耳掃除の正しい仕方を解説!自分でしない方は耳鼻科にいこう!

耳掃除体、顔に関する悩み・疑問

耳掃除のそもそもの目的は外耳道にたまった耳垢をとり清潔に保つことです。

しかし、実際はみなさん「気持ちいいから」や「かゆいから」などといった理由でやられている方が多いのではないでしょうか☆

イチ
イチ

私も気持ちいいのでやっています♪

このように、耳掃除の目的は人それぞれ違うのが現状です。

今回はそんなみなさん全員に「正しい耳掃除の仕方」を学んでいただき、健康的な耳環境を作って頂けたらと思います♪

今まで間違った仕方でいつのまにか耳を傷つけていた方もいると思いますので、ぜひ参考にしていただけたら幸いですね☆

それではさっそく、いってみましょう!

耳掃除はするべき?しない方がいい?

そもそも耳掃除とは耳垢を取り除くことで外耳道を清潔に保つために行うものですが、一方では「耳掃除はしなくてもいい!」という話もよく聞きます。

実際のところ何が正しいのか?まずはそこから簡単に解説したいと思います☆

耳掃除をしなくていい人は確かにいる!

確かに「耳掃除はしなくてもいい」という説は一理あります。

しかし、それには条件があるのです!

 

まず一つ目の条件、それは「カサカサ耳の人」の場合です!

そもそも乾燥している耳垢というは、人がおしゃべりしたり食事をする際のあごの振動ではがれ落ち自然と外へ排出されるのです!

イチ
イチ

無理に耳かき棒などで取り出さなくても自然ととれるんですよね♪

 

そしてもう一つの条件、「外耳道が広い人」の場合です!

外耳道が広い方は耳垢が外に出やすいため、中に溜まるといった心配がありません☆

主にこの2つの条件を満たしている方のみ耳掃除をしなくてもきれいな状態を保てるというわけです♪

 

新陳代謝のいいお子様や、お年寄りはカサカサ耳でも溜まりやすいため定期的に耳掃除をしましょうね☆

アメ耳の方や外耳道の狭い方、その他の方たちはやはり定期的に耳掃除をしなければいけないということになります。

耳掃除はしなくていいという話が広まった理由

巷で「耳掃除はしなくても大丈夫だ!」という噂が広がった理由には、日本人の耳垢事情が深く関係しています。

そもそも、日本人の耳垢は約7割の方がカサカサ耳だと言われています。

そのせいで大多数の方が「耳掃除をしなくてもいい」という条件に当てはまっていると勘違いした結果、そのような噂が広まったのです!

 

外耳道が広い方という条件も含めなければいけないのですが、そこが抜けて「カサカサ耳の人はみんな耳掃除をしなくても大丈夫!」となった結果なのだと推測できるというわけですね。

イチ
イチ

ちなみに、外国の方はアメ耳が多いらしいですよ☆

耳掃除の仕方

耳垢は基本的に外耳道の入り口付近にのみ溜まります。

おおよそ1㎝程度奥までをきれいにすればそれで十分きれいになるというわけです!

それを踏まえた上、耳垢の種類に分けて「正しい耳掃除の仕方」を解説したいと思います☆

カサカサ耳の場合

カサカサ耳の方は耳かき棒で耳掃除することが多いかもしれませんが、できることなら綿棒をおすすめします☆

そもそも耳垢は軽くこする程度で取れてしまうためガリガリする必要はないのです!

それに小さいお子様の耳掃除をする場合、予期せぬ動きに注意して行わなければいけないため比較的安全な綿棒がいいというわけですよ♪

また、寝そべって耳かきをする光景をよく見かけますがこれもあまりおすすめしません

カサカサ耳の場合、寝て耳掃除を行うと耳の奥へカスが落ちてしまいます。

外耳道の奥にある鼓膜付近にたまってしまうと中々取れなくなるため、そういった場合は耳鼻科へ行き取ってもらわいといけなくなりますよ。

できることなら起きた状態で耳掃除をするよう心がけましょう☆

アメ耳の場合

アメ耳の場合も道具は綿棒を使用しましょう!

アメ耳はカサカサ耳とは違い、粘着力があるため拭きとるように取り除く必要があるためですね。

綿棒で優しく拭きとることで耳の中をきれいにすることが出来ますよ☆

また、奥の方まで綿棒を入れてしまうとアメ耳が詰まってしまい耳垢栓塞(じこうせんそく)という病気を起こしてしまう恐れがあります。

 

耳垢栓塞になると、難聴、耳鳴り、耳の閉塞感といった症状に見舞われるため注意しましょう。

耳掃除は外耳道の入り口付近のみにし、奥の方へ耳垢を押し込まないようにしましょうね☆

 

特にお子様は外耳道が狭いため、耳掃除をし過ぎたり大きな綿棒でやってしまうと耳垢栓塞になりやすいので注意しましょう。

耳掃除の頻度

毎日お風呂上りに耳掃除している方も多くいらっしゃるのではないでしょうか!?

実は毎日耳掃除をすると外耳道を傷つけたり、耳垢を奥に押し込んでしまう恐れがあるため頻繁にはしない方がいいのです。

 

耳掃除は基本的に2週間に一度、思い出した時にやる程度で十分きれいになります!

 

要はひと月に2回程度というわけですね。

今まで毎日のように耳掃除をしていた方に、いきなり「月2回程度に控えましょう!」と言っても難しいものがあるかもしれません(汗)

それでも、少しずつ回数を減らしていく努力は行いましょう☆

イチ
イチ

耳がムズムズして気になるかもしれませんが、そこは我慢しましょうね・・・

 

耳がムズムズする原因は、もしかしたら耳毛かもしれませんよ!
きれいに耳毛を処理すればかゆみも収まるかも☆
耳毛の処理に最適な方法は『抜く?剃る?切る?』理容師が詳しく解説!」で処理の仕方を詳しく解説していますので気になる方はご覧ください♪

 

イヤースコープで汚れを確認

耳はすぐに汚れるものではありません。

ですので、頻繁に耳掃除はしなくてもいいんです!

とはいっても気になる方は気になりますよね・・・。

そんな方は「イヤースコープ」を使ってあなたの目で実際に確認してみてください!

イチ
イチ

携帯の画面を使えば自宅で簡単に確認することができますよ♪

いかに耳がきれいか確認できれば、あなたもきっと納得できるはずですよ☆

興味のある方はぜひ使ってみてくださいね。

 

 AISITIN イヤースコープ 耳かきカメラ 

  • IOS&Android携帯対応
  • アプリをダウンロードするだけで携帯と繋げます!
  • 日本語説明書付きで安心☆
  • 耳の中を簡単に確認することが出来ますよ♪
  • 耳かきセットも一緒に付いてきます☆
    だからって頻繁に耳掃除しないでくださいね(苦笑)

 

 

耳掃除の注意点

正しい耳掃除は外耳道の入り口から約1㎝程度奥までを掃除することです。

ここでは特に注意してほしい耳掃除の仕方を解説します☆

強くこすらない

かゆいからといってどうしても強くこすってしまう方がいらっしゃいますが、外耳道の皮膚はとても薄いため強くこするとすぐに傷ついてしまいます。

傷ついた外耳道は感染症にかかりやすくなるため、最悪外耳道炎を起こしてしまう恐れがありますよ。

赤み、いたみ、かゆみの症状が現れ、この症状でさらに強くこすってしまうという悪循環が生まれてしまうこともあります。

さらに症状が悪化してしまうと、耳鼻科で処方してもらう点耳薬を使用して治療しなくてはいけなくなりますので注意しましょう。

気持ちよくても奥まではやらない

耳掃除が気持ちいいと感じるのは耳の穴に迷走神経という快感を生じさせる神経が走っているためです。

奥の方を掃除すると気持ちがいいと感じるのはその為なんですよ!

だからと言って外耳道の奥まで掃除しようとは決してしないことです!

無理に突っ込んでしまうと奥に耳垢が詰まりやすくなりますし、皮膚が傷つきます。

また、外耳道の奥には鼓膜がありますのでひょんな拍子に誰かとぶつかったりすると鼓膜を傷つける可能性がありますよ。

イチ
イチ

実際、私の知人が耳掃除中の事故で鼓膜を破いてしまったことがあります・・・

耳掃除は危険と隣り合わせということを理解していただき、正しいやり方で行うべきなのです☆

耳鼻科は耳掃除だけでも受診OK!

耳掃除を自分でしない方や小さいお子様の耳掃除の場合は耳鼻科できれいに取り除いてもらうことをおすすめします。

もちろん耳掃除だけでの受診もOKなので気軽に利用しましょう☆

料金は大体1,000円~2,000円ですね♪

お子様の場合は医療費の援助がありますのでもっと安くなりますよ☆

定期的に通う場合は2か月に一度を目安に受診しましょう!

イチ
イチ

これなら確実にきれいにできますし、傷つける心配もないので安心ですよ☆

 

ちなみに、理容室では顔そりのついでに耳掃除もしてもらえますよ
鼻毛や眉毛カットも一緒にしてもらえるので顔全体がきれいになります☆
お顔そりのみでも利用できるので、気になる方は「床屋さんは顔そりだけでもOK!意外と知らない理容室の便利な使い方」を参考にご覧ください☆

 

最後に

耳垢はゴミやほこりを吸着して侵入を防ぐ役割の他、虫の侵入も防いでくれます。

また、抗菌作用もあるため感染症予防にもなりますよ☆

一概に耳垢はいらないとは言い切れないのです!

これからは適度の耳掃除で耳の状態を良好に保つよう心がけましょうね☆

 

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

30~40代男性がモテるためのサポートブログを運営

日曜・水曜に新着記事を更新中!
「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました