髪がパサパサになる原因4選とその改善法を紹介!私はこれで改善された☆

髪の毛がパサパサで悩む男性髪、頭皮に関する悩み・疑問

「カラーやパーマをしていないのに髪がパッサパサなんだけどなんで・・・?」

そう感じている方はけっこう多いのではないでしょうか!

私も以前こんなことを言われたことがあります。

blank

イチは白髪染めでもしてんの?

イチ
イチ

えっ?してないけど(苦笑)なんで?

blank

真っ黒でパッサパサだからてっきり染めてんのかと思ってさ!

イチ
イチ

地毛ですよwww。てかそんなパサパサにみえるかなぁ・・・

 

確かに言われてみれば・・・うん、そうかも。

気づかないうちに髪に艶もなハリもなくなっていたのでした。

薬剤を使用していれば「多分これが原因だろう」と簡単に気づき改善することもできたのですが、カラーやパーマをしていないのにパサついてくると何が原因なのかわからなくなるもんですよ(苦笑)

 

そこで私は、日常生活を一から見直してみることにしました!

そして、「これが原因だ!」という要因を4つ見つけたんです☆

ほとんどの方はこれが原因になっているはずですよ!

「あっ!自分もそうだ!」と気づくことばかりだと思いますので是非参考にしてみてくださいね☆

改善方法もとっても簡単ですよ!

それではさっそく、いってみましょー!

原因.1 濡れたままの放置

濡れた髪のまま放置する男性

最大のパサつく原因が「濡れたままの放置」かもしれません!

お風呂で頭を洗ったあと、きちんとドライヤーで乾かしている方はどのくらいいるでしょうか?

イチ
イチ

男性は特に乾かさないですよね

 

私も実は乾かすのが面倒で家では自然乾燥がほとんどでした・・・。

(仕事ではきちんとやっていますが、自分のことになるとどうもおっくうで・・・。)

 

Q. 髪をきちんと乾かさず自然乾燥だとなぜいけないの?

答えは簡単!

髪の中の水分が外に抜けていくからですよ!

 

濡れたまま放置していると、髪が乾く際に必要な水分まで一緒に蒸発してしまうためパサパサ髪になってしまうんです。

(必要な水分を道連れに蒸発するイメージですね!)

イチ
イチ

中の水分は傷んではがれたキューティクルの隙間から抜けますよ

 

結果、髪に潤いが足りなくなりパサついてしまうというわけです・・・。

そうならないためにもお風呂上りにはきちんとドライヤーで乾かしましょう!

ドライヤーを使用すれば髪表面の水分のみ乾かすことができるので髪の中の水分を保持することができますよ♪

 

「自分も乾かしてなかったわー・・・」

と思った方!これからはドライヤーで乾かすようにしましょうね☆

これだけでもだいぶ髪の改善に役立ちますよ♪

 

ちなみにドライヤーで髪を乾かす際に注意しなければいけないのが「乾かし過ぎ(オーバードライ)」です。

髪を綺麗に保つ方法を「【髪が傷む原因 4選】プロがケアの仕方も教えちゃいます!」で詳しく解説していますので参考までにどうぞ☆

 

原因.2 洗浄力の強いシャンプー

洗浄力の強いシャンプー

育毛効果を期待し、洗浄力の強いシャンプーを使用している男性もまた多いはず!

実はそのシャンプーが髪の潤いに必要な油分まで取り除いているかもしれませんよ!

イチ
イチ

ここで少し髪の構造について説明させてください♪

髪は表面からキューティクル→コルテックス→メデュラという構造で作られています。

髪の構造

このコルテックスという場所に髪の柔らかさや潤いのもととなる成分が含まれているんですよ☆

この成分は、キューティクルがしまっていれば外に逃げることがないため髪の潤いは保たれます。

 

しかし、キューティクルが開いた髪(何らかの原因でダメージを受けた髪)は成分を外に放出しやすい状態になります。

そんな髪に洗浄力の強いシャンプーを使用してしまっては脂質が大量に失われてしまうのは一目瞭然というわけですよ!

髪のツヤや潤いを重要視したい方はなるべく洗浄力の強いシャンプーを避けるようにしましょうね☆

 

実はあなたの髪に合ったシャンプーを手作りすることもできるんですよ♡

精油を使ったトイレタリーの作り方(シャンプー・コンディショナー)」でアロマテラピーアドバイザーの資格も持つ私 イチが詳しく解説していますので、気になる方はご覧ください♪

 

原因.3 トリートメントの不使用

トリートメント

これも男性に多い要因ではないでしょうか!

  • 「シャンプーは毎日するけどトリートメントはしない。」
  • 「そもそもトリートメントは髪の長い女性がするものなんじゃないの!?」
  • 「短い髪には必要ないでしょ!」

そう思いトリートメントを使ってこなかった人はたくさんいるはずです☆

 

しかし実は、トリートメントは髪の長さに関係なくみなさんがやるべきものなのです!

ではちなみに、

「そもそもトリートメントとはどのような役割を担っているのかご存じですか??」

わからない人もいると思うのでここで簡単に説明しておきますね☆

 

トリートメントは髪をなめらかにするためのものと思いがちですが、本来の目的はそこではありません!

トリートメントは髪に必要な栄養素を補充する役割を担っているのです!

blank

栄養素の補充???

イチ
イチ

はい!さっき言った3つの成分、タンパク質脂質水分を髪に補充してくれるんですよ☆

 

キューティクルが傷んで開いていると、髪の中の成分が外に抜け出てしまいます。

それを毎回トリートメントで補充してやり、艶や潤いを保つというわけですね♪

結果、髪のパサつきも抑えることができるんですよ☆

これで男性もトリートメントはするべきだということがわかりましたかね♪

正しいトリートメントの仕方

トリートメントはたくさんつければいいというわけではありません。

つけすぎると洗い残しが出てしまい、頭皮トラブルを起こしてしまうおそれがあるので注意してくださいね。

男性なら1プッシュ~2プッシュで十分足りるかと思います☆

イチ
イチ

長さにもよりますが、大体の目安として覚えておいてくださいね☆

これを、頭皮にすりこまないよう注意しながら髪全体に塗布してなじませます。(根元は浮いていても大丈夫!)

全体に行き渡ったところで3~5分程度放置しておきます。

この放置時間の間に髪に浸透し、栄養を与えてくれるというわけです!

 

その後洗い流せば完成となります☆

とっても簡単なので、みなさんもぜひトリートメントをするよう心がけてくださいね♪

トリートメント・コンディショナー・リンスの違いについて

ちなみに、トリートメント・コンディショナー・リンスの違いについてもここで説明しちゃいます!

 トリートメント 

髪に浸透し必要な栄養素を補充しくれる。

 コンディショナー 

髪の表面をコーティングし保湿成分を加えることで、指通りの良い滑らかな髪に仕上げます。

 リンス 

髪の表面をコーティングし油分を与えることで髪を滑らかに仕上げます。

 

『髪の内部に栄養素を取り込み内側から髪を改善するトリートメント』

『髪の表面をコーティングするコンディショナーとリンス』

これは併用して使用することも可能です☆

 

しかし、ただでさえトリートメントをしていなかった人がこんな手間をかけることは絶対に無理でしょう!(苦笑)

なので、まずはトリートメントで髪の内部改善に取り組んだ方がベストというわけですよ☆

 

髪の栄養は食事から摂ることもできます☆

どのような食べ物が良いのかは「髪に栄養を行き渡らせたいならバランス重視の食事が大事!和食がベストの理由」で詳しく解説していますのでご覧ください☆

 

原因.4 紫外線や乾燥

紫外線を手でシャットアウト

 紫外線 

外仕事の方は特に注意が必要ですね!

意外と知られていませんが紫外線は髪の内部にまで侵入してしまいます。(怖がらないでね。苦笑)

入り込んだ紫外線は髪の主成分たんぱく質にダメージを与え、結果柔軟性が失われるためパサつきの原因となるのです。

スキンケアのうえで紫外線対策は有名ですが、実は髪の毛のパサつき防止に紫外線対策が重要なのはあまり知られていませんよね。

ではどう対処すればいいのか・・・?

UVオイルやUVスプレーを髪につけて外出することです。

blank

えー、なんか面倒だなぁ・・・

イチ
イチ

ですよね・・・男性はやっぱりそう感じますよね

 

でも大丈夫!!

もっと簡単な方法があるので安心してくださいね☆

それは帽子やタオルをかぶることです!

これなら簡単ですよね♪

 

それも紫外線を通しにくい黒色をおすすめします。

なぜかというと、 黒  黄色  ピンク  白 といったように色が薄くなるにつれ紫外線を通しやすくなるからですよ☆

なのでなるべく色の濃いものをかぶり、しっかり紫外線対策をしましょう!

 

 乾燥 

冬は特に空気の乾燥が目立ちます。

この空気の乾燥も実は髪のパサつきの原因になるのです。

外気が乾燥するとそれに伴い髪も乾燥しやすくなります。

 

そして、乾燥した髪は互いに擦れあい静電気を引き起こしてしまうのです!

この静電気が実は大問題!!

静電気は髪のキューティクルを開きやすくしてしまい、その結果必要な水分を放出してしまうのです。

 

この静電気を防ぐためには髪に潤いを持たせることが最適です♪

外出の際、ヘアオイルや流さないトリートメントを使用するなど適度の保湿を心がけるようにしましょう☆

帽子をかぶって湿度を保つというのも簡単な対策法ですよ!

まとめ

髪のトラブルは今回挙げた4つの原因がほとんどだと思います。

カラーやパーマをしていないのに髪が傷んで悩んでいるみなさん!

見ての通り、対処方法はとても簡単なものばかりですので「これが原因かも!」と思ったものがあればすぐ改善してみてくださいね☆

少しの手間で髪に潤いが戻ってくること間違いなしですよ♡

ハリと潤いのある若々しい髪は見た目もずっと若く見えるのでアンチエイジングにもきっと役立ちますよ☆

 

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

30~40代男性がモテるためのサポートブログを運営

「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました