見落としやすい!髪の傷む原因【4選】正しいケア方法を理美容師が解説☆

傷んだ髪に悩む女性髪、頭皮に関する悩み・疑問
  • 最近、髪がきしんで指通りが悪い・・・
  • カラーしたら、なんかパサつく・・・
  • ゴワゴワして全然まとまらない・・・
  • 何にもしてないのに、髪が傷んできたけどなんで?
  • このままハゲないか心配・・・

日頃、「髪の傷み」に悩んでいる方は多いはずです!

私も、20代の頃から毎日髪の毛のことは気にしています。

イチ
イチ

手触りや見た目に変化があると、心配になる気持ちもよくわかるんです!

実は、髪が傷む原因は様々あります。

何気ない日常生活の中にも、髪が傷む原因は潜んでいるんです。

そこで、今回は「日頃、見落としやすい髪を傷める原因について解説します。

この記事を読めば、どうしてあなたの髪が傷んでいるのかを知ることができます!

イチ
イチ

適切な対処をして、元気な髪を取り戻しましょう♪

この記事を書いた人
イチ

「週刊SPA!」識者経験あり

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

20年以上、育毛対策けいぞく中!
がっつり腰痛持ち♪

日曜・水曜に新着記事を更新中!
「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする

髪が傷む原因 4選

髪が傷むのには、きちんとした理由があります。

あなたの日常生活の中に「あっ!これかも!!」という原因があったら、今すぐ改善しましょう☆

髪が傷む原因
  1. カラーやパーマ
  2. ドライヤーのかけすぎ
  3. 就寝時の摩擦
  4. 紫外線

カラーやパーマはやはり傷む

カラーやパーマは、薬剤を使うためどうしても髪が傷みます。

イチ
イチ

キューティクルを強制的に開くため、髪がガサガサになってしまうんです

今は薬剤の進歩もあり、だいぶ傷みも抑えられるようになってきました。

それでもやはり、カラーやパーマの作用上、多少なりとも傷んでしまうんです。

どうして傷んでしまうのか、詳しく説明します。

 カラーの場合 

髪の毛1本を拡大すると、キューティクル(毛小皮)がうろこ状になって形成されているのがわかります。

そのうろこ状になっているキューティクルを開くことで、髪に色が入る仕組みになっているんです。

キューティクルを開いて薬剤を浸透させる

隙間から染料を中に浸透させ、メラニン色素を脱色します。

そこに染料を加え、さまざまな色に発色させるというわけです。

わかりますよね?

ヘアカラーは、強制的にキューティクルを開いているんです。

これが、髪の傷みにつながります。

「閉められないの?」と思うかもしれません。

多少引き締めることはできますが、元に戻すことはできないんです。

1回開いたキューティクルは、完璧に元には戻せないんです。

初めてのヘアカラーならさほど気にはなりませんが、カラーを続けるにしたがい徐々に傷みが顕著に現れてきます。

 パーマの場合 

パーマの場合も、同じことが言えます。

キューティクルを開き、そのさらに奥の毛皮質まで薬剤を浸透させなければいけません。

そこまで浸透し、初めてウェーブがかかるんです。

このように、キューティクルを開いて行う作業は、必ず髪が傷みます。

しかし、初めにも言わせて頂いた通り、今では薬剤もだいぶ進歩し傷みも軽減されてきました。

過度な心配はいりませんが、傷む原因にはなるということを理解しておきましょう。

「どうしても髪の艶が一番だ!」という方は、ヘアカラーやパーマはおすすめしません(苦笑)

カラーやパーマでアルカリに傾いた髪は、数日かけて弱酸性に戻す必要があります。(すぐには戻りません)

そうしないと再びキューティクルが開き、傷みの原因とカラーやパーマの持ちの悪さにつながるからです。

キューティクルの開いた髪は、トリートメントでしっかり栄養を補充してください。

内部から修復することで、パサパサゴワゴワを防ぐことができます。

ドライヤーのかけすぎはNG

blank

お風呂上りに、髪をドライヤーで乾かすことはとても大切です。

髪が濡れた状態というのは、キューティクルが開きやすくなっている状態だからです。

濡れた状態で長時間過ごすと、髪から水分がどんどん抜けていきます。

自然乾燥させてしまうと、髪に必要な水分まで根こそぎ奪われてしまうんです。

パサパサ髪はダメージを受けやすいため、ドライヤーでしっかり乾かす必要があるというわけです。

だからといって、乾かし過ぎるのはいけません。

ここが大切なポイントです!

過度の乾燥はオーバードライと言い、髪のパサツキに直結するからです。

基本的には、頭皮の水分を乾かすことに重点をおいて乾かしましょう!

頭皮が乾いたら、髪は多少湿っていてもOKです☆

オーバードライになって静電気が発生すると、キューティクルがはがれてしまう恐れがあります

キューティクルがはがれれば、栄養が出てしまいダメージヘアへ移行してしまいます。

オーバードライにならないためにも、ドライヤーは振りながら乾かしましょう!

ムラなく乾かすということができるうえに、髪のたんぱく質が熱で固まることを防げます☆

就寝時も気をつける

髪は、外部からの刺激によって傷むこともあります。

とくに、寝具による摩擦が髪の傷みの原因になるんです!

寝返りをうつことで、髪は枕の摩擦によってダメージを受けます。

濡れている髪は摩擦力が強いため、余計ダメージを受けてしまうというわけです・・・。

眠る際は、流さないトリートメントなどを髪につけて保護してやると、効果的です!

髪が長い方は、お団子ヘアに髪をまとめで寝るのもいい方法です☆

とにかく、寝具による摩擦を抑えることで、髪のダメージが減るということを覚えておきましょう。

太陽の紫外線も要注意

外に出る際は、太陽の日差しが一番の天敵になります。

髪は、紫外線によってダメージを受けることもあるからです。

ダメージを受けた髪は、手触りもギシギシとした感じになり、いかにもダメージヘアといった感じになります。

対策として、専用のUVスプレーなどを髪に拭きかけるのがベストになります。

紫外線の強い日は、日傘や帽子などを活用するのもOKです☆

何気ないところからも、髪が傷んでしまうということを理解しておきましょう!

まとめ

髪は、日常生活の中でも傷む原因がいくつかあります。

髪が傷む原因
  1. カラーやパーマ
  2. ドライヤーのかけすぎ
  3. 就寝時の摩擦
  4. 紫外線

それらをよく理解し対処することで、ハリとコシがある艶やかな髪を維持することができます☆

常に気にかけることは大変かもしれません。

ですが、少しずつでも日常生活で意識してみてはいかがでしょうか☆

それだけで、髪の傷みは軽減されるはずですからね♪

髪をきれいに保てれば、アンチエイジングの効果もあります

健やかな髪を維持できるよう、参考にして頂けたら幸いです☆

ということで、今回は「日頃、見落としやすい髪を傷める原因について解説しました。

髪に悩んでいる方の、参考になれば幸いです!

この記事を書いた人
イチ

「週刊SPA!」識者経験あり

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

20年以上、育毛対策けいぞく中!
がっつり腰痛持ち♪

日曜・水曜に新着記事を更新中!
「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました