認知症に効くアロマを紹介!簡単な使い方も教えます☆

認知症をアロマで改善するアロマの効果

医療関係でもアロマの有効性が認知され始めてきた昨今。

「認知症にアロマが効く!」とどこからともなく聞いたことがある方も多いと思います。

そもそも認知症とは、脳内の神経細胞が何らかの原因で損傷、減少、委縮することで記憶障害が起こることを指します。

この症状の緩和に精油の香り(アロマ)が有効に働くのはなんと事実なんですよね☆

では、なぜ香りを嗅ぐことで認知症が緩和されるのでしょうか?

今回は「認知症と香りの関係性」について深く掘り下げつつ、「認知症に効くアロマ」についても詳しく紹介していきたいと思います☆

イチ
イチ

簡単な使用法も紹介しますのでぜひ参考にしてみてくださいね♪

それではさっそく、いってみましょう!

 

アロマが認知症に効く理由

アロマが認知症に有効なのには、きちんとした理由があります。

その理由をまずはしっかり理解して、精油を利用してみましょうね☆

認知症は海馬のダメージが原因

認知症は大脳辺縁系の一部に属する「海馬(かいば)」※に異変が生じることで物忘れなどの症状が起こります。

※海馬・・・記憶と空間学習能力を司る

海馬の神経細胞が破壊されたり委縮する原因は様々ありますが、大きな原因の一つが長期間に渡る心理的ストレスと言われています。

イチ
イチ

精神的な要因も大きく関わっているんですよ

海馬と嗅覚の関係

アロマが心身に作用する経路は大きく分けて2種類あります。

  • 呼吸器、皮膚、消化器から体内に吸収され血液循環によって全身に作用する経路
  • 嗅覚から吸収された芳香成分が電気信号に変換されて脳へ届くことで心身に作用する経路
イチ
イチ

今回重要なのは後述の経路です!

 

電気信号に変換された芳香成分が大脳に届いて初めて「におい」として認識され、リラックスや緊張緩和などの効用が現れるわけですが、その際海馬を刺激することで記憶力が活性化されると言われています。

イチ
イチ

精油の芳香成分を嗅ぐということは間接的に脳を刺激することに繋がるんですよ♪

 

また、アロマは心身の生理機能をコントロールする部分にも大きく関わってくるため、認知症に有効といわれるようになりました☆

 

認知症の症状の一つに「においを感じづらくなる」という特徴があります。
そうしたところからも、嗅覚と脳は大きく関わっているということがわかります。

認知症に効果のある精油

認知症に効くアロマ

認知症に効果があるとされる代表的な精油は、ラベンダー、オレンジスイート、レモン、レモングラス、ローズマリーです。

それぞれどのような効用があるのかわからないと思いますので、ここで簡単に説明していきたいと思います☆

 

 ラベンダー 

万能の精油」として有名なラベンダーは主に、安眠効果や精神の緊張を和らげる作用が有効とされています。

神経バランスを整えてくれるため認知症に効果があります☆

 

 オレンジスイート 

柑橘系の中でも甘い香りが特徴的なオレンジスイート。

リフレッシュ効果に優れているため、ストレス、不安、緊張を和らげる作用があります。

海馬の委縮に関係しているストレスの改善に役立つほか、安眠効果があるため体をゆっくり休めることが出来ますよ☆

イチ
イチ

気分を前向きにしてくれるためうつ症状にも最適です!

 

 レモン 

爽やかな香りが特徴的なレモンは気分のリフレッシュに最適です☆

イチ
イチ

精神の不安や混迷を取り除き、前向きな気持ちにさせてくれますよ♪

朝に嗅ぐことで一日を明るく過ごすことが出来ます☆

 

 レモングラス 

TVでも注目された精油の一つです!

レモンティーのような優しい香りのレモングラス。

大脳の血流量を増加させ脳の活性化を図ることが可能な精油です☆

海馬も刺激するため、記憶力の向上や集中力のアップに有効ですよ♪

 

 ローズマリー 

樟脳(しょうのう)の香りに似ているローズマリーは気分を高揚させる働きがあります。

神経細胞の変化を抑制する働きもあるため、記憶機能の回復を図ることができる精油とされています☆

和精油「スギ」の登場

スギ

近年、和精油の中でも認知症に効く精油が発見されました☆

それが「スギ」の精油です!

秋田大学の研究によると、スギの芳香成分を8週間嗅ぎ続けた認知症患者に行動と心理症状の改善が見られたという研究成果が報告されました。

これにより介護の負担が軽減されるため、今後は治療の分野での活躍も視野に入れ研究を進めていくとのことです☆

 

和精油とは、日本の風土で育った植物から抽出された精油を指します。
どこか懐かしい香りのする精油ばかりですので、心の落ち着きを取り戻すのに最適な精油ですよ☆
和精油の種類も増えてきた!!日本風土の香りでリラックス☆」でたくさんの和精油を紹介していますので参考にご覧ください。

 

精油の簡単な使用方法を紹介

認知症を改善するためには、嗅覚から脳を刺激することが重要になります。

そうすると一番最適な精油の使用方法は「芳香浴法」※になるんですよ☆

※芳香浴法・・・空間に香りを広げてアロマを楽しむ方法

イチ
イチ

朝2時間、夜2時間といった感じで芳香浴法を行ってみましょう☆

ディフューザー

ディフューザー

空間に香りを広めるのに一番いい方法はディフューザーを使用することですね!

イチ
イチ

精油とディフューザーさえあれば簡単に精油の香りを広めることが出来ますよ!

何より操作が単純なので誰でも扱えるというメリットがあります☆

 

狭い空間ならアロマライトでも十分香りは広まりますが、より広く香りを漂わせたいのであればディフューザーを使用しましょう!

イチ
イチ

水蒸気と一緒に香りを広めるものもありますし、精油のみ香りを広げるものもありますよ☆

 

おすすめのディフューザーは「エッセンシャルオイル(精油)効用を活かす使い方5選!今すぐ実践!」で紹介していますので参考にご覧ください↓↓↓

 

ハンドトリートメントも有効

「認知症に効果があるの?」と思いがちですが、医療や介護にも用いられているほど有効な手段なんですよ!

手のツボを刺激して不調の緩和を促すのはもちろんのこと、ハンドトリートメントは人と人が触れ合うとてもいい機会になります。

触れ合いにより人体からは幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の分泌が促され、そのセロトニンが精神の安定に作用してくれるのです。

これが認知症にもとても有効に働いてくれるんですよ☆

イチ
イチ

手のぬくもりでリラックス出来ますし、リフレッシュ効果もあります♪

 

精油を使ったトリートメントオイルを使用すれば、香りが脳を刺激する他に皮膚からの吸収で体の不調緩和に役立ちますよ☆

 

精油を使ったトリートメントオイルの作り方は「エッセンシャルオイル(精油)効用を活かす使い方5選!今すぐ実践!」で解説していますのでご覧ください☆

使用期間と効果の持続について

少なからず効果が現れるまで約1か月間は使用してみましょう。

毎日継続して行うことで成果が現れやすくなりますよ☆

その後、症状の改善が見られた場合は使用頻度を落としながら継続して様子をみてみるのもいいかもしれませんね!

まとめ

今回は「認知症に効果のあるアロマ」について解説してみました。

イチ
イチ

認知症に嗅覚が深く関係していたなんてビックリしたと思います☆

今後、認知症と向き合う機会があればぜひ今回の記事を参考にしていただき、少しでも症状の改善に役立てて頂けたら幸いです♪

 

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

30~40代男性がモテるためのサポートブログを運営

「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました