家で髪を洗った後の仕上がりが全然違う・・・」と感じた方は、そもそも使っているものが違う可能性があります。

そういった場合は、理美容師さんにあなたに合ったおすすめのシャンプー&トリートメントを教えてもらうようにしましょうね♪

 

理美容室の商品は本当に良質なものばかりですよ♪
その理由を「理美容室で売ってるワックスやシャンプーは本当にいいモノ?」で理美容師の私が解説していますのでご覧ください。

 

まとめ

シャンプーは髪と頭皮の汚れをきれいに取り除いてくれます。

しかし、きれいになった髪はいわば裸のままの状態ですよ!

そのまま何もしなければ水分が奪われ、キューティクルも傷んでしまいます。

髪のパサつき、ごわつき、枝毛、きしみ、艶なし、など様々なトラブルを防ぐため、ぜひ髪を保護してやりましょう

 

リンス、トリートメント、コンディショナー、の違いをしっかり理解し、あなたの髪の状態に合わせて使いわければきっと健康な髪を取り戻せるはずですよ♪

 

  リンス    =「髪の表面をコーティング」
トリートメント  =「髪を内部から補修」
コンディショナー =「髪の表面をコーティングして少しだけ内部も補修」

とりあえずこれだけはしっかり覚えておきましょうね☆

 

というわけで今回は、「リンス トリートメント コンディショナーの違い」について解説してみました☆

みなさんの悩みがこれでまた一つ解決出来たらな思っています♪

それではまた!

最後まで読んでいただきありがとうございました☆

 

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

30~40代男性がモテるためのサポートブログを運営

「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました