【子供の永久歯】乳歯が抜ける前に生えてきても大丈夫?原因と対処法

永久歯が内側に生えてきた子供体、顔に関する悩み・疑問

乳歯が抜けていないのに歯茎の内側から永久歯が生えてくるお子様が年々増加傾向にあります。

「歯になんか挟まっていると思ったら歯だったぁ。」と言われて気づき驚く親御さんも多数見受けられます。

「なんでそんな生え方になってしまうんだろう?」と思いますよね!

ほおづえや指しゃぶり、よく噛まないなどの原因がありますが、一番ポピュラーな原因は「お子様の顎の狭さ」かと思われます。

イチ
イチ

最近のお子様は顎が小さいのが特徴らしいですよ

 

顎が狭いことで永久歯が真上に生えてくるスペースがなく内側に生えてきてしまうのです。

もしそのように永久歯が生えてきてしまった場合、どういった対処が正しいのでしょうか??

今回はその辺も踏まえつつ話を進めていきたいと思います☆

では、さっそくいってみましょー!

顎が狭いのが原因

乳歯は永久歯よりも小さいため顎が小さいお子様でも歯がきれいに並ぶことが出来ます。

しかし、永久歯は大きいため十分なスペースがないとうまく真上に生えてくることが出来ません

結果、抵抗も少なく生えてきやすい内側に向かって成長するというわけです。

決して初めからその向きに生えてきているわけではないのでそれはご承知ください。

 

また、ほおづえや指しゃぶりなどの故意的な行動により歯の生え方が変わることもありますよ。

食事をする際、よく噛み顎の発達を促すことが有効ですね。

お子様の体の成長とともに顎が大きくなればそのようなことはもう起こらないはずですよ☆

 

※遺伝により顎がもともと小さいお子様もいれば、永久歯が比較的大きく生えるお子様もいらっしゃいます。
そういった場合は生え変わりで内側に生えやすくなるということもあります。
原因は様々あるんですね・・・。

前歯の内側(後ろ)によく出る

歯茎の内側に永久歯が生えてくることが一番多い場所が「下の前歯」です。

比較的生え変わりの時期が早いため顎の成長が伴わないことが原因となります。

乳歯が後ろに生えてきた子供

 

また、他の場所でもこのような症状が現れる場合もあります。

内側に永久歯が生えたお子様

このまま永久歯が生えてきて、まだ乳歯がグラグラしない場合は抜いた方がいいかもしれませんね。

その際、永久歯が元の場所に収まるだけのスペースがあるか確認し医師との相談の上抜歯をしましょう

 

※乳歯がグラグラしていたら自然に抜ける場合があります。
その場合はこのまま少し様子をみてみるのもいいかもしれませんね☆

 

出てきた歯もよく磨くこと

歯茎の内側に生えてきた永久歯はお子様にしたら違和感があるかもしれません。

舌で触ったり食事をすることで汚れも付きやすくなります

場所は異なりますが、出てきているものは紛れもない永久歯です。

磨きにくいとは思いますがきちんと歯磨きすることが大切になります!

放っておくと虫歯になってしまう恐れがありますので、親御さんも協力して歯磨きをするなど各ご家庭で対処しましょう。

 

乳歯が抜けるまで口の中を清潔に保っておかないと歯茎にばい菌が入り、膿がたまることがあります。

これが口臭に繋がることもありますので注意しましょうね。

 

おまけ☆
もし、口臭が気になっている方がいらっしゃいましたら「ズバリ!口臭が気になる人へおすすめの改善方法を紹介!【接客業必見】」で改善方法も紹介していますのでちょとだけ参考にどうぞ♪

 

内側に生えてきた場合の対処方法

永久歯が内側に生えてきた場合、その状況・状態により対処方法が変わってきます

医師の判断も重要になりますので信頼のおける歯科医師に診察してもらいましょう。

※「矯正歯科医院」というものもあります。

今後の歯並びが気になる方はそちらで診てもらうもの一つの方法ですよ。

乳歯を抜く(抜歯)

乳歯は永久歯が生えてきた時のスペースを確保する役割があります。

乳歯の場所取りが重要なのでよく観察して抜くことをおすすめします。

十分なスペースが取れていない段階で乳歯を抜いてしまうと永久歯が列にきれいに収まることができなくなります。

結果歯並びが悪くなるというわけですね。

だからと言っていつまでも様子をみているのもよくはありませんよ!

永久歯が頭を出しているのにいつになっても乳歯がグラグラしない場合、乳歯が残り続け結果二枚歯のように歯が成長してしまいます。

そのようになると永久歯をもとの場所に戻すことが難しくなります。

親御さんんが常に観察し、いつになっても乳歯の根が溶けずグラグラしてこない場合は時期を見て抜くことを考えた方が賢明になります。

全てはタイミングが重要なので、まずは定期的に歯科医に診てもらいましょう!

グラグラしていたら自然に抜けるのを待つ

永久歯が生えてきた時、乳歯がグラグラしていた場合は「自然に抜け落ちる生理的現象」が起きるのを待ちましょう。

自然と乳歯の根が溶け、抜ける可能性が十分にありますので歯科医師と相談しながら様子を見てもいいでしょう。

顎(あご)を広げる治療

お子様の場合、顎が狭いがために歯並びが悪くなる場合があります。

対処方法としては、顎を広げ歯並びの矯正をする方法がとられます。

永久歯が正しい列に戻るスペースがない場合に行う処置ですよ。

これは、将来的にきれいな歯並びにするための処置なので子供の頃に治療した方が効果があります。

骨の成長時期に矯正した方が歯の移動が容易なためですね☆

※お子様が寝ている時歯ぎしりする原因の一つに「かみ合わせの不具合」があります。
上下の歯がうまくかみ合わないために歯ぎしりする場合がありますので気になる方は医師に相談してみましょう!

 

歯ぎしりの原因をもっと詳しく知りたい方は「歯の食いしばり・歯ぎしりの原因4選 症状と対策法も紹介!体験者が語る」を参考にご覧ください☆

「顎を広げる治療」は矯正歯科医院へ行き医師とよく相談したうえで行うことをおすすめします。

事前にいろいろな処置を試した上、最終的に判断する治療法だと思ってください。

 

内側に生えても舌が押して元に戻る

永久歯が乳歯の後ろに生えてきたとしても元の位置に戻る可能性があります

乳歯が抜けたのち舌が歯を押し出すことで元の位置に戻ることができるのです。

イチ
イチ

前歯は特に戻りやすいですよ☆

 

しかし、永久歯がだいぶ生えてきたのにまだ乳歯が抜けていない場合は早めに乳歯を抜かないともとに戻すのが大変になりますよ・・・。

最後に

永久歯が後ろに生えてきた場合は医師とよく相談した上、今後の対処の仕方を決めていきましょう。

もし、医師の判断に納得がいかない場合はセカンドオピニオンの受診を考えてもいいかもしれませんよ。

他の医師の見解を踏まえつつ、あなたとお子様が納得した治療法を選ぶことが大切になります。

もう一度言いますが、「歯並びが悪くなってしまわないか不安」な方は矯正歯科医院を受診することをおすすめします。

 

この記事を書いた人
イチ

・理美容師
・AEAJアロマテラピーアドバイザー
・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

30~40代男性がモテるためのサポートブログを運営

日曜・水曜に新着記事を更新中!
「ヘアロマ」で検索できます!

イチをフォローする
タイトルとURLをコピーしました